旅行好きでアウトドア好き。映画好きで動物好き。50歳をとうに超えたシニア世代ですが、まだ幼い息子たちの成長をはじめ、ラジコンやスキンダイビング他、興味の対象は尽きません。そんな日々の足跡を写真や動画を織り交ぜながら、心の中では永遠の青年を目指ざす日記です♪
 DrivePro 200
2016年09月15日 (木) | 編集 |
今回は、ドライブレコーダー「DrivePro 200」を、愛車エスティマへ取付けた方法と画質評価についての報告となります。

前に、インターブルカヤックを購入した時に付与されたT-POINTが、9000円分もありましたので、何を買おうかと迷っていたのですが、追金800円で人生初となるドライブレコーダーをGET致しました。


はい、勿論!価格コムとアマゾンの口コミを参考にして、自分ではベストの選択が出来たと自負しております。


口コミの総合判断と、自分のお財布と相談して(笑)、購入したドラレコは、メモリーカードで有名な、台湾のTranscendが出している「DrivePro 200」という商品です。



GPSが付いていないとはいえ、フルHD(1920×1080/30fps)で撮れて、画角も160度と広く、Wi-Fiでスマートフォンと接続も可能。それと外観のレンズがF値2.0と明るく且つ大きいので、ドラレコ積んでるぞー!というアピールにもなります。


また記録媒体であるマイクロSDカードは、一般的なTLCではなく、一歩上をいく高耐久・高信頼の「MLC NANDフラッシュ」を採用している16GBのものが付属していますので、繰り返し録画に強いという特性があります。


しかし16GBでは、フルHDでは2時間余りしか録画されませんので、32GBのものに変えようとかと思ったのですが、1枚で同容量の安価なモデル2枚買ってお釣りが出る高価格なので、当面は16GBで我慢します(^-^;)ゞ


念の為に、取付前にパソコンのUSBでドラレコ本体を充電しました。


IMG_4940.jpg


取付に関しては、電源ケーブルは、シガーライターソケットに差し込むタイプですので、配線を極力、表に見せたくありませんので、フロントウインドー上部から、Aピラ-の中を通すことにしました。


そして、以前レーダー探知機を取り付けた要領で、ヒューズBOXのアクセサリーに直結することにしました。


ヒューズBOXから電源を取る為のパーツは、下記の2点。どちらも簡単且つ安価でおすすめです♪


エーモン AODEA(オーディア) プラグロック電源ソケット DC12V・24V/80W以下 2309




エーモン 2837 フリータイプヒューズ電源(低背)




先ずは、3本の爪だけで固定されているAピラーを手前に引きながら取り外します。

IMG_4928.jpg


ナビのマイクが宙に浮いていますが、気にせず作業します。
マイク沿いに天井からぶら下がっているのが、ドラレコの配線・・・結構太いですぅ

IMG_4929.jpg


配線を一通り通して、Aピラーを再び戻します。


IMG_4930.jpg


ヒューズBOX下(アクセルペダル付近)で電源ソケットとドラレコのプラグを接続。エーモン側にストッパーが付いていますので外れることはありません。

IMG_4932.jpg


アースは以前、レーダー探知機を付けた上の六角ビスに固定しました。

IMG_4933.jpg


ドラレコ本体の取付は、助手席側ルームミラーの裏側に固定。

IMG_4934.jpg


運転席側から見るとこんな感じです。

IMG_4936.jpg


実は付属していた吸盤式は真夏の太陽で熱せられると、本体が3日ほどで落脱してしまいましたので、改めて写真左の両面テープ式で固定し直しました。

IMG_4942.jpg


後で知ったのですが、吸盤式のはTranscendというロゴが入っている部分の爪を持ち上げて空気を抜いて固定するもので、取説を見直すと、「吸盤ブラケットの場合はブラケットのレバーを押し倒し・・」と明記されておりました^^;

どうりですぐ外れる筈です(笑)

でも、超強力テープで固定した後ですので、このままで様子を見ようと思います。


IMG_4945.jpg


私のような1BOXカーは、フロントガラス面の角度のせいで、本体の取付角度に自由が無く、結果、少し下方側へ位置をずらさなければ、レンズが正面を向いてくれませんでしたので注意が必要です。

そして、なんとか運転席からも気にならない程度の位置に収まりました♪

IMG_4944.jpg



外側から見るとこんな感じ。

IMG_4935.jpg



画質に関しては、初めてのドライブレコーダーである為、他のドラレコと比較は出来ませんが、私の印象としては日中・夜間含め、9800円という価格を考えると、十分綺麗ではないかと思われます。


それでは、画質確認ということで、9/10日に川遊びの為訪れた、兵庫県姫路市安富町にある、鹿ヶ壺周辺で録画したものを中心にご覧下さい。


尚、最後の動画(其の四)以外は、車内の会話他がしっかりと録音されておりましたので、音声を消去してBGMを入れております^^;

【其の一】・・・日中は綺麗に撮れていますね。ところどころに案山子が居てます。



【其のニ】・・・後半、ガードレールも無くなり、社内は、崖から車が落ちるー!!と五月蝿い会話が続いておりましたので、音声は消去(笑)



【其の三】・・・他車のナンバーを消すのに意外と時間が掛かりました^^;




【其の四】・・・カーナビの音楽もキチンと録音されていますね♪



関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する