旅行好きでアウトドア好き。映画好きで動物好き。ラジコンやスキンダイビング他、興味の対象は尽きません。そんな日々の足跡を写真や動画を織り交ぜながら、心の中では永遠の青年を目指ざす日記です♪
 V120補強大作戦&シュミ練
2013年06月17日 (月) | 編集 |

機体の調整は必須として、"あぼ~ん"させる度にどこかしらのパーツ交換を余儀なくされていましたV120D02S。これ以上、機体を壊してたまるか!作戦を実行しました。


以下、今更ながらの内容(且つ、長文)ばかりなので申し訳ございませんので、最近のシュミレーターでの練習風景をご紹介・・・と、云ってもこちらもたいした内容ではございませんが(^-^;)ゞ







先ずは前回ご一緒させて頂いた時にO.Hさんからアドバイスを受けました「バックラッシュ」の調整。確認すると、確かに少し浅かった為、それが原因で背面時に強い回転がかかった時に、機体が回ってしまったのだと思われます。


また、メインギアの歯も、微妙に先っちょが削られているようでしたので、新しいのに交換しました。


加えて、メインギアをシャフトに固定しているピンも代替品のゼムクリップを使用しておりましたが、その後のフライトで、ココもきっちりと隙間無くピンが刺さっていないと、機体がピルエット状態になる一因となっていると思われ、元のピンに戻しました。


次に、最近よく家出をしてしまう「Tail Controller Rod」、テープ貼り貼りの対策はうっていたものの、それを突き破って"バイバイ"していましたので、柔軟性のあるビニールテープを3重にグルグルと巻きました。






そして、「Tail Blade Rocker」に付いているリンクボール。瞬接で補強はしていたものの、これも、上の「Tail Controller Rod」と一緒に、毎回旅立っています。


前回の「ミニヘリ撮影会」にも同様の現象となり、パーツの予備も無かった
ので、苦肉の策としてテキトーに持ち合わせのネジを嵌め込みました。これで、「Tail Blade Rocker」が折れる以外は外れないでしょう。


その状態で何度か、実際にフライトさせたのですが、ラダー操作に問題は無かったかと思うのですが、私が気付いていないだけ?等、お気づきの点がありましたら、アドバイス頂ければ幸いです。





また、背面の練習をやり出してからというものの、折れて"ふにゃちん"になっていく量が尋常でないテールパイプ。このままでは、自信喪失、戦意喪失で"行為"に及ぶことすら気後れしてしまいます(爆)






で、遅まきながら、上の写真のように、クマー隊さん推奨の「ティッシュがちがち20歳戦法」の登場です♪念の為、ハケ付きの瞬接で3度程、コーティング施工しました。結果、その後、何度も"あぼ~ん"させておりますが、何とか"男のメンツ"を保って大丈夫でした(モット、ハヤクヤッテオクベキダッタ)


後、テールクラッチもクマー隊さんの"エコクラッチ"を新たに作りました。最初、キャノピーグロメットの予備が無かったので、どうしようかな?と、思っていたのですが、手持ちのシリコンチューブを適当に切って、グロメットの代替としました。






キャノピーを支えるバーも、削るのが面倒なので(笑)、裂けたテールパイプの廃品利用から、ゼムクリップを伸ばしたものに交換しました。今は、ただ突き刺しているだけなので、バーの固定については別途考えようと思いまいます。


ピッチとエルロンのサーボも、墜落時の浮きや、外れたりするのを防止する為に、テープで巻いてやりました。これで"二人"は、テープという名の愛情で、今までよりは離れられなくなりました♪






お気に入りのハロウィンキャノピーは、半年以上の間、よく頑張ってくれましたが、実は2セット購入していましたので、新しいのに交換。





実は背面練習時に、何度もメインローターグリップ等を壊していましたので、ヘッド周りのフルメタル化も考えたのですが、いろいろと調べてみると、メタル化によって、"ソコ"は強くなっても、衝撃に対する逃げが無くなり、サーボやシャフトがモロにダメージを受け易いということ。価格もお高いですし導入を断念しました。


昨日、日曜日の公園フライトでは、10回以上、ヘッドから堕としましたが、フロント側のキノコギアが最後には外れるという現象となったのですが、テールパイプ他は大丈夫でした。上の対策が功を奏した結果となりました。


さて、その時の動画をご紹介!!としたかったのですが、帽子を忘れていった為、撮影出来ませんでした(汗)・・・正確にはカメラをベンチの上に置いて撮影してみたのですが、見事なフレームアウトばかりで、使い物になりませんでした(^-^;)ゞ


次回は是非!!背面のリベンジをしたいものです!
関連記事


コメント
この記事へのコメント
No title
テツテツさん、こんばんわ♪

特攻機の名に、相応しい飛びは全くしていないのですが(^-^;)ゞ
全体を掻い摘んで例えると・・・分解防止、パーツ交換回数増加に伴う、モ
チベーションダウン防止システム(ナガイナー)ですかね(笑)

仰られている通り!!ジャンジャン、逝きますから~(爆)

次の機体は、もちろん長い間、冬眠中の200SD3ですよー(=^・^=)
2013/06/18(火) 22:32:32 | URL | nekotakun #vUfEqGYA[ 編集]
No title
おぉーー。
まさしく特攻機!!

これでジャンジャン墜落・・・・・失礼!
練習!できますねw


もうそろそろ、次の機体も視野に入ってくるのでは??
ワナワナ
2013/06/18(火) 21:10:53 | URL | テツテツ #-[ 編集]
No title
クマー隊さん、こんばんわー♪
ご助言ありがとうございます!!

ボールをぽ~んと投げかける動作が出来ていないのは、ご指摘の通りです
(汗)シュミだと機体の浮きが良いので、回れてしまうのですね(^-^;)ゞ

前にご助言いただいたダウンしっぱなしでは、かなり難しいというのを、実
機で数多く経験して、ようやく理解に至りましたww。それでも、フリップや
背面時の数回に一度は背面のまま落下してしまいます。

後は数をこなすだけかと思い、改めて機体補強の巻となったわけです(笑)

サーボセイバー加工については、スイマセン記事に載せるの忘れていました
が、クマー隊さんの記事を見てから、真っ先に導入していました。確かに格
段にギア欠け率が減少しており、本当に重宝しています(^o^)y-
2013/06/18(火) 20:41:32 | URL | nekotakun #vUfEqGYA[ 編集]
No title
シミュ動画を拝見すると、特に最初の方ですが、やっぱ最初の上昇がないのが気になりまする。。。
(わざとでしたらすみません(^^;;;)

あと、なるべくゼロピッチでまわしてみてはいかがでしょうか?
ピッチが入るのは、基本、正面と背面だけ、みたいな。。。
(回転半径が大きくなったり、動きが大きくなってしまうので。。。)

機体側は、、、あとサーボセイバー加工がおすすめですよ~。
それでも、何回かに一回はギア欠けしますけど。。。
(加工済みでしたらすまんそん。。。w)
2013/06/18(火) 20:11:17 | URL | クマー隊 #-[ 編集]
No title
ゆうさん、こんばんわー!

やはり毎回パーツを交換していると・・・チリ積もで、出費も大きくなりま
すしねぇ~(汗)もう少し早く手を打っておけばと思いますww。

ハロウィンキャノピーは、昨年の10月に「hobbyone」というショップで2
個購入していたものに、シールを何箇所か貼り付けたものです。さすがに自
分であれだけのクォリティの塗装は出来ませんよ~(^-^;)ゞ
2013/06/18(火) 18:44:49 | URL | nekotakun #vUfEqGYA[ 編集]
No title
ねこた様、あぼーん対策完璧ですねー!
私の場合サーボの裏蓋が良く外れます、何度かのギヤーかけ修理で
ふたが緩くなってるようですがギヤかけのヒューズになってちょうど良いです。
ハロウィンキャノピーカッコいいですねーこれって市販で売ってるんですかそれとも塗装されたんですか?
2013/06/18(火) 11:53:29 | URL | ゆう #jkZ6tFIc[ 編集]
No title
noriさん、お早うございます!
ご参考になられたということ嬉しく思います。

まっ、テールロッドのネジとテープぐるぐる巻き以外は、全て諸先輩方から
の知恵を拝借したわけですから(^-^;)ゞ

亀の遅さの私も、ようやく修理や調整のコツを覚えつつあります・・・V120
に限ってとなりますが(笑)
2013/06/18(火) 08:31:13 | URL | nekotakun #vUfEqGYA[ 編集]
No title
ねこたさん おはようございます
大変参考になりますー
キャノピー止めてる棒は単品で売ってないですし。
テールロッドのリンクボール⇒ネジはイイですね
次壊れたらためしてみますー
2013/06/18(火) 07:45:06 | URL | nori #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する