旅行好きでアウトドア好き。映画好きで動物好き。50歳をとうに超えたシニア世代ですが、まだ幼い息子たちの成長をはじめ、ラジコンやスキンダイビング他、興味の対象は尽きません。そんな日々の足跡を写真や動画を織り交ぜながら、心の中では永遠の青年を目指ざす日記です♪
 Walkera V120D02Sの駆動
2012年07月14日 (土) | 編集 |
本日は、朝から家内の実家へ遊びに行き、その近くの市民プールへ。


今年の初泳ぎです。あいにくの梅雨空ですが、幸い雨が落ちることなく、曇り空のままの天候でしたが、蒸し暑さもあってか、とても気持ちの良く過ごせました。


ここの市民プールは、市民・・にしては珍しく競技用の50mプールがあり、私も100mだけですが、平泳ぎで泳ぎました!!


子供たちも元気に遊び、親は少々、お疲れ気味です(汗)

s-SANY0021.jpg


s-DSC04363.jpg




さて、200SD3に引き続き、今度は、Walkera V120D02Sの調整です。


思えば、RCヘリ キャノピー塗装 実践編の後、うまく機体の調整が出来ないまま、一ヶ月近くも放置状態でした(汗)


さて、今回は、200SD3同様、またまた、シャフトドライブに対する悩みです。


200SD3のシャフトドライブ調整で相当、時間を費やしましたので、同じワルケラ機、学習能力も少なからずついているいる筈だと、高をくくっていたのが仇となったのか、なかなか思い通りに進みません。


現在の状況を説明致しますと・・・。


通常は、テールローターを手で回すと、メインローターまでストレスなく回る筈なのですが、全く微動だにしません。


で、シャフトやテールユニットをバラしてコーンギアを新しいのに付け直したり(ギア欠けは無しですが)等、いろいろ試してみたのですが、一向に症状は改善されません。


当然、飛ばしていませんので、テールドライブシャフト外れ等の症状も考えられませんし、Dカットも確認済みです。


そして、試しにメインギアと噛み合う"ピニオンギア"との接触を外してみますと・・・テールロータ→後方傘歯車→前方傘歯車→メインギアの歯車→メインローターの順で、駆動がちゃんと伝わり、メインローターが回ります。


そうなると、"バックラツシュ"の問題だと思い、モーターを固定しているネジを触り、ピニオンギアの位置を何通りか変えてみたのですが、メインギアとピニオンギアが少しでも噛み合っていると、回転の駆動がそこでストップしてメインギア自体が回転していません。


ということは、コーンギアの噛み合わせが悪いとしか考えられません。


何ともお恥ずかしい動画ですが、解決優先で勇気をもってのアップですww
またまた、私はどこかを見落としているのでしょうか?


メインギアとピニオンギアの状態


s-DSC04405.jpg





調整にあたり、諸先輩方のブログをいろいろと拝見させていただきましたが、解決に至らず、また迷宮の世界へ入りこんでおります。


アドバイスいただければ幸いです。
宜しくお願い致します。

関連記事


コメント
この記事へのコメント
No title
ブラウンさん、こんにちは!!
いつもアドバイスをありがとうございます(^o^)

> 今日も暑いですね~

私の部屋の温度も29.5度、湿度は91%です(-_-x
今年は、頑張ってエアコンのスイッチを一度も入れていません(笑)

昨日のプールの水温の心地良さが懐かしいですが・・・筋肉痛で少々体がダルイ状態です(汗)

ご助言いただきました件、早速確認してみました。

1. 今しがたバラすと前方のDカットが長い方でした。

2. テールブームの固定ネジは再度締め付けました。

3. そして、いがりんさんのアドバイスを実行。

今、思えば、コーンギアのギア欠けを防ぐ為に、「クラッチ付きテールスリーブ」を付けてみたのですが、駆動がうまくいかいず、元に戻しました。その時から、今回の状態になってしまったと思われます。

バックラッシュの調整については、ピニオンを浅く入れたり何度も試してみたのですが、ピニオン自体がメインギアと噛み合っていると、テールローター側からのみ、空転してしまいます。


これからまた、家族で外出ですので、夜の帳が降りてから、また確認したいと思いますが、テールブ ームとドライブシャフトを新品に交換も視野に入れて考えてみます(^_-)~☆
2012/07/15(日) 13:52:44 | URL | nekotakun #vUfEqGYA[ 編集]
No title
いがりんさん、はじめまして!!

わたくしの拙いプログに、いつもご訪問して頂いていること、また、今回は、ご丁寧な詳細なアドバイスをコメントいただきましたこと、誠にありがとうございます ヾ(^o^)

> モーターを回すくらいの力をかけると空転し無負荷な状態だと空転し
> ないということですね

すみません、言葉不足で(汗)

モーターをたとえば手で回転させると。何らストレスなく、テールローターが回転はするのですが、その逆、テールローターを回すと、メインギアのところで、回転が止まってしまうという現状です。

ですので、ピニオンを外して、メインギアを手で押さえてテールローターを回すと、手で押さえている抵抗で、メインギアを含め、傘歯車類も回りません。

先日まで悩み通していた200SD3についても、テールローターを回すと、メインローターまで回りますので、私の120はどこか調整が出来ていないと感じていた次第です。

つづいて、テールローター側のコーンギア類の駆動を確認しました。

そして、フロント側の確認。

アルミのプレートを外して手で押さえながら確認、内容はテツテツさんへ返信した通りとなります。もちろんコーンギアのギア欠けは、全てチェック済みです。

メインシャフトの固定についても、上下のガタ確認済みです。

> ちなみに私はテールのドリブンシャフトに刺さってるコーンギアのDカットが舐めてしまう事がほとんどです
> しっかりとシャフトがコーンギアの面まで刺さっているかも確認してみてください

今回は、メインギア、コーンギア全て、パーツを新品に交換後、一度も飛ばさず、また調整中に舐めてしまっていないかも確認しました。

ご指摘の通り、シャフトがコーンギアの面、どこまでまで刺さっているかの程度により、傘歯車とメインギアの噛み合いにズレが生じるようです。

> 早く直ると良いですね

ありがとうございます!!

いろいろとアドバイスを頂きましたのに、説明不足、理解不足もあり申し訳ございません。今後とも宜しくお願いいたします(=^o^=)
2012/07/15(日) 13:01:38 | URL | nekotakun #vUfEqGYA[ 編集]
No title
テツテツさん、外出先?からのアドバイスをありがとうございました!!

アルミプレートを外して、手で押さえながら確認してみました。

ピニオンを付けた時に空転しているのは、メインギア自体と噛み合っている傘歯車です。

同様の状態で、ピニオンをつけないで確認すると、何らストレスなく、駆動は伝わります・・・つまり、メインギアと傘歯車の噛み合わせが弱く、駆動力が小さくなり、ピニオンを取り付けた時には、抵抗に負けて空転しているのだと思っています。

言い換えれば、「傘歯車とメインギアの噛み合いにズレ」が発生しているのだと感じております。


それは、スローなピルエットにしてくれさんや、http://aniheli.blog.fc2.com/?no=14、ホビるさんの記事http://hobbysite.blog.fc2.com/blog-entry-206.html、を参考にさせて頂いた上での判断です。
2012/07/15(日) 13:00:57 | URL | nekotakun #vUfEqGYA[ 編集]
No title
nekotakunさん こんにちは。

今日も暑いですね~(リアル汗)既に31°を越えています。
この暑い中、悪戦苦闘。お疲れ様です。

簡単に3つ
1.ドライブシャフトの前後が逆になっていませんよね。
  前がDカットの長い方です。

2.テールブームの固定ネジ(前方サーボの間)をしめてます?

3.いがりんさんのアドバイスを実行されても直らない時はテールブ 
  ームとドライブシャフトを新品に交換してみてください。

上記とは関係ありませんが、メインギアとモーターギアの間隔が開きすぎのような‥‥既にご存知だと思いますが、簡単なバックラッシュの調整方です。ギアの間にパーツのビニール袋(1枚)を挟んで回るくらいが良いそうで、かみ合わせて回していけばビニールは抜けます。
私は目分量で、実行しことはありませんが悩まれたら一度お試しください。(^^
2012/07/15(日) 12:27:37 | URL | ブラウン #-[ 編集]
No title
はじめまして
いつもブログを楽しく拝見させて頂いています。

まだまだ初心者な私ですが同じV120D02Sを持っているので気になりコメントさせて頂きます。

モーターピニオンを付けると空転する、つまりモーターを回すくらいの力をかけると空転し無負荷な状態だと空転しないということですね

メインギアからテールローターの何処かで駆動力が失われていますのでひとつずつ確認してみてください

確認方法はピニオンを外しメインギアを手で押さえてテールローターをゆっくりとギアの噛み合うのをイメージしながらゆっくりと回してみると良いと思います
時にはメインギアを押さえている手の力を緩めながらどの位の力で空転するかも確認してみてください

必ずどこかで空転しているはずです

テールローターシャフトとそのコーンギアのDカット
→テールローターを回した時にそのコーンギアが一緒に回っていますか?

テールローターシャフトのコーンギアとドリブンシャフトのリア側コーンギア
→ギア欠けなくテールのコーンギアどうしがちゃんと回っていますか?

ドリブンシャフトのリア側コーンギアのDカット
→見づらいですがDカット部分のシャフトがコーンギアと一緒に回っていますか?
マジックで印を付けると分かりやすいかも知れません

ここからフロント側の確認です

ドリブンシャフトのフロント側コーンギアのDカット
→シャフトと一緒にフロント側コーンギアが回っていますか?
ここはテツテツさんが書かれているようにアルミのプレートを外して確認すると良いと思いますがメインギアも外さないとダメかも知れません

メインギアとフロント側コーンギアのギア欠け
→一応確認してみてください

ここまでOKであればあと私が思いつくのは次のうちのどれかです

メインシャフトがしっかり固定されておらず、上下に動き、メインギアも上下にガタがある

テールブームがしっかりと差し込まれていない
→ドリブンシャフトの長さが足りなくなって駆動力が伝えられていない

テールにクラッチを付けていてそれが滑っている

ちなみに私はテールのドリブンシャフトに刺さってるコーンギアのDカットが舐めてしまう事がほとんどです
しっかりとシャフトがコーンギアの面まで刺さっているかも確認してみてください
飛ばしていると落とさなくてもここのシャフトが抜けていき奥の方でDカットが舐めてしまいます

早く直ると良いですね



2012/07/15(日) 07:07:13 | URL | いがりん #-[ 編集]
No title
テールブーム付け根のアルミのプレートを外して、手で押さえながら
回したら、何処が空転しているか目視出来ないでしょうか?

携帯からなので短文お許しを。
2012/07/15(日) 01:08:57 | URL | テツテツ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する