旅行好きでアウトドア好き。映画好きで動物好き。50歳をとうに超えたシニア世代ですが、まだ幼い息子たちの成長をはじめ、ラジコンやスキンダイビング他、興味の対象は尽きません。そんな日々の足跡を写真や動画を織り交ぜながら、心の中では永遠の青年を目指ざす日記です♪
 RCヘリ キャノピー塗装 実践編
2012年06月10日 (日) | 編集 |

今回は、2000文字超+写真12枚使用の大作です(笑)RCヘリ キャノピー塗装 事前準備編の完結編となりますが、その割には、内容はたいした事は書いておりません(汗)


さて、とても小さい120D02Sのキャノピーを、どれだけ綺麗に仕上げれるのか?相当不安ではありましたが・・・何とか完成に辿り着くことが出来ました。出来上がりは???ですが、元々お試し程度の意識ではじめましたので大丈夫です(何が!?笑)一度に処理出来ませんので、5日間に渡る作業となりました。


塗装を処理するためにそろえたもの。

s-DSC03634.jpg



手を加える前(塗装前)のV120D02Sのキャノピーとテールローター。

s-DSC03626.jpg


1日目

先ず、キャノピーの油分を落すために中性洗剤で洗います。120D02Sのキャノピーは小さいので、軽くティッシュで拭いたあと、ドライヤーの冷風で乾かせました。

次に、タミヤの400番の紙やすりで、表面の艶が無くなるまで、ゴシゴシ削ります。新品を故意に傷つけるのは気が引けますが、失敗しても600円という価格の安さを意識して気にせず行います(笑)


s-DSC03627.jpg



サンドペーパーでの処理は、塗装の食いつきが悪くなって、塗装時に液が流れやすくなったり、はがれやすくなったりするのを防ぎます。当然、粉を吹きますので、もう一度軽く水洗いだけして乾燥させました。


そしてプライマーでの下地処理。タミヤのサーフェイサーの白をキャノピーに吹き付けます。私は余ったスポンジを適当に棒状に切り、キャノピーをその先端に固定させて、吹き付けの処理をしました。


流れないように、全体にサーフェイサーが吹き付けられたらと思ったら、欲を出さず10分程乾燥。本当はこの時期の室温を考えると、もっと早く乾燥するかとは思うのですが、他の用事をしながらの処理でもあった為、適当に時間をおき、計3度、サーフェイサーの処理をしました。


s-DSC03628.jpg



2日目

こんなに時間を置く必要はないのですが、家庭の事情で(笑)、翌日にタミヤのピュアホワイト(艶あり)を吹き付けます。最初、蛍光色を塗る部分をマスキングした方が良いのか?と迷いましたが、面倒なので、キャノピー全体を白で吹き付けることにしました。


ついでに、テールローターも同様の処理をします・・・が、平面において白を吹き付けた翌日に蛍光色を処理すると、思い切り失敗してしまいました。吹き付け過ぎた塗料が反対側にまわり、敷いていたダンボールにくっ付いて塗装が剥がれました(汗)


s-DSC03632.jpg



幸い、予備のパーツがありましたので、再度処理。最初から写真のように、
針金にローターを通して、表面が干渉しないようにすべきでした。


s-DSC03631.jpg



ピュアホワイトも、サーフェイサー同様、うす~く、合計3回吹き付けました。


s-DSC03630.jpg


3日目


十分にホワイトを乾燥させ、ここで、ようやく目的の蛍光オレンジを塗ることになります。マスキングゾルを追加で購入していたのですが、やはり面倒になり、原始的にマスキングテープを使用して吹きつけすることになりました。これも、うす~く、合計3回吹き付けて終了、乾燥を待ちます。


4日目

マスキングテープを剥がすのは、云わば抜糸のような感覚なのかどうかは不明ですが、心持ち、緊張と期待が交錯しながらの作業となります。直線のみのマスキングですので、剥がしたあとの出来は、思った以上でもなく思った以下でもありませんでした(笑)

s-DSC03633_20120610102603.jpg



5日目

いよいよステッカーの貼り付けとなります。昔はバイクや車でもステッカーチューンと言って、格好良いステッカーを貼り付けることにより、気持ち1馬力UPとも云われていましたが、私の場合はあくまで、カラーの少なさを誤魔化すことをメインで使用します(^-^;)ゞ


カッティングシートを購入して自作するのも興味がありましたが、時間に余裕も無い為、市販の転写シールを使うことになりました。使用したのは下記のエーワン・転写シールはがきサイズです。




転写シールは自宅のインジェットプリンターを使うこともあり、カッティングシートと比較すると、やはり不鮮明です。下地が暗い色の場合は転写しても、全く目立たないのを試してみて確認済みです。ただし手軽に処理が出来ることと、意外と小さな文字も転写出来ます!!


ここまできて、ようやく最後の処理である、タミヤのクリアー(つやあり)の吹き付けとなります。実は、タミヤカラーのクリアーの蓋に、スライドマークやシールの上から吹きつけないで下さいと注意書きがあります。


ダメなのか!?と思いつつ、ググってみると、「実際には可能です。が、一気にドバッと吹いたりデカール内に気泡が入ったままだと、溶けたり膨れたりします」ということでしたので、安心して(笑)、うす~くうす~く、吹き付けすぎないように処理をします。


専門的?にいうと、クリアー塗装には、塗装を平坦に磨き、鏡面のようなボディ塗装を作る「研ぎ出し」というものがあるそうですが、面倒な為、クリアー吹きだけでボデイ塗装を終了する「クリアーの吹きっぱなし」という作業にします。


ステッカーとキャノピーの段差が気になるようでしたら、1500番から2000番程度のペーパーでクリア層を削り、なるべく平にする方法もあります。



で、クリアーの吹きっぱなしの処置を終え、乾燥させたキャノピー。結局、クリアーの吹きつけは計3回施しています。
我ながら意外とキレイな仕上がり・・・ただ、文字だけ切り抜きで無いため、近くで見ると文字の余白部分は認識出来てしまいます(汗)


s-s-DSC03646.jpg


機体に装着するとこんな感じ。


s-DSC03647.jpg


カラーコーデという点では???の気もしますが、確実に機体の視認性はアップしたかと思います。

s-DSC03648.jpg



新たにヘリモンさんで買ったものを使うと、今回の塗装の意味も半減してしまいますので、次回フライト時に、Xtreme社のキャノピーをお披露目することにします(^-^;)ゞ

関連記事


コメント
この記事へのコメント
No title
テツテツさん、いつもありがとうございます!!

テールブレードのバランス取りですね、ラジャ (^o^)y-

・・・そういえば塗りたくったままでした(汗)
2012/06/11(月) 23:27:16 | URL | nekotakun #vUfEqGYA[ 編集]
No title
このサイズではあまり関係無いかも知れませんが、
テールブレードもバランス取りは必要ですよ!
2012/06/11(月) 21:58:46 | URL | テツテツ #-[ 編集]
No title
クロスーケさん、こんばんは (^o^)

> クオリティー高いっすね~

お世辞でも喜んじゃいますょ(笑)

デカールを貼り付けると何となくそれっぽくなるものですね。

機会があれは、今度は気合を入れて、「研ぎ出し」にも挑戦したいと思います。

ご依頼の件、私に頼むとお高いですよ~何せ時間単価での計算になりますから(爆)

2012/06/11(月) 21:13:36 | URL | nekotakun #vUfEqGYA[ 編集]
No title
わおっ!

クオリティー高いっすね~

ワタシのもお願いします(爆)
2012/06/11(月) 18:09:26 | URL | クロスーケ #-[ 編集]
No title
テツテツさん、お褒め頂きありがとうございます!!

いゃ~、出来はともかくとして、良い経験にはなりました(笑)

> 練習する時は違うキャノピーで飛ばして下さいねww

機体の視認性向上という目的での塗装でしたので、積極的に使うつもりです!!形あるものはいづれ・・・ですから(爆)

ブレード塗装時のバランス取りの件、了解です!!
・・・当分、ブレードは塗る予定はありませんが、面倒なので(爆)
2012/06/11(月) 02:42:41 | URL | nekotakun #vUfEqGYA[ 編集]
No title
ブラウンさん、こんばんは!!

夕食後、ソファで眠りに落ちてしまい、こんな時間になりました(汗)

> オードリー(人食い花)ソックリだといつも思っています。

本当ですよねぇ~、キャノピーをグリーンにして口を書き込むというのも面白いかも知れません(笑)

コストの話は仰られる通りです(汗)・・・失礼致しました(^_-)
2012/06/11(月) 02:38:19 | URL | nekotakun #vUfEqGYA[ 編集]
No title
塗装お疲れ様でしたーー!

綺麗に出来てますねー!流石です!
デザインもカッコイイです。
(練習する時は違うキャノピーで飛ばして下さいねww)

僕はどうも、こういう「待ち」のある作業は苦手なんですよねー。
短気なんですハイ


ちなみに、ブレードを塗装した場合は、バランス取りを再度行った
ほうがいいですよー。
2012/06/10(日) 19:25:30 | URL | テツテツ #-[ 編集]
No title
こんにちは。

お疲れさまでした。(^^

世界に一つのキャノピー‥‥落とさないでくださいネ。

このキャノピーのフロント部は「リトル・ショップ・オブ・ホラーズ」の
オードリー(人食い花)ソックリだといつも思っています。

でも、コストの話はタブーですね。(汗)
2012/06/10(日) 14:20:22 | URL | ブラウン #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する