旅行好きでアウトドア好き。映画好きで動物好き。ラジコンやスキンダイビング他、興味の対象は尽きません。そんな日々の足跡を写真や動画を織り交ぜながら、心の中では永遠の青年を目指ざす日記です♪
 子供が近づく恐怖
2011年04月02日 (土) | 編集 |
練習用のアメンボも幾度と無く、機体を守ってくれた結果、固定用ステーが真っ二つに割れた状態ながら、このようにビニールテープをグルグル巻きにして固定すると・・・意外と使えます。



DSC04110_convert_20110331113521.jpg



その日は、朝から天候が悪く、時折小雨が降っていました。
いつもの自宅近くの公園は、上に高速道路の橋げたがあり、多少の雨ならば、ヘリの練習が出来る環境にあると、日頃から思っていました。



時刻は午後3時過ぎ。



いつもなら、子供達や家族で賑わっている時間帯ですが、公園を見ると、人もほとんど居ない状況で、これなら練習が可能であると判断し、すぐさまヘリとカメラのセッティングを済ませました。



先ずは、一本目のバッテリーで機体の様子を確認。



やはり、前回同様、1900回転、ガバナー無しではやはりハンチングが発生。



何か原因があるのでしょうが・・・わかりません。



記録した動画もフレームアウト無しで、比較的ホバがマシになったような気がする・・・そう思いたい今日この頃です。








そしてバッテリー2本目の操作をしようとした時、小雨の中、遊びにきた子供達(7人ほど)が、ヘリに近づいてきました。



「ワァー!!ヘリだぁ~、飛ばして飛ばしてぇ~!!」と悪魔の囁き。



「危ないから近づかないで」と云いつつも、関西人の子供は遠慮知らずで、何とカメラを覗き込み、スタートの合図を送ってきます。



難儀やなぁ~と思いつつも、合図とともにエンコンUP!!結局、子供達の期待に答えてやろうという優柔不断な性格が災いした結果となりました。



動画でご確認していただけますが、機体を概ね思い通りに着地させた時には、
「実験成功!!」というガキンチョいえ、お子さまの声が入っています。



私はヘリの練習だと説明したのにも関わらず、いつのまにか"ヘリの実験"だと思われていたようです(^-^;)ゞ



そして、調子にのり、アイレベルのホバで、えいやー!!で、ピルエットを試した際に、当て舵(エルロン)を逆に打ってしまい、メインローターから地面に激突しました。


無残なローター


DSC04117_convert_20110331113704.jpg




関西人の「ええ格好しぃー」が出てしまいました。



墜落後は、子供達はダッシュで機体の傍に走りこみ、無残にも形を無くしてしまったローターの破片を拾い集めてくれました(T_T)



尚且つ、ヘリの片付けをベンチでしている際に、保護者らしきお母さんが「すみません」と気遣いながら話しかけてきましたので、「いえいえ、技量が無く落下させてしまったもので・・・お子さんに落ちなくて良かったですと」



お母さんは、「ラジコンヘリって難しいんですよねぇ~」と続けましたので、
「何でもラジコンの中では一番難しいと云われています」と答えていました。
そんな他愛も無いコミニュケーションを"保護者"と、取りながら公園から撤退の準備をしていたのでした。



幸か不幸か、今回は墜落シーンまで、しっかりと記録されている動画はコチラです。









関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する