旅行好きでアウトドア好き。映画好きで動物好き。ラジコンやスキンダイビング他、興味の対象は尽きません。そんな日々の足跡を写真や動画を織り交ぜながら、心の中では永遠の青年を目指ざす日記です♪
 Sawback LED取付
2017年04月21日 (金) | 編集 |

いよいよ(何が!?)、ポリカBODYにLEDを組み込みます。事前に買っておいた純正の「Sawback Light Bucket Set」を使用します。

DSC00146.jpg 

先ずは、SawbackのBODY前後にサークルカッターで穴を開けます。ヘッドライト部は直径が大きいので難なく作業出来たのですが、ブレーキランプ部を含め、他のランプ部は半径が6mmくらいしか無く、なかなか切込が出来ないので難儀しました。

DSC00147.jpg 

DSC00149.jpg

DSC00150.jpg


カッターでするのには穴が小さ過ぎて、かと言ってドリルで処理するのには穴が大き過ぎる・・・ググっても具体的に作業されている情報がありませんでした。

ボディの裏からLEDノブラケットを両面テープで貼り付けます。

DSC00151.jpg 

これにLEDを組み込んだ後、付属のシールを貼って完成みたいなのですが、レンズカバーが無いことに少々悩み躊躇いましたww


・・・素朴な疑問としてこんなシールでは、走行中に外れてしまわないか!?


しかしながらネットでの画像をいろいろ見ても、みなさんカバー等を付けずに、LEDを入れていましたので、100%は納得出来ませんでしたが、これが普通・・ということで作業を進めました^^;


各ブラケットに3Mの両面テープを貼りBODYに固定。この作業をする前にLEDを先に固定した方が絶対良いです!!私は順番を逆にしたので、LEDを固定するネジ締めが大変でした。


配線をまとめました。

DSC00154.jpg 

しかし、どうしてもシールが外れてしまう気がしてならないですので、上から透明の別のシールで補強しました。

DSC00153_20170421221101cde.jpg 

LEDを点灯させると、シール部もそう目立たないということで「完成!!」です(^o^)y-


DSC00156.jpg 

DSC00155.jpg

DSC00157.jpg


また、TKさんからのご助言で足元をやわらかくを実行。やり方はリーフスプリングの2枚を束ねている結束バンドを切断するだけでした。これで標準の硬さから"ソフト"に変更となりました。

DSC00143.jpg 

DSC00145.jpg


反対に”ハード"にする為には、リーフスプリングをもう一枚追加するようです。

IMG_20170421_0001_NEW.jpg 

※クリックで拡大します♪



関連記事


コメント
この記事へのコメント
Oエッチさん、こんばんわー(=^o^=)
電飾盛りだくさんにしたら・・・ナイトランもしますよー♪
2017/04/23(日) 21:55:12 | URL | nekotakun #vUfEqGYA[ 編集]
ライトが点くと、より本物っぽく見えますねー♪
2017/04/23(日) 21:47:28 | URL | Oエッチ #-[ 編集]
TKさん、こんばんわー(*^o^*)
ボディリーマーですかー、あざっーす♪
レンズカバーの件も成る程です!!
ボディー自体が代わりになるのですね。必死でLEDレンズカバーみたいなのを
探していました^^;
次の走行は、クロエ・モレッツに操縦させます・・・ちょっと尺度が小さ目な
のと、全然本人に似ていないのが難点ですが(≧∀≦)
2017/04/21(金) 23:57:43 | URL | nekotakun #vUfEqGYA[ 編集]
こんばんは(^^)/
専用のライトパーツが用意されてるんですね。Gmadeはタミヤ並みの親切設計ですね^^
穴あけはボディリーマーが便利ですよ。
完成ボディはライト部分も塗装してあるんですね。通常はマスキングしてライト部分は塗装しないので、ボディー自体がライトのレンズになります。
ソフトになった足で次の走行が楽しみですね(^◇^)
2017/04/21(金) 23:36:41 | URL | TK #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する