FC2ブログ
旅行好きでアウトドア好き。映画好きで動物好き。ラジコンやスキンダイビング他、興味の対象は尽きません。そんな日々の足跡を写真や動画を織り交ぜながら、心の中では永遠の青年を目指ざす日記です♪
 RPA(アールピーエイ)
2019年03月07日 (木) | 編集 |
今回は珍しく仕事に関連したお話となります。

昨今、IT化が進むだけではなく、「働き方改革」なるワードが世間で浸透
し始め、その波は中小企業である私の会社へも少なからず影響してきてお
ります。

掃除当番や食堂でのお茶当番を廃止したり、来客の際も、応対している社
員自体がコーヒーを入れる。

しかしながら、私が得意先等に出向いて、おっちゃんにお茶やコーヒー出
しをしてもらうより、事務員の若い女性に入れて貰った方が良いに決まっ
ていることは言うまでもございません。

0241d77ba9d33b8cccd4c90e24d093f5_m.jpg

それとなく中の良い顧客や得意先に聞いたこともあるのですが、皆さん同
様のお気持ちでいるみたいですね。

逆に私の部下の女子は、お茶出し位だしますし、それによりお相手にもご
挨拶出来るのですからと、話していました。お茶出し・コーヒー出しを短
絡的に雑用と考えるのではなく、仕事の一環として考えるべきなのではな
いでしょうか。

その内、大手企業においての受付嬢なる職種が、受付おっちゃんとなる日
も遠くないかも知れません。そうであればペッパーくんみたいなロボット
の方が一等喜ばれる案だと思いますが。

さて本題に戻り、そもそも「RPA」とは!?ですが。

ウィキペディアによると。

RPAとは、認知技術を活用した、主にホワイトカラー業務の効率化・自動
化の取組みである。人間の補完として業務を遂行できることから、仮想知
的労働者とも言われている。また、デスクトップ作業のみに絞ったものを
ロボティック・デスクトップ・オートメーションと呼び、RPAと区別する
こともある、と説明されています。

20190306135303_00001.jpg

RPAはロボティック・プロセス・オートメーションの頭文字を取ったもの
で、簡単にいえば、定期的なパソコン操作をソフトウエアで自動化するこ
とを指します・・・つまり業務での効率化を目指す新しいツールとなりま
す。

もうひとつ言えば、エクセル等で使われるマクロ処理の進化系のようなも
のだとも言えます。

RPAを導入するメリットは、確かにいろいろとありますが、少なからず懐
疑的な思いを抱いていることも正直なところです。

WS000000_20190306141641ef4.jpg

導入コスト面も然り、システムの仕様変更などによる誤作動のリスク、誤
った処理も実行し続けてしまう、不正アクセス等のリスク他、デメリット
も考えた上で、推進していく必要性を感じます。

関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する