旅行好きでアウトドア好き。映画好きで動物好き。ラジコンやスキンダイビング他、興味の対象は尽きません。そんな日々の足跡を写真や動画を織り交ぜながら、心の中では永遠の青年を目指ざす日記です♪
 初めてのピッチ調整 其の一
2011年09月01日 (木) | 編集 |
サワッディー(タイ語での挨拶)
NHK受信料を全く払っていませんが、アジア最終予選の女子サッカーを見ているねこたくんです♪


コメントにて教えていただいたアドバイスと(クロスーケさんありがとうございます)、諸先輩方のブログ類でのピッチ調整について印刷したものを手元において、ようやく重たい腰を上げることとなりました。



いざ処理を行っていくうちに、私自身が如何にRCヘリの構造を理解していないかが、浮き彫りになってきました(滝汗)その為、本当に初歩的な内容となりますが、備忘録として書きとめていこうと思います。





1.モーターが回らないように、配線を外しました。
 どの色の線が何の役割をしているのか不明でしたので、実際にバッテリーを装着してスイッチオンで、試すと、赤と黄の配線を外すことでモーターがオフになることがわかりました。


s-DSC01415.jpg


2.ローターが動かないように硬めにボルトを締めます。


s-DSC01419.jpg


3.ピッチゲージをローターの端から1/3ほどの辺りに挟みます。すると、ゲージの重みでローターが傾いてしまいます。

s-DSC01420.jpg


4.するとゲージの重みで大きく右に傾いてしまったので、反対側のローター左 にすらすことによりバランスを取りました・・・けどこれで良いのか不明です(^-^;)ゞ


 ピッチゲージの上部の平らな部分とフライバーが平行に・・・なっています。ゲージは6°となっていますが、計る度に数値が違います(汗)

s-DSC01421.jpg


5.次に、実際に送信機のスイッチを入れ、バッテリーを装着しての確認です。ピッチカーブの設定は、ロータのピッチを実測しながら、送信機の数値を入力していくこととなるようですが、イノベーターはソフトで数値を設定して、機体にデータを送信することとなるかと思うのですが、実測したピッチ角とCPカーブの設定値をどのように合わせていくのか、ソフトのCPカーブ設定の図表の「読み方」がわかりません(汗)

s-888.jpg


6.また、上で、実測したピッチ角と書きましたが、ゲージを付けた状態で、スティック操作、ロー~ハイにすると、ローターが傾くだけでゲージの数値は変わらないので、余計に頭が混乱してきました。動画の下の写真は、これらの部品類が基本、水平になっていなければならないということで写してみたのですが・・・微妙にズレています。






s-DSC01423.jpg




と、実力格差のあるタイから前半戦で一点も取れない日本チームの"もどかしさ"と同様の気分となってきた為、
、少し頭を冷やすことにします。


関連記事


コメント
この記事へのコメント
No title
のんさん、こんばんは。
イノベーターの件をお調べ頂いて恐縮です(^-^;)ゞ


イノベーターについて書いているサイトは、非常に少ないので(汗)、ググっていただい
たのも見たことはありました。ただコメント欄とか見ていなかったので、スキット自身
が本当に弱い構造になっているとか、CPカーブの設定値等、参考にさせて頂きます。



「急上昇していく」というのは、今でもその時の恐怖がフラッシュバックする程で、も
う落とすしかない・・・という気持ちになりますね。たしかリンクロッドを適当に触っ
てしまった為、ピッチ角が可笑しくなつたのだと思われます。何しろゲージも使わずに
設定していましたから(滝汗)



それはそうと、本日外出前に総文字数2000文字近くの、相談メールをtayaさんへ送った
答えが、帰宅後、返信されていました。



大変詳しくご回答頂けましたので、確認して、また備忘録として、ブログへアップしま
す。コメントをありがとうございました ヾ(^o^)
2011/09/02(金) 21:41:40 | URL | nekotakun8 #vUfEqGYA[ 編集]
No title
こんにちは。

なんだか難しいんですね。イノベーターは。。
イジッてみたくなりました(笑)
チト、ググってみたのですがhttp://homepage2.nifty.com/fdk2-ito/rc/order-innovator-A-a.htmを見てみました。見られてるとは思いますがガバナーは使わない方がよさそうな感じですね。他の方のブログ等を見てもエンコンをある程度下げてしまうとモーター停止で墜落、の記事をみました。http://blogs.yahoo.co.jp/hanayatarou/folder/624981.html 以前ねこたさんの記事でも見かけたような・・・



ゲージの使い方わかってよかったですね★
クロースケさんのおっしゃる通りに合わせればよいと思います。

以前の記事で急上昇していく、の記事を見た記憶があるのですが、ピッチ角とスロットルカーブの兼合いもあるような気がします。
ガバナーと使われてたということで回転数は一定だったでしょうが、スロットルの中間付近のピッチ角が高かったからなんでしょうね。

すべて憶測でのコメントなんであまり参考にしないで下さいね~(笑)
セッティングファイトです★
2011/09/02(金) 17:09:31 | URL | のん #-[ 編集]
No title
お早うござます。
コメントありがとうございます。


今息子を幼稚園のバスへ送っていたのですが、台風の影響で風が非常に強いですね。風
速で言えば10m以上でしょうか?こんな日は飛ばせたくとも出来ませんねぇ~(^-^;)ゞ



やはり、ピッチが高すぎなんですよね。とあるサイトによると、「モード1(1700RPM、
2~3m/s程度の風の屋外用)ではマイナス4度~プラス10度ぐらいが良いようです。」
と説明されていますので、そこから判断してもピッチが高いことがうかがえます。


・・・MD530からEXP化はダメだったような気がします。


カーボンローター使用についての可否及び設定値については、TAYAさんへ一度、確認し
てみようと思います。



いろいろとありがとうござました。
また結果については、ブログへアップ致しますねヾ(^o^)
2011/09/02(金) 10:02:44 | URL | nekotakun8 #vUfEqGYA[ 編集]
No title
おはようございます。

なんだかピッチが高すぎますね。
そういえば、EXPとMD530のリンケージやダンパーのゴム硬度やフライバーが違いましたね。
もともとMD530は発砲樹脂製フォームローター設計の設定なのでローターのしなりなどを計算に高めのピッチになってるんだと思います。
なのでそのピッチカーブ(PCS-Nor-Hov-0002.csv)でカーボンローターを使うのは無理があるのかと考えられます。
もしMD530でカーボン又は木製を使うのならリンケージ類をEXPの物に変えてファイルをPCS-Nor-Sport-000にして使ったほうがいいかもしれません。

EXPはアンプの容量がおおきのでMD530化も可能ですが、MD530からEXP化はどうなんでしょう・・・・・
低い回転数であのピッチではミソスリなどピッチ負けして安定しないような気もします。

ファイルをPCS-Nor-Sport-000すれば回転数は上げられますが、リンケージを交換又は自分でEXP用の長さに変えないといけないですね。自分はMD530用の3500KVのモーターをEXPに積んでフライト時間を稼いでました。モード1でガバナー2500回転で回してもモーター自体に不具合はなかったのでモーター自体は今のMD530のモーターで十分だと思います。

主観な意見なのでその辺は
MD530からEXP化は主観な意見なのでその辺はサポートセンターにメールして可能かどうか聞いてみたほうがいいですね。
2011/09/02(金) 09:03:15 | URL | クロスーケ #-[ 編集]
No title
こんばんは。
早々のアドバイスをありがとうございます。


> なんだか説明が足りなかったようですみません。

とんでもございません。呆れられても仕方のないレベルの為、こちらこそ丁寧にご教授頂き有難く感じております。


まだまだ混乱の域を脱していないかと思われますが、ご好意に甘えての質問となります。


MD530の設定は、PCS-Nor-Hov-0002.csvを使用しています。


フライトモード(PCS-Nor-Hov-0002.csv)によるデフォルトの値は、

モード0  16%   40%    60%

ロー  センター   ハイ

モード1  0% 37% 61% となっています。


もしかして、フライトモード0で操縦した場合は、スロットルを一番下まで下げても、モーター停止によるあぼ~んは回避出来るのでしょうか?・・・あっ、でもそれはスロットルカーブの役割となるのでしょうか。ちなみにスロットルカーブは、モード0、1ともローで0%となっています。


また、PCソフトのガバナー回転接続モードの設定画面に、ガバナーを使わないを選ぶと、スティックを下げるとモーターは停止すると説明書きがあるので、各カーブの設定値如何に問わずモーターは停止してしまうのかと思っていましたので、カバナーを使用していた次第です。




さて、計測結果ですが、ゲージ上部とフライバーが平行になった位置が+5となっていましたので、これが、現在のピッチ角(ロー)となるわけですね。そして、スロットルを実際に動かし、センターで+9ハイで+12と判断しました。以上はフライトモード0の場合です。



次に、フライトモード1の場合ローが+1.5、センターで+8ハイで+12と判断しました



> プロポ中央を+5又は+6がにすると良いと思います。


ということは、+9と+8ということは、プロポ中央(センター)のピッチ角が大きく
ずれているということになります。



PCソフトでの設定がお勧めできないということですので、リンクロッドで調整するとして、プロポ中央を+5又は+6に設定した場合に、ローとハイは、どのような基準でピッチ角を決定すれば良いのでしょうか?ところで、+5又は+6というのは、PCソフト上のピッチカーブの50%、60%と置き換えての認識で宜しいのでしょうか?



何だか質問ばかりで、本当に申し訳ございません。


本来ならばタヤエンジニアリングのサポートへ聞くべき内容だと感じながらも、好き勝手お聞きすることとなってしまいました。ご都合の許される範囲(時間)で結構ですので、ご確認いただければ幸甚です。
2011/09/01(木) 22:38:42 | URL | nekotakun8 #vUfEqGYA[ 編集]
No title
こんばんは
混乱しちゃってますね。
なんだか説明が足りなかったようですみません。

ピッチゲージの測り方ですが、フライバーをおおまかでいいので水平にして測定してください。フライバーを持って床または机などの平面と水平してください。ゲージの角度の目盛り部分を動かしてゲージ上部とフライバーが平行になった位置が現在のピッチ角になる訳です。ピッチはローターの角度を示す物なので基準となる水平の場所がないと測定できません。プロポをローからハイに動かしてもゲージとローターが傾くだけで、何も動きません。ローにしたときのピッチ角度を上記の要領で測定し、ハイの時も同じその都度計り直して下さい。


PCソフト上のピッチカーブの見方ですがP1がスロットルロー、P3がセンター、P5がハイですね。パーセンテージを下げていけばマイナスピッチ方向に移動し上げて行けばプラスピッチ方向に移動します。
即ち、スティックはどのポジションでどのくらいのピッチを出してるかが折れ線グラフになってます。

ピッチカーブをプロポ側で設定できるものなら、このカーブいじって好みのピッチカーブを描けるのですが、PCソフトでやる場合、

データー呼び出し→設定→データー送信→ピッチゲージでピッチ測定

となります。設定したいピッチになってなければまた同じ作業を繰り返す事になるのでお勧めできません。


MD530の出荷時の設定ピッチ角がどのくらいか分らないですが、
プロポ中央を+5又は+6がにすると良いと思います。
たぶんこれだけの設定でソフトをいじらないで十分だと思います。

ノーマルモードだけで飛ばすのであれば、マイナスピッチは少ないほうがランディングが楽だと思います。




2011/09/01(木) 21:00:15 | URL | クロスーケ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する