旅行好きでアウトドア好き。映画好きで動物好き。50歳をとうに超えたシニア世代ですが、まだ幼い息子たちの成長をはじめ、ラジコンやスキンダイビング他、興味の対象は尽きません。そんな日々の足跡を写真や動画を織り交ぜながら、心の中では永遠の青年を目指ざす日記です♪
 Walkera DEVO8のプログラム更新
2012年02月13日 (月) | 編集 |
ワルケラ(Walkera)のプロポ、DEVO8のプログラム更新方法について、「STM32 DFU」というドライバが見つからず、相当悩んでいましたが、コメントにて教えて頂きました結果、無事デバイス(DEVO8)の認識が出来ましたので、ここに備忘録として、まとめたいと思います。

※ なお、この記載内容については、管理人は一切の責任を負えませんので、自己責任で行なって下さい

アップデートツールのインストール

エアステージさんのサイトからアップデートツールをダウンロードし、パソコンインストールします。また、同じエアステージさんのサイトからWALKERAダウンロードページDEVO8のファィルも、後で使用するので、ダウンロードしておいて下さい。
 

そして、DEVO8を付属のUSBケーブルを使ってパソコンと繋ぎます。そして重要!!送信機の画面左側のEXTのボタンを押しながら、電源を入れます。下の画面になればO.Kです。


s-DSC03195.jpg


続いて、パソコン上に、下のような新しいハードウエアの検出画面が出ます。

s-111.jpg


「STM32 DFU」というドライバは、実は「アップデートツール」をインストールした時に、パソコン内に生成されています。
場所は、C:\Program Files\devention Upgrade Tools\Driverです。

s-222.jpg



「次の場所で最適のドライバを検索する」で、参照ボタンを押し、上の「Driver」のある場所を指定します。

s-333.jpg


すると、下記のような警告がでますが、気にせず続行すれば、ドライバを読み込み、DEVO8の認識が完了します。

s-444.jpg


アップグレードの開始 其の壱


最初にダウンロードした、アップデートツール”DfuSe USB Upgrade”を起動します。送信機とリンクできていれば赤で囲んだ場所に各IDが表示されるのを確認して、Firmwareをクリックします。そして、ダウンロードしたFwファイルを選択して
Up gradeをクリックしてアップグレードを開始します。

WS777.jpg


下図のように英文でアップグレード成功となればO.Kです。


s-666.jpg



アップグレードの開始 其の弐

今度は、「Library」をクリックをしてダウンロードした「Libファイル」を選択し、上記同様にUp gradeボタンクリックしてアップグレードを完了させす。


s-777.jpg


モデル仕様の設定(初期化)


WALKERAダウンロードページDEVO8から、入手した「DEVO 8専用の初心者の参照に適しているモデルセッティングデーター」を入手します。私の場合は「Airwolf200SD3」を選択しています。


s-1000.jpg


次に、Configをクリックして、設定をインストールしたい場所(メモリー番号)を選択します。私はメモリーの2に設定しました。


s-999.jpg

最後にダウンロードした「binファイル」を選択して、Up gradeをクリックしてアップグレードを完了させると、モデルデータの初期化が完了します。


s-888.jpg

処理を完了した後は、 アップデートツールの「Leave DFU Mode」をクリックして送信機とのリンクを切断して、「Quit」で終了となります。


関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する