旅行好きでアウトドア好き。映画好きで動物好き。ラジコンやスキンダイビング他、興味の対象は尽きません。そんな日々の足跡を写真や動画を織り交ぜながら、心の中では永遠の青年を目指ざす日記です♪
 機体の尻振り現象解消
2011年06月06日 (月) | 編集 |


会社帰りの金曜日に、修理後の機体の挙動を確認する為に、近くの公園へ行きました。



EXP用スタビライサーに変更した為でしようか?機体がどうも落ち着きがありません。着地も不安定で、気を抜くとブレードを地面に擦ってしまいそうでした。



問題の「テール尻振り」についてですが、全く解消されていません(T-T)



試しにピルエットをすると、見事にクイクイと90°テールを振り、ケツホバから横ホバ状態となり、恐ろしさも手伝い、止むを得ず、バッテリー1本目でその日の挙動確認を終えました。



どこがおかしいのか?????



そして、その夜、落ち着いて機体の概観をチェックしていると、テールプーリーケースからテールアウトプットシャフトが少し飛び出していることに気付きました・・・これってこんな状態だったかな?



そこで、イノベーターのe-マニュアルを確認すると、テールアウトプットシャフトは全く飛び出していません。



分解してよ~く見ると、テールプーリーの位置が真逆になっていました!!


s-WS000000.jpg



これかぁ~!!



ネットでハンチング・尻振り・テール振りとかのキーワードで、あらゆるサイトを検索しても、テールプーリーの位置についてのことは見つけられませんでした。



もしかしたら、こんな初歩的な間違いをする人はいない!?のではとも感じます。


正常な状態(テールアウトプットシャフトは飛び出していません)

s-DSC00431.jpg


ともあれこれで、90°尻振り状態からは間違いなく抜け出せるという変な確信を持ちました。



合わせて、スタビライザーとスキッドを元のSTD用へ変更しました。その際に、スタビライザーを固定する軸付スクリューというネジのネジ山が殆ど潰れていたいましたので、新しいのに交換しました。


s-DSC00433.jpg



そして翌日の土曜日、新に見つけた練習場所で機体の挙動をチェックしました。



動画の最初にスライドで写真を入れていますが、その場所は自宅から車で10分ほどの距離にあり、普段は使用されていない河川敷の広場です。練習中、全く人も居なくて、帰り際に近所の中学生とおぼしき3人組みがキャッチボールをしに来たくらいでした。



あまり手入れをされていない芝生は結構長くのびており、一度、テールに芝生が噛んでおかしな動きをして焦りました。



肝心の修理後の機体の挙動確認ですが、概ね良好でした。



ホバリングの上下左右の「ふらつき」が、練習不足によるものか、調整不足によるものか、よくわからなかったのですが、100%墜落前の状態に戻っていないような気もします。



90°尻振りは無くなったとはいえ、テールのハンチングらしき振動を少し感じる時もありました。あとは、エルロンの効きが鈍いといおか、反応が悪く、とても操作がし難い状態でした。



もう少し、機体の確認と調整が必要なようですね。





関連記事


コメント
この記事へのコメント
Re:ホバリングについて
atlantisさん。はじめまして。

アドバイスをありがとうございました。
現在、出張中ですので、エクスポの件、週末に試してみます。
・・・ちょっと天候が悪そうなのが気にかかりますが。
2011/06/09(木) 14:26:41 | URL | ねこたくん #-[ 編集]
ホバリングについて
ねこたくんへのアドバイス
 ホバリングしにくいと思います。イノベーターMD530は、初期設定で
エクスポが50%も入っています。つまりニュートラル付近がにゅるにゅる
なのです。エクスポを30%ほど落とすと格段に舵の反応がよくなると思います。PCソフトを使って試してみてはいかがでしょうか。ホバリングも落ち着いてくると思います。一日も早い上達を祈っています。
2011/06/08(水) 23:08:29 | URL | atlantis #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する