旅行好きでアウトドア好き。映画好きで動物好き。ラジコンやスキンダイビング他、興味の対象は尽きません。そんな日々の足跡を写真や動画を織り交ぜながら、心の中では永遠の青年を目指ざす日記です♪
 回るんですぅ~ww
2013年04月17日 (水) | 編集 |

公私ともにバタバタしていて、ブログの更新も一週間振りとなっていたことに、今更、気づいている"お惚け"のねこたくんです(笑)


それにしても私位のレベルでは、実機でのフライト回数を重ね、場数を踏んでいくしか上達の道は無いと思うものの、実際は週一でしか飛ばせておらず、
どうも機体の調整も取れていないせいで、V120D02Sが・・・不調です。


昨日、一昨日と、もはや定番になってしまった九州出張のお仕事があったのですが、今回は独りでの移動+レンタカーだった為、早速日頃の練習不足解消の為にも、V120をスーツケースに忍ばせて遠征致しました。



先ずは(出張時ではない先週末のことです)1号機に取り付けたカーボンクラッチシャフトの話題から。


これを取り付けたら、大幅にアポロギアをナメてしまうのが、軽減されるという謳い文句に誘惑され導入をしたわけですが、そんなに甘いものではありませんでした(汗)


タイトルの通り、、、、機体が回ってしまうのですww


最初に機体が強制ピルエット状態になった時は、カーボンクラッチシャフトのテール側のM1のネジが緩んでいた為でしたが、コメントでご助言頂いた通り、ネジロックを少し付け対策を施しました。


これで大丈夫だと思っていたのですが、次の強制ピルエット状態に至るまでも、そんなに時間はかかりませんでした。原因はフロント側のアポロギアのDカットナメ。このDの形状がOみたくなってしまうと、最初は問題なくフライト出来ていても、時間の経過とともに、シャフトの空転とともに、テール側への駆動が無くなってしまい・・・結果、機体は"回るんですぅ~"状態になってしまいます。


これも少しだけ瞬接を付けて対応したのですが、どうもスキッとした、解決には至りませんでした。そして、パーツをよ~く観察していると、どうもフロント側のアポロギアの、シャフトに嵌っている差込が浅いということに気付きました(Dの形も崩れています)





しかし深く挿入しようとすると、痛がる(シツレイww)いえ、金属プレートのカバーが隙間無く収まらないようになってしまいます。なぜ×5回・・・と、トヨタ流のナゼナゼ分析をした結果が下の写真になります。



そうです!!、カーボクラッチシャフトは、旧V120のシャフトと同じ長さなのですが、New V120のそれは、双方を比較すると約2mm長いのです。数値でいうと、旧V120のシャフトの全長は171mmですが、NEW V120の全長は173mmなのです・・・道理でアポロギアの差込も、2mmほど短い分浅くなる筈です。それにしても販売元では、New V120専用と説明されていたのですが~wwww。


現状では、テールブーム自体を2mm短くして様子を見てみようかと思っているのですが、その方法が正しいのかどうか、ちゃんと削れるのか?は定かではありません(^-^;)ゞ


次に2号機の話題。


レンタカーでの移動中に、結構な山奥を通りますので、予め練習出来そうな場所は、頭の中にインプットしています。こちらはクラッチ加工をしておりませんので、背面の状態からあぼ~んさせると、運悪ければ1回でギアをナメてしまいます。


その為に、スペアパーツ類と最低限の工具は持参していたのですが、時間的な制約もあり、なかなか落ち着いて修理は難しい状況でした。


人っ子、ひとり、猫一匹居ない環境の中、石のブロックの上でアポロギアの交換等を行っていました(汗)時折、鶯のさえずりが田舎ののどかな雰囲気を、更に盛り上げてくれます(笑)



フロント側のアポロギアがすぐOの形状になってしまい、パーツの予備も少ない為、シャフトに瞬接を垂らしてギアを固定してみました。予想出来たことなのですが、これはこれでギアをナメることなく良かったのですが、当然・・・テイル側のアポロギアがシャフトから外れました(汗)


そして、またまた、、、回るんですぅ~ww


こうなったら、テイル側のも瞬接で固定してやるぞ~と思ったのですが、屋外での分解・組立が面倒になり、思いとどまりました(^-^;)ゞ


こうして、フラストレーションが蓄積される中で、九州遠征での練習は終了となりました。わざわざアップする程の動画では無く、酷い内容ですが、これも、わたくしの現状ということで、ご高覧いただければ幸いです。






関連記事


コメント
この記事へのコメント
Re: ご助言 深謝
イヌ太さん、どうもー!!続けてのご助言を誠に恐れ入ります。
拙いなんて!!とんでもございません。非常に助かりました。

「ネジやま救助隊」では無いのですが、以前買っていた同様のネジ外しの
液体チューブのようなものがありますww・・・どこかに(笑)

代わりのねじに関しては、説明が洩れていてすみません。カーボンシャフ
ト購入時のスペアが1本、手付かずで残っておりました(^-^;)ゞ

また、MFCのサイトを見ると、M1単体の4mmの長さのものが一本から販売さ
れているようです。  http://mfc200804.ocnk.net/product/201

私は今回のカーボンクラッチドライブシャフトは、ヘリもんさんで他の
パーツと一緒に購入したものなのですが、やはりMFCさん製作のものだろう
と思っています。

もし、イヌ太さんがMFCに全長が2mm長いものをご依頼される時がございま
したら、また、情報をシェア頂ければ幸いです。

いろいろと、お調べ頂き本当に感謝しております。

重ねてお礼申し上げます。

もう少し、気合を入れて!!調整し直してみますね。先ずは、ネジを外す
ことからを明晩の宿題とします(=^・^=)
2013/04/19(金) 01:08:45 | URL | nekotakun #vUfEqGYA[ 編集]
あらら
こんばんわ。イヌ太です。
私の拙い説明で伝わって、何よりです。

で、ねじ山つぶれに関してはこんなのがあります。
http://www.amazon.co.jp/%E3%83%8D%E3%82%B8%E3%82%84%E3%81%BE%E6%95%91%E5%8A%A9%E9%9A%8A-%E3%83%8D%E3%82%B8%E3%81%AF%E3%81%9A%E3%81%97-%EF%BC%8375004-15g-%EF%BC%88%E3%83%96%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%83%E3%82%AF%EF%BC%89/dp/B002YMJJ4U

これで駄目なら、後ろ側のギヤを壊して、プライヤーか何かで外すしかないですね。

で、代わりのねじですが、ちょろっとだけ調べてみたらこんなのがありました。

http://micro.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=189785&csid=1

んー、100本は多すぎるし、何より高いし・・・
もっと探せば、適正なねじが小ロットで見つかるかもしれません。

いっそのこと、MFC(開発元)に、状況(2mm短い)を話して、同一形態で、全長が2mm長いものを
作ってもらうほうが早いかもしれません。
(私が次回注文するときは、この線で考えていました。)

MFC(マイクロヘリ倶楽部)
http://mfc200804.ocnk.net/

たぶん個人製作のものだと思うので、引き受けてくれると思いますが・・・
うまくいけば、ちゃんとしたの「New V120D02S専用」の商品として製作してくれるかもしれません。

参考にならないかもしれませんが、とりあえず現時点で私が調べた限りでは
はこんなところでした。
2013/04/19(金) 00:21:43 | URL | イヌ太 #4oU4tgn2[ 編集]
No title
イヌ太さん、こんばんわー。

わたくしの、無理なリクエストに大変大変丁寧なご回答を、本当にありが
とうございました(^o^)y-

細やかなご説明により(特に擬音で表現して頂いた)、クラッチの働きが
具体的に理解出来ました。またその調整方法についてのレクチャーも、と
ても分かり易かったです。

早速、昨夜、既に分解しているクラッチシャフトを手に取り観察してみる
と、M1ネジをガチガチに締めこんでいた為、シリコンチューブが外側から
全く見えません(汗)

先ずは、"緩い方から徐々に硬くしていって、飛行に問題ない所で止める"
を愚直に実行する為にも、M1ネジを取り外さなければ始まりません。

しかしながら・・・えっ!  !  ! !!!!!!

やってしまいました!!

ロックタイトを付け過ぎており、ネジが回りません。M1ネジを押さえ付け
て回そうとするとシャフトも一緒に回ってしまいます。

手元にある5倍ルーペでネジ山を確認すると・・・既にプラスの形が崩れ
かかっていました(汗)今晩はこれ以上の作業は中止して、明日以降、対
策をお風呂に入りながら考えてみますww。

またまた自業自得とはいえ、やれやれですねぇ~。

まだ、クラッチシャフトの恩恵を一度も感じていないまま、クラッチシャ
フトを卒業させてしまうのは・・・ちょっと嫌だなぁ~と思います(爆)

その後については、またご報告させていただきますね(=^・^=)
2013/04/18(木) 23:45:08 | URL | nekotakun #vUfEqGYA[ 編集]
No title
クマー隊さん、どうもー!!

私も面倒なのが苦手なので、ギアの交換が激減するクラッチシャフトを導
入したら・・・余計に面倒となった、という、とても笑えない状況ですww。

クマー隊さんの超人的な逝き方で、Dカットなめが全く無いとは・・・自作
エコクラッチにも心引かれてしまいます(笑)
2013/04/18(木) 23:44:32 | URL | nekotakun #vUfEqGYA[ 編集]
No title
テツテツさん、こんばんわー♪

回れている?のですが、やはり操作のタイミングが遅れ、機体を急降下さ
せてしまっているのが、改善点として明確に動画に顕れていますww。

> 、僕もうかうかしちゃいられません!!!!

な、何を仰っているのですかー!?
私にはテツテツさんの背中は全く見えていないのですから(笑)

それと、動画のジャンプリンクだけは、ご勘弁くださいねー。
でも、得意先の方等がブログをチェックしていたら、バレバレで同じです
ねぇ~(爆)
2013/04/18(木) 23:43:50 | URL | nekotakun #vUfEqGYA[ 編集]
No title
ども、イヌ太です。

まず、あのクラッチシャフトの構造として、シャフトテール側ギヤの、
本来ならDカットになっている部分が、完全に馬鹿穴になっていて、
そのままでは最後尾のM1ネジをいくら締めても、シャフトの回転力は、
テール側ギヤに伝わりません。

では、どうやって回転力をギヤに伝えているかと言うと、シャフトと
ギヤの間に挟んだ、シリコンチューブの摩擦力に他ならない訳ですが、
この摩擦力を調整するためには、シャフト最後尾のM1ネジの締め具合で
調整するか、シリコンチューブの長さで調整するしかありません。

クラッチシャフトのキットには、予備のシリコンチューブが
入っていたかと思いますので、この長さを変えるのもひとつの方法でしょう。
(純正は確か1mmだったはず。)

で、調整の具合ですが、クラッチが滑って回転する場合と、Dカットが
舐めて回転する場合では、明らかに感触が違います。

前者のクラッチが滑って回転する場合は、シリコンチューブの摩擦力が、
シャフトの回転する力に負けて、変形したシリコンチューブが元の形に
戻ろうとして滑リます。

例えるなら、テーブルに上から強く押し当てた消しゴムを、横方向に
動かした時の様な滑り方となるため、ズッといった感じで滑ります。

それに対してDカットが舐めて回転した場合は、このズッといった
感覚がなく、グニョ〜っと言った感じです。

擬音で表現すると、クラッチが滑った場合は『ググググ〜↑ズッ↓』っと
溜まったエネルギーが開放されるような滑り方で、対してDカットが
舐める場合は『ググググ〜↑ニョー→』といった感じです。

で、調整方法ですが、やはり最初から硬くしてしまうと、クラッチが
滑る前にDカット舐めが発生してしまうため、やはり緩い方から徐々に
硬くしていって、飛行に問題ない所で止めるのが正解だと思います。

おそらく、上達するに連れて、その位置はどんどん固い方になって
いくと思いますので、ちょうど良いと思った位置でDカット舐めが
発生してしまう程、激しいフライトになったのであれば、その時は
クラッチシャフト卒業の時なのでしょう。

以上、長々と書いてしまいすいませんでした。
2013/04/18(木) 21:16:58 | URL | イヌ太 #4oU4tgn2[ 編集]
No title
ウーン、めんどっちい商品ですね。。。
クマー隊の機体では、Dカットなめの経験はありませんね~。
あと、自作エコクラッチの経験ですと、メインロータを広げてテールを回して滑らない程度のユルさでokでした。
2013/04/18(木) 21:10:03 | URL | クマー隊 #-[ 編集]
No title
こんばんわー!!

もうだいぶ回れちゃってるじゃないですかーーー!!!!

これは、僕もうかうかしちゃいられません!!!!
とりあえず、妨害工作に、ねこたさんの会社の方に動画のジャンプリンク貼りに行ってきます-=≡ヘ(* - -)ノ

wwww
2013/04/18(木) 21:08:11 | URL | テツテツ #-[ 編集]
No title
noriさん、こんばんわー。

やはり皆さん経験されているのですねぇ~、ナメナメを(笑)それ位、四苦
八苦されていましたら、私の場合ですと頭痛になりそうです(爆)

背面はホバリングに移行したいと思いつつ、ピルエットも未熟ですし、もっ
といろいろな方向も試そうと思っているのですが、その前にギアをナメてし
まいますww。

"どんどん楽しくなり、どんどん苦しくもなり"・・・わかりま~す!!~私
の場合は3歩進んで2歩も3歩も後退していますから(^-^;)ゞ
2013/04/18(木) 18:50:54 | URL | nekotakun #vUfEqGYA[ 編集]
Re:適度な頃合
ほんちさん、こんばんわー♪

・・・やはり基本ですよねぇ(笑)たまに、一泊の出張なのに何故そんなに
荷物が多いのですか?と聞かれて慌てますww(爆)

フライトする腕は当然として、やはり機体の調整が出来ているか否かで、同
じV120を飛ばしてみても、全く違う捜査官いえ、操作感になるんだぁ~と、
改めて気付かされました。

テールクラッチは、やはりほんちさんもご使用された経験があったのですね。
イヌ太さんも仰られていたように、ギア欠けとテール抜けの頃合=調整が面
倒だということですので、私も案外、ほんちさんの後を追いかけるかも!?
知れません(笑)

> 上手く調整出来ると良いですね。
ありがとうございます!!もう少し、"もがいて"みますね(=^・^=)
2013/04/18(木) 18:50:07 | URL | nekotakun #vUfEqGYA[ 編集]
No title
イヌ太さん、こんばんわー!!
朝から外出していて陽が落ちてから帰社しましたww。

動画アップの件については、私自身の一回目の動画(フリップ)から、全く
進歩していないぁ~、という自己嫌悪からくるものでした(^-^;)ゞ よくよく
考えると、練習も重ねていませんので当然なのですが(笑)

クラッチシャフトの件についてのご助言をありがとうございました。すみま
せん、疑問点としてお聴きしたいのですが、ギアなめを確認する為に、メイ
ンローターを手で固定した状態で、テールローターを回して、テール側が回
ると=ギアをナメている可能性大として判断しております。

また、ゆっくり回した場合でも、テール側が回る程、負荷を与えた場合、そ
の行為によりギアをナメてしまうこともあると聞きます。

イヌ太さんが、"テール側の調整"と仰られているのは、具体的にはクラッチ
シャフトのテール側のギア(M1ネジ)の固定方法の調整?ということなので
しょうか?

だいぶご苦労されたということですので、どのようにご調整されたのかご面
倒でなければ、ご教授頂ければ幸いです。宜しくお願い申し上げます。
2013/04/18(木) 18:48:18 | URL | nekotakun #vUfEqGYA[ 編集]
No title
ねこたさん こんにちわ
僕のは、メインギヤ側のキノコがすぐ、なめますよー
テール側は2回ほどしか交換してませんが、前は10回くらい
交換してます(ギヤなめ・Dカットなめ)
クラッチ・オートロで、スカイあーテック機体 四苦八苦しましたので
いい思い出がないです
  だいぶ、背面にできてますねー 今からどんどん楽しくなっていきますよー(苦しくもなる)
2013/04/18(木) 14:23:21 | URL | nori #-[ 編集]
適度な頃合
出張にヘリ持参とは・・・・・・・・基本ですね(笑)
回るタイミングはすっかりつかんでますね~!

テールクラッチですけど、ホバだけなら結構緩めでも良かったんですが、フリップとか入って緩すぎると滑ってテールが抜けるんですよね~。ギア欠けとテール抜けの頃合がめんどくさくて止めた覚えがあります(苦笑) 上手く調整出来ると良いですね。
2013/04/18(木) 09:59:40 | URL | ほんち #co9xvPLk[ 編集]
No title
ねこたくんさん、おはようございます。

わざわざアップする程の動画では無いなんてご謙遜を~
これでアップできなきゃ、自分がアップした動画、9割くらいアップ出来ないじゃ無いですか〜w

クラッチシャフトの件ですが、たぶんテール側の調整がキツすぎるんだと思います。
メインローターを手で固定した状態で、テールローターをゆっくり回していって、
45度回す前くらいで『ズッ』っと滑る位が丁度良いんじゃ無いでしょうか。

自分も丁度よくなるまで、だいぶ苦労した覚えがあります。
2013/04/18(木) 08:31:13 | URL | イヌ太 #4oU4tgn2[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する