旅行好きでアウトドア好き。映画好きで動物好き。ラジコンやスキンダイビング他、興味の対象は尽きません。そんな日々の足跡を写真や動画を織り交ぜながら、心の中では永遠の青年を目指ざす日記です♪
 空き地練習での注意点
2011年03月12日 (土) | 編集 |
前回の幹線道路沿いに見つけた、造成地での練習のつづきです。



相変わらず、気温が低い日々が続いていますが、広大な敷地が、気持ちまでも大きくしてくれそうな、そんな気分にしてくれます。


当初、苦労していた"アメンボ"の装着に関しても、手際よく短時間で出来るようになり、機体をセットし終わったのと時を同じくして、何やら一台の車が近づいてきました。


その車が、"ケイサツ"の車であることに、気付くのに時間差はありませんでした。



警察の人達は、バトカーから降りると、止めてあった私の車を一瞥したあと、こちらに向かってきます。私は免許証を持ってるなと確認しなから、警察官から声を掛けられる前に、先に「すみません」と口を開きました。


そして「公園だと人が多くて危険ですので、ここで練習しようかと思い・・・すみません」と、あくまで低姿勢ですが、私有地=不法侵入ということを考えると、正当性や説得性の全く無い、回答だとも云えます。


「ヘリコプターですか、ここは入ってはダメですよ。どこから敷地内に入ったの?」とお得意の尋問攻撃の始まりだと感じつつも、挙動不審に見られないように、平静を装っていました。


まぁ、冬空の下、パンツ一丁でRCヘリを飛ばしていたり、よほど警官に反抗でもしない限り、"しょっ引かれる"ことは無い筈です。



結果、その後の尋問や免許証の提示の必要性も無く、早々に警察の人達は引き揚げられました。


さすがに、その後、その場所において、何も知らない顔をして練習する神経の図太さは持ち合わせていなかった為、第二候補にあげていた場所へ移動しました。


そこは、多少、雑草の多い場所でしたが、郊外の為、人も少なく、車の往来も殆ど無く、広さも上の造成地ほどでないにしろ、必要十分です。


飛ばす前の、無傷の(^-^;)ゞ ワンショット。


DSC03875_convert_20110310225409.jpg



最初、比較的、雑草の少ない場所を選んでヘリを飛ばしていたのですが、機体は当然、一箇所にとどまる技量などありません。


膝下でのコントロールの難しさをひしひしと感じながら、自分では慎重にプロポのレバーを操作しているつもりなのですが、アメンボの尻餅状態が続きます。


無論、膝下から腰、時にはアイレベルと・・・高度は変則的で落ち着きません。



その日の"ゴキブリ走法"の成果についてですが、前後はともかくとして、左右への移動がどうしても斜め方向へ移動してしまいます。「当て舵」も不慣れである為かと思ったのですが、後で冷静に考えると、無意識の内に「ラダー」も操作しているのだと理解出来ました。


そして、抑制が効かずズルズルと滑るように移動するのは直っておらず、斜めに尻餅を突きながら雑草の中へ突入。


敢え無くメインローターとテールローターの片方が逝ってしまわれました。


DSC03934_convert_20110310225632.jpg



テールローターの欠けや割れは初めてで無かったのですが、テールローターを支えている部品が割れていましたので、新たに注文しなければなりません。


それにしても、雑草って意外と強いのですね。


高速回転しているローターの方に軍配が上がるであろうという、甘い考えが招いた事故だと反省です。
関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する