旅行好きでアウトドア好き。映画好きで動物好き。ラジコンやスキンダイビング他、興味の対象は尽きません。そんな日々の足跡を写真や動画を織り交ぜながら、心の中では永遠の青年を目指ざす日記です♪
 機体の損傷状況
2011年06月20日 (月) | 編集 |

前回の、バッテリー4本目でのアクシデントについての詳細です。




動画をご覧いただくとわかりますが、乱着陸の後、機体が振動を拾ったままの状態でピッチを急に上げてしまった為、急激に手前右後方へ加速して飛んで行きました(・・・残念ながら激突の瞬間は音しか入っておりませんが)



もしかしたら、逆に舵を切ってしまったのかも知れませんが、所謂ノーコン状態に陥ったような感覚が残っています。



何とか立て直そうとプロポを操作してみたのですが、機体は一向にこちらへ進路変更してくれず、ビューンと加速したまま、ベンチ横の壁に激突してしまいました。



こういうことがあると、人の居るところでの練習は怖くて出来ないと思いつつも、激突したのが壁であったことを幸いと感じます。



エクスポ調整後、納得いく結果を残せていただけに、無傷で帰還する予定が潰されてしまったことは・・・とても残念に思いますが、これも経験として”学習”しておこうと思います。



肝心のイノベーターの機体の損傷具合を確認すると・・・。


1.カーボンローター・・・多少傷はあるが使えそう


2.スピンドルシャフト・・・曲がり無し


3.スキット・・・見事に破損


4.コントロールBOX・・・固定するネジ部のプラスティックが損傷


5.ロータークリップに凹み

6.メインギアの歯コボレ(3箇所)

s-DSC00461.jpg

s-DSC00463.jpg

s-DSC00546.jpg

s-DSC00545.jpg

s-DSC00540.jpg


スキットの損傷具合から判断すると背面から壁に激突したものかと思われます。それが功を奏してか、予想より遥かに機体の損傷が少なかったように感じます。



「次回練習時には、ぜひネットブックでも持参して、最適なエクスポの値を見つけたい」と以前、書きこみしたのですが、今回のエクスポの設定値で、どうやら落ち着きそうなので・・・ネットブックは一応、持って行ったのですが、結局使いませんでした。



それより、河川敷のグランドということで、蚊が多く、「虫除けスプレー」の方が必需品だと感じました。私はもともと皮膚が弱いのか、蚊に刺されたら一週間くらい、痒みが治まりませんので。


関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する