旅行好きでアウトドア好き。映画好きで動物好き。ラジコンやスキンダイビング他、興味の対象は尽きません。そんな日々の足跡を写真や動画を織り交ぜながら、心の中では永遠の青年を目指ざす日記です♪
 200SD3 シャフトドライブの調整 其の二
2012年07月06日 (金) | 編集 |
最近は土曜日出勤が殆どありませんので、金曜日になると、午後は猛烈な睡魔に襲われている「睡眠時無呼吸症候群」気味のねこたくんです(汗)


早速、前回の続きの記事となるのですが、Walkera Airworf 200SD3の、コーンギアに付ける、ワッシャーが1枚分足りなくなり、その状態ではテイル側のギアがギアケースに干渉して宜しくありません。


ヘリモンさんに発注しなければいけないかと思いつつ、ネジ類を入れたケースを物色してみると、幸いにもワッシャーを1枚見つけましたので、早速取り付けてみました。

その前に、ボデイのテール側を装着します。写真のようにイルミの配線のカバーが取れていましたが、そのままメス側に差し込むとライトは点滅していましたので、取りあえずそのまま処理を続けます。


s-DSC03832.jpg


ワッシャーをシャフトの後にも付けた状態で、微妙にコーンギアの噛み合わせがズレています(汗)


s-DSC03835.jpg



コメントで教えていただいた、ギアケースの凸部分に注意を払いながら、テールローターのユニットを装着しますが、これがなかなかと云おうか、全くうまくいきません。悪戦苦闘も2時間近くとなると、集中力も途絶えましたので、今晩の作業は中止することに。


その後、ギアケースが噛み合わない原因を考えていました。

1. 一番の原因はギアケースの凸部が潰れてしまっていることかと。
   軽くノギスで測ってみると・・・凸部の方がシャフトの穴より大きくなっています(汗)

s-DSC03842.jpg


2. 以前のギアケースを見ると、イルミの配線がギアケースにピッタリと固定されています。
   下が以前のギフケースで上が現在の状態です。

s-DSC03836.jpg


で、これも幾分、影響しているのかと思い、100均の瞬接で固定しました。
※ ハケ付きの瞬接って便利!!ですね。


s-DSC03840.jpg


最後に、またボディの前後を外しました。

前方のコーンギアは目視する限り、うまく噛み合っているようですが、バラして追加したワッシャーをどうするか、面倒さもあり、悩んでいるところです。

予定していなかった、「シャフトドライブの調整 其の三」で、続きをご報告したいと思います。


相変わらずnekotakunの記事は・・・「すベらんなぁ~」いや、もとい「すすまんなぁ~」ですね。



関連記事


コメント
この記事へのコメント
No title
クロスーケさん、こんばんは!!

私は会議中は勿論のこと、下手すれば・・・

応接でお客さんの目の前で、自分で喋っていない時間が長くなると、落ちている時もありました(爆)
2012/07/08(日) 23:31:15 | URL | nekotakun #vUfEqGYA[ 編集]
No title
金曜日の昼食食った後のPC作業はきついですね・・・・

いつの間にが何処かに意識がぶっ飛んでる時があります(爆)
2012/07/08(日) 19:42:14 | URL | クロスーケ #-[ 編集]
No title
テツテツさん、こんばんは!!

ワッシャーの情報をありがとうございました(^o^)y-

今しがた確認すると・・・

取り付けるコーンギアの軸がDカット側で2.90mm
ワッシャーの外形は3.98mmで厚みは0.55mmでした。

実は、教えていただいた以外のサイトでも、電動ガンのギアのシムを販売しているサイトを見てみました。

内径3mmのが使えそうですね。

京商などのラジコンショップ以外に、アマゾンでもいろいろと販売されていますので、今後の調整の為にも、何点か入手しておこうと思います。

このシム情報も本当に参考になりました!!
ありがとうござます。私の経験値もまた少し上がりました(笑)

あと、コメント欄でご覧になっているかも知れませんが、ちゃんちゃんさんが写真付き解体・調整マニュアルを、早速エクセルで送信して頂きました。

内容の確認はこれからなのですが、ちゃんちゃんさんのお許しを得たら、また記事に書き直して、アップしたいと思っております(=^o^=)
2012/07/07(土) 22:57:10 | URL | nekotakun #vUfEqGYA[ 編集]
No title
こんばんわ!

ワッシャーですが、軸は何ミリですかね?
電動ガンのギアのシム調整に使うシム(ワッシャー)が
色んな厚みのセットで(0.1 0.2 0.25 0.3mm)販売
されていて使い勝手がいいです。
他のヘリの調整用に使ったりしています。

http://echigoya-tokyo.jp/products/detail.php?product_id=2579

軸の太さが合わなければ無理ですが。
シムが今手元に無く、たしか?な記憶ですが、内径は3mmだったと思います。

他に京商などのラジコンショップでもシムがあったような気もします。

うる覚えでスミマセン
2012/07/07(土) 21:26:35 | URL | テツテツ #-[ 編集]
No title
ちゃんちゃんさん、お昼休み中に本当に恐縮ですm(__)m

・・・そうですか、思い過ごしではなかったのですね。

勝手ながら今から外出しますので、夜になってしまいますが、また帰宅後、再度、下向き側にアポロギアを入れ、組み直ししたいと思います。

もし、ずうずうしくも(汗)、お言葉に甘えさせて頂いて良いのでしたら、今回お知らせしているメルアドまでご連絡頂ければ幸甚に存じます。

・・・が、ちゃんちゃんさんのご都合もあるかと思いますので、無理をなさらずにで、本当に結構ですので。

長丁場の壁となってきましたが、いろいろとありがとうござます!!
2012/07/07(土) 13:07:18 | URL | nekotakun #vUfEqGYA[ 編集]
うぅ~ん…上手くいきませんね…

テールブームホルダー内のアポロギアの二個です。
下向きと前方側の二個に二枚づつ入れてます。
思い過ごしでは無いと思います。

シャフトドライブ後方ギアは一枚で良いです。
テールブームホルダー内のギヤ噛み合わせが緩くならなければ問題は解消されるのですが…

私もワッシャーが、どのパーツを購入した時に入ってたかは忘れてしまいました。

今、職場ですので調べられません…

解体し写真を撮り、説明も添えて送って上げたいですね。
テールギヤボックスの取り付け方も、写真と手順を箇条書きで説明して上げたいですね。
2012/07/07(土) 12:32:16 | URL | ちゃんちゃん #2DRARqcM[ 編集]
No title
ちゃんちゃんさん、その後のご報告です。

前の返信で書いたように、テール側のアポロギアに付けているワッシャーを本体側の下向きアポロギアにもう一枚ワッシャーを追加してホルダーを固定すると・・・ギアの噛み合わせが硬くなり過ぎてダメでした。

で、また私の思い違いかと(汗)

テールブームホルダー内のアポロギア二個両方と仰ってたのは、下向きアポロギアではなく、シャフトドライブ自体に付いているアポロギアの双方ということでしょうか?

ということは、ワッシャーが4枚必要となるのですね。

この極小のワッシャーは、ホームセンターでは販売されておらず、入手はやはり、200SD3-Z-14のドライブシャフトセットを購入する他、ないのでしょうか?・・・何度もすみません(^。^;)
2012/07/07(土) 11:48:28 | URL | nekotakun #vUfEqGYA[ 編集]
No title
ちゃんちゃんさん、お早うございます!!

そして、ご出勤前のバタバタした中、引き続き、詳細なアドバイスをありがとうござました(=^o^=)

今、確認すると、下向きアポロギアと、ドライブシャフトのアポロギアには遊びがなく、ギアは空転しておりませんが、「シャフトドライブの調整 其の一」の最後の写真を拡大してみると、テール側のアポロギア同様、微妙にズレているのを確認しました。

・・・なんとなくですが理解出来てきました(汗)

つまり、今、テール側のアポロギアに付けているワッシャーを本体側の
下向きアポロギアにもう一枚ワッシャーを追加するということですよね。

また、試してみてご報告いたします。

> 説明が少なくてすいませんでした。

とんでもございません。
私の方こそ理解や飲み込みが悪く申し訳ないと感じておりますm(__)m
2012/07/07(土) 09:45:16 | URL | nekotakun #vUfEqGYA[ 編集]
ちなみに、テールブームホルダー内のアポロギア二個両方、
ワッシャーを二枚にしています。

私は後部ギアボックスは、
右側の凹凸部をテールブームに合わせてから左側をはめ込ませてます。
左側がカチャと合ったらズレないように、
まず尾翼固定の長いネジから締めてます。
2012/07/07(土) 07:56:33 | URL | ちゃんちゃん #2DRARqcM[ 編集]
No title
ねこたさん、おはようございます。

今日も出勤ですので取り急ぎ連絡します。

200SD3 のアポロギアのトラブルは、
機体本体側のテールブームホルダー内で、
下向きアポロギアに、ドライブシャフトの遊びが有る分だけ前向きのアポロギヤが後部に押され隙間が開くと思います。
するとギアが空転し、またかよぉ~ と解体…

つまり前向きのアポロギアが後部に押されず隙間が開かないようにワッシャーでお互いをキツク圧着させました。】

★テールギアホルダー内のアポロギアへのワッシャー追加ではなく、
本体側テールブームホルダー内でのワッシャー二枚の対応でした!
説明が少なくてすいませんでした。
2012/07/07(土) 06:55:19 | URL | ちゃんちゃん #2DRARqcM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する