旅行好きでアウトドア好き。映画好きで動物好き。50歳をとうに超えたシニア世代ですが、まだ幼い息子たちの成長をはじめ、ラジコンやスキンダイビング他、興味の対象は尽きません。そんな日々の足跡を写真や動画を織り交ぜながら、心の中では永遠の青年を目指ざす日記です♪
 レギュレター取り付け
2017年04月15日 (土) | 編集 |
Gmade SAWBACKはシャーシ組み立て済みでしたが、当然の如くメカ類は自分で搭載しなければなりません。メカオンチの私としては、右往左往しながらの作業となり大変時間を費やす結果となりました(^-^;)ゞ 

先ずは、モーターの取り付け。クローラー用とされているモーターを選べば良かったのでしょうが、価格とも相談しながらタミヤのダートチューンモーター(27T)にしました。

DSC00099.jpg 

SAWBACKのピニオンギアは12T、事前にピニオンが入っているのか分かりませんでしたので、手元にはフッソコートのタミヤの28T・29Tがあります・・・P402を基本として選択してしまいました^^;


防水サーボは、「Power HD LW-20MG 」を使用しますので、今回は外部BECであるキャッスルの「CC BEC 10A」を入手しました。これって、昔からある定評の外部BECみたいで、いろいろな方が使用しているのですね。

DSC00103_201704151415316a0.jpg 

ESCには内蔵のBECがありますので、それを無効にするためにESCから受信機に繋いでいる3本の内、真ん中側の赤い線(電源)を外し熱収縮チューブで断線します。

DSC00105.jpg 

DSC00106.jpg

次に、ESCからバッテリーへ接続するコネクター部分に、CC BECのむき出しの端子を、プラス・マイナスそれぞれ半田付けします。

DSC00108_20170415144033d78.jpg 

サーボを車体に取付ました。

DSC00102.jpg 

受信機とESCは付属のBOXに収納します。あっ、コネKター部はゴチャゴチャしていましたので、XT60用のは外し、ディーンズコネクタに変更しました。

DSC00109.jpg 

DSC00117.jpg 

電源のオンオフスイッチは、ESCの筐体に差し込むだけで固定出来て何気に便利です♪

DSC00113.jpg 

バッテリーは車体後方に設置トレイがありますので、取り敢えずそのまま使用。

DSC00118.jpg 

最初はすっぴんで走行させるつもりでしたが、やはりエンジンサウンドシステム だけは導入しておこう!!ということで、P402からESS-ONE.プラスを移設・・・やはり音はあった方が雰囲気が出ますので。

DSC00119.jpg 

最後に車体パーツ類とデカールの貼り付け。切文字では無かったのが残念ですが致し方ありません。小物類を含めておいおい追加していこうと思います。それにしてもテレビを見ながらとは言え、デカール貼るだけで2時間も掛かるとは手の遅さが判りますよねww

DSC00120.jpg 

ちょっと、子供に戻ってしまったコリーンには新しいお洋服を着て頂き、試運転していただきます!

DSC00122.jpg 

う~ん、ちょっと服装が合わない気もしますが、なかなか良い衣装が見つからないので、また探します(^_-)~☆

DSC00126.jpg



ところで、CC BECを取り付けてから思ったのですが、スーラジで購入したこのBEC。そういえば出力電圧が初期値の5.1Vのままのような気がしています。

私と同じPower HDの防水サーボを使用している方のブログを見ると、6.8Vで設定していました。Power HDは、Torque(6.6V): 20.0 kg-cmですので、5.1V のままでは本来のトルクを発揮出来ないのか?と懸念しております。

今のところ部屋で動かす限りはサーボの鳴き?も無いと感じるのですが、よくわかりません。

CC BECの電圧を変更出来る「キャッスルリンク」なるものが販売されているようですが、品切れ多く、また古い商品であるため、設定ソフトが今のwindous10に対応しているのかも不明です。

また、キャッスルリンクはBEC本体より高価格ですので、それならば希望する電圧に変更の上、販売しているお店で買うか、他の外部BECを買った方が良いような気もしています。

う~ん、悩ましいところですが、取り敢えず走行してみまーす♪


関連記事


コメント
この記事へのコメント
TKさん、どうもー!!
本当に難しいですね。今となると最初のルパンと不二子ちゃんは小人みたくで出番が無くなってしまいました(^-^;)ゞ

パーツはフロント側のユニバーサルシャフト自体です・・ですから見つかると思っていたのですが、その内に枝と区別が付かなくなり・・(汗)

先端に球状のジョイントがありますが、それを固定するピンが外れた為、シャフトも落ちてしまった状況でした。
http://item.rakuten.co.jp/interglobal/gm51302/

今は、価格の安いスペア品を買うか、頑張ってオプション品のカーボンスチール製を買うか悩んでいます。P402用が継続的に使えれば1番お手軽なのですが^^;
http://item.rakuten.co.jp/interglobal/j90023/
2017/04/16(日) 00:30:06 | URL | nekotakun #vUfEqGYA[ 編集]
ドライバーのサイズはほんと難しいですね~ ほんのちょっとしか違わないのに大きく見えたり小さく見えたり。
行方不明のパーツはドライブシャフトのユニバーサルのピンとかでしょうか?それだと発見できないでしょうね(>_<)
2017/04/16(日) 00:13:58 | URL | TK #-[ 編集]
TKさん、詳細なご助言ありがとうございます!

本日走行させた結果では、サーボも問題なく、P402で無理だった例の急斜面も
直線で登っていきましたし、ハンドルのキレ角も問題無さげでした♪・・・

> トルクが強烈すぎるとパーツに負担をかけ破損の原因にもなりか・・・
なるほど。そうなんですね。このまま様子見にすることに、背中を押していた
だきました(笑)

コリーン嬢は、実際に運転させると、もうほんの少しお顔が小さければと感じ
られました^^;

ボディは、ARTRが赤か黒の二択だったのです。赤の方はコリーン嬢には似合っ
ていたかも知れませんね。また違うフィギアもアマゾンの中古で入手済みです
ので、近々お披露目致しますね♪

ココからは内緒の話ですが(笑)、例のパーツは見つかりませんでしたので、
明日、もう一度探しに行きます。幸いP402のがそのまま代用出来ましたので、
その耐久性も確認してみます。

またご一緒しませう(^o^)y-
2017/04/15(土) 23:30:25 | URL | nekotakun #vUfEqGYA[ 編集]
テツテツさん、どうもー(*^o^*)

CC BECで検索していたら・・・昔のテツテツさんの記事がヒットしていました♪

キットを自分で組む気力と時間があれば、SAWBACKの4輪独立懸架の方を選んでいました^^;

仕組みを知る為には組んだ方が良いと感じるも、途中で挫折するのが嫌といおうか、基本集中し過ぎると他の事が出来なくなりますので(笑)
2017/04/15(土) 23:10:53 | URL | nekotakun #vUfEqGYA[ 編集]
こんばんは(^^)/
私もEXOにCC BEC を付けています。取り付ける前にCastle Link で設定をしたのを覚えているのですが、プログラミングキットがどこにいったのやら見つかりません^^;
なんせかなり昔でCastle Link をインストールしたPCも先々代くらいなので。
ノーコンになったりせず、サーボも普通に動いていたら問題ないと思いますよ。電飾をバッテリーから取るタミヤユニットを使われていたので、もしかしたらCC BECは無くても大丈夫かもしれません。
EXOは受信機から電飾を取っていたのと、ESCとモーターの両方にファンを付けていたせいで受信機自体が機能せずノーコンになってしまったのでCC BECを取り付けていました。
私はトルク13~15 kg-cmのサーボしか使ってないですがWraithのデカ車輪もシャキシャキ動いていますよ。トルクが強烈すぎるとパーツに負担をかけ破損の原因にもなりかねないので、左右の最大切れ角は機械的に無理のない位置に調整が必要ですね。
コリーンさん ぴったりサイズですね(^^)v
ボディは最初から黒かったのですか?コリーンさん仕様のかわゆいカラーも似合いそうですね(^◇^)
2017/04/15(土) 22:00:10 | URL | TK #-[ 編集]
ちなみに、キャッスルリンク持ってますよw

アンプもキャッスルなら値ありますよ。
ヘリのアンプでも使いますし。

キット自分で組むタイプじゃないんですね。

組み立てるのも楽しいのに~☺

2017/04/15(土) 18:24:57 | URL | テツテツ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する