旅行好きでアウトドア好き。映画好きで動物好き。ラジコンやスキンダイビング他、興味の対象は尽きません。そんな日々の足跡を写真や動画を織り交ぜながら、心の中では永遠の青年を目指ざす日記です♪
 メラニー・ロラン
2016年06月01日 (水) | 編集 |

最近といおうか少し前なのですが、「グランド・イリュージョン」という映画を見ました。




「トランスポーター」シリーズなどのフランスの鬼才ルイ・ルテリエが監督を務め、希代のプロマジシャン、デヴィッド・カッパーフィールドが協力した作品で、マジックを駆使して瞬く間に大金を強奪する4人のマジシャンと、彼らを追い掛ける捜査官たちのお話です。

マジシャン役の一人に、アイラ・フィッシャーという色っぽいねぇちゃんも出演していたのですが、残念ながらエロの描写はありませんでした(笑)

私が気になったのが、初めて見たインターポールの捜査官役のメラニー・ロラン。

メラニー・ロランは、フランスの女優さんで、映画監督、歌手、モデルもこなす才女で、とにかくその美しさに目を奪われました。

同じくフランスの女優であるエマニュエル・ベアールを、「天使とデート」で最初に見た時と同様の"思い"で、後に彼女が出演する「美しき諍い女」「ミッション:インポッシブル」「かげろう」「恍惚」「DISCO ディスコ」などなどを鑑賞しました。

エマニュエル・ベアールは、とにかく、その脱ぎっぷりの良さにも感激していました(笑)


で、メラニー・ロランについても過去の作品を見ることになったのです♪


先ずは、クエンティン・タランティーノ監督作品『イングロリアス・バスターズ』詳細は割愛させて頂きますが、タランティーノ特有のクレイジーさは抑えられている作品となっています。




次に、フランス版「羊たちの沈黙」と云われた「スマイルコレクター」

メラニー・ロランがすっぴん風で出演していましたので、この人は肌も綺麗なんだーと感心していました。


メラニー



ジャケットからもストーリーの怖ろしさが伝わります^^;




そして「オーケストラ!」

物語は、かつては一流オーケストラの天才指揮者だった中年清掃員が、急きょ出演できなくなった楽団の代わりに、昔の楽団仲間を集めてコンサートに出場しようと奮闘する感動作。メラニー・ロランが奏でるチャイコフスキーのバイオリン協奏曲が感動的でした♪♪

こういうのは通常プロの演奏者の吹替えを使うのですが、何でも、メラニー・ロランは本物のヴァイオリン演奏者から、4カ月に渡って猛レッスンを受け、実際に自分で演奏しているのですから驚きです。




最後に、この中では1番のおすすめである「黄色い星の子供たち」

黄色い星とは、第二次世界大戦期、ナチス・ドイツはその占領地において、ユダヤ人を識別するための標識として、ユダヤ人に黄色で描いた星型紋様をつけることを義務づけたもので、一部では「ダビデの星」とも呼ばれていたそうです。


物語は、1942年、フランス政府によって行われたユダヤ人一斉検挙「ヴェル・ディヴ事件」を、過酷な運命に翻弄された子どもたちの視点から描いた真実の物語。
ヴェルディヴ事件

正直、この作品を見るまで、フランス人がナチスドイツに同調してユダヤ人虐殺に加担してしていたことなんて、全く知りませんでしたヽ(ill゚д゚)ノ アンビリバーボ

献身的な医療行為を続けるフランス人看護役ににメラニー・ロラン。彼女は、撮影中あまりの辛さに帯状ヘルペスを発症し痙攣を起こしたといいます。


彼女は、レオンで有名な名優「ジャン・レノ」と競演し、素晴らしい演技で涙を誘いました。私は最近、昔のベトコン映画やナチ関連の映画を数多く見ているのですが、フィクションで無い分、戦争という狂気に打ちのめされています。









以上、「テンハニブツヲアタエズ」を逆でいく、
実はユダヤ系フランス人である、眉目秀麗な美人、メラニー・ロランのご紹介でした(=^o^=)

20141224023832.jpg

関連記事


コメント
この記事へのコメント
Oエッチさん、どうもー(*^o^*)
セレンディピティは見ていないのですが、ケイト・ベッキンセイルも美形ですねぇ♪
・・なかなか好みの女優さんが、通といおうかシブイ!です(笑)
2016/06/03(金) 17:28:42 | URL | nekotakun #vUfEqGYA[ 編集]
セレンディピティをみて、ケイト・ベッキンセイルが、好きになりますたー♪
2016/06/03(金) 17:19:23 | URL | Oエッチ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する