旅行好きでアウトドア好き。映画好きで動物好き。50歳をとうに超えたシニア世代ですが、まだ幼い息子たちの成長をはじめ、ラジコンやスキンダイビング他、興味の対象は尽きません。そんな日々の足跡を写真や動画を織り交ぜながら、心の中では永遠の青年を目指ざす日記です♪
 ビードロック・ホイールの取り付け
2017年04月04日 (火) | 編集 |
もともと、先日タイヤを巻き込んでシャフトを捻り折ってしまったHG P402に付いていたのも2.2インチのビードロック・ホイールでした。

中華品質をかばうわけではありませんが、砂浜で無理をして走行した為で、タイヤが悪かったわけではありませんでした^^;

ビードロック・ホイールとは、タイヤをホイールにハメ込んだ後、『ビードリング』と呼ばれるリング状のパーツでタイヤのビード(ミミ)部分を挟み込んで、タイヤがホイールから脱落するのを防ぐ方式で、実車の4WD系ホイールにも存在するそうです。

勿論、タイヤの固定には接着剤等は一切使いません。

これがP402に付いていた2.2インチのビードロック・ホイール
トイラジなのに接着剤で固定されていないのが、なかなか感心です(笑)

DSC00037.jpg 

そしてebayで購入した2.2インチのアルミホイール
何と!ホイール1本につき35本のビスが入っています。

DSC00034.jpg 

ばらしてみました

DSC00035.jpg 

DSC00036.jpg

実は、昨晩も2時間程、装着の仕方について格闘していたのですが、下の写真のようにビート部を挟んでおらず、どう贔屓目に見ても固定されていません。

DSC00054.jpg 

で、TKさんのご助言も頂きながら、今晩帰宅後に再チャレンジしました。
先ずはリングを挿入

DSC00041.jpg

そして次に裏側のホイールとビート部にホイール本体を反対側から入れて、5本のビスで挟み込み固定します。
DSC00042.jpg 

DSC00043.jpg 

DSC00044.jpg

表側から見るとこんな状態で、相当の力を入れて作業しないとタイヤのゴムの弾力で押し戻されてしまいますww

DSC00045.jpg 

このビートリングを奥に見えているホイール本体にビート部を押さえながらビスで固定していきます。

DSC00046.jpg


DSC00047.jpg 


DSC00049.jpg

ある程度のビスを締めて、確認すると一部のビート部が浮いているのが判りました。
・・・こうなると、また最初からやり直しでした(T-T)
DSC00054_201704042153503a9.jpg 

そして30分以上経過後、ようやく1本のアルミホイールの固定が終了。
本当に24本のビスで固定することとなりました。
DSC00057.jpg 

うまくビート部を固定出来ていれば、昨日の失敗作のような隙間もあきません。
DSC00038.jpg 


DSC00059.jpg

結構悩み抜いた作業でしたので、ようやく胸を撫で下ろす事が出来ました!!

シルバーも眩しいですねー(笑)

ただし、この作業指が痛くて続けて作業出来ませんので、残りは明日以降ということにします。

追記

TKさんのご助言を受けてもう一度作業してみたら・・・仰る通りでした。
上で説明している24本のビスはダミーで、裏側の5本のビスでビート部を固定出来ました!!

ダミーのビスをはめた状態で下側の5本のビスの穴に合わせて押し込み・・・
DSC00061.jpg 


そのまま裏返して5本のビスを締め込むと・・・
DSC00062.jpg

ちゃんと、ビート部が固定されました♪
DSC00063.jpg

私は余計に大変な方法で固定していたわけで、誠にお恥ずかしい(^-^;)ゞ 

以上、遠回りをしましたが、これが正しい装着の仕方ということで・・・

申し訳ございませんでしたm(__)m







関連記事


コメント
この記事へのコメント
テツテツさん、どうもー(^o^)/ 
ご助言ありがとうございます。

今回のビートロックホイール装着に、ムダな労力を使っていたように、相
変わらず思い込みで暴走しているクローラービキナーということで、寛大
な目で見てやって下さ~い(笑)

実は、今回調子に乗って海岸の砂浜で走行させた際に、途中でなかなか前
進しない・・・と思いつつ、アクセルを開けていくとクイクイと引きずる
ように進んでいました。

ここで確認すれば良かったのですが、何か異物でも付いたのだろうと思い
込んでいましたので、えーい、タイヤの回転で異物を落として無理くり前
進!!と思っていたら、その後止まってしまいましたww

状態を確認すると、タイヤがホイールから外れて、シャーシのパーツに巻
き込んでいました。タイヤが良いタイヤだけにギリギリ切れてしまうこと
は無かったのですが、タイヤが無回転となっている分、ドラシャが飴のよ
うに捻り千切れた状態でした。

P402のドラシャは、前後で600円程のプラ製ですので、そういう点では価
格なりとも言えますね^^;

ちなみに、歯こぼれしたベベルギアなんかも、全て材質は合金製でスパー
ギヤもプラ製、トイではなくホビーRCのギアが、ちゃんとした金属なのか
も分かっていませんww
2017/04/06(木) 12:40:10 | URL | nekotakun #vUfEqGYA[ 編集]
うーん。
クローラーはもともと、ものすごいハイトルクサーボのステアに、ローギアーのトルクモーターで過酷な場所を
走破するための車両です。
ちょっとやそっとのことで、ギア舐めやドラシャ折れするようなものでは無いですよ。

僕も前ビートロックホイール使ってましたが、
それはマジの大量ネジの装着方だったので、大変だった
記憶がよみがえってきました(笑)
2017/04/06(木) 11:01:58 | URL | テツテツ #-[ 編集]
TKさん、再び作業をして、ようや作業方法を理解出来ました^^;
自分の不甲斐なさを嘆くとともに、いろいろとご助言をありがとうございまた!!

ネジ止め剤の件も承知致しました。
改めて処理致します。

Wraith銀銀計画の完成も楽しみにしております(^o^)y-
週末は天気が悪そうですが、なんとか落ち合えれば嬉しいですね♪
2017/04/04(火) 23:46:25 | URL | nekotakun #vUfEqGYA[ 編集]
こんばんは(^^)/
私も時を同じくしてWraith銀銀計画のホイールを組み立てておりますw
う~ん そのリングのボルトは付けたままで良いはずなんですが。
まずわっかをタイヤの中に入れて
リングが付いてる方の表面をはめて
裏面をはめて
5本のネジで締めこんでいく
はずなんですけどね。
あとボルトはネジ止め剤を入れておかないと走ってるうちになくなっていくので注意です(^◇^)
2017/04/04(火) 23:00:27 | URL | TK #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する