旅行好きでアウトドア好き。映画好きで動物好き。50歳をとうに超えたシニア世代ですが、まだ幼い息子たちの成長をはじめ、ラジコンやスキンダイビング他、興味の対象は尽きません。そんな日々の足跡を写真や動画を織り交ぜながら、心の中では永遠の青年を目指ざす日記です♪
 Phoenix RC Ver3.0
2011年02月27日 (日) | 編集 |
「FMSは、やらないよりやった方が良いけれど・・・」、というような諸先輩方の意見を多く目にしていましたので、実践に役立つ、市販のフライトシュミレーターを模索していました。


実は、イノベーターを購入する以前に、「Phoenix(フェニックス)RC」というフライトシュミレーターを予約していました。




この「フェニックス」は、2009年4月の取扱開始以来、今回のロット(2月22日)で国内累計出荷本数が5,000本を突破したそうです。フェニックスは、今回のバージョン3になって、初めて「日本語」に対応したことや、まわりの評判も良いことから、ど素人である私も、購入を決意したのでした。


予約当初は発売日が2月中旬頃と説明されていたのですが、2月1日へと発売が前倒しになり、私の手元にも程無く到着しました。


そして自宅に届いた翌日に”Phoenix 3”をインストール。
DVDでの提供である為、インストールにも時間がかかります。


シュミソフトで有名な”リアルフライト”がどんなものかは、私は知らないのですが、「リアルフライト」は、「Phoenix 3」と比較すると3倍以上の価格ですし、何より提供メティアがCDロムです。


素人ながら、この点だけで考えても、情報量の圧倒的な差を感じます。情報量が多い=良い製品だと短絡的に考えたわけではありませんが、価格の次に評価出来るポイントであるかと感じます。


しかし、ここからが、また新たな試練の始まりだったのです。


先ず、イノベーターのプロポは、特殊な専用プロボの為、Phoenix 3をするには
コネクターが合わないし、アダプターもありません。新たにプロポを用意出来ないと、
予約してまで買った「フェニックス」を楽しむことが出来ません。


イノベーターに大枚を叩いていた為、また新規にプロポ購入ということで悩みました…フェニックスをヤフオクで売ろうとか、保管してて次のステップ(イノベーターの後継機!?)で使用するとか。


結果、JR製のプロポですと、アダプター無しで、シュミに付属のUSBケーブルで操作可能ということなので、出費は痛かったのですが、JRの7Chプロポ”X7R”という製品を購入しました。


たぶん、新品では最安かと思われる価格(12,000円+送料500円)、限定特価でした。自宅に届いた現品を確認すると、イノベータの、”それ”とは、液晶画面の有無、全体の質感、ずっしりと詰まった密度とか、違いが顕著でした。


DSC03766_convert_20110227121107.jpg




プロポの購入にあたっては、「Phoenix 3」の販売元である”TRESREY”さんのカスタマーサービスのご担当者に大変お世話になりました。上記プロポは、その方のお墨付きも頂いた機種なので、安心です。


私自身、ヘリビキナー、基本独学というスタンスで始めていますので、当然の如く、どんな「プロポ」を選択して良いのかもわかりませんでしたので。



とにかくプロポ自体の構造やシステムを全くわかっていなかった為、1日目はプロポのマニュアルに目を通しただけで、終了。ところどころ見慣れた文字が並んでいるとはいえ、外国語の書物かと思える程、内容について理解が追いついていきません。


とにかくシュミレーターの設定において、大きな壁となっていたのは、プロポのシステム設定の画面が呼び出せないこと。”プロポ本体のエンターキーを押しながら、電源SWをON”と説明されているのですが、いくら試しても”ファンクションモード”へしか移行しません。


システム設定へ移行出来きませんので、、
”送信機に新しいブランクのモデルをフェニックス用に作成してください”
という1番目の設定から先へ進めない状態です。


送信機の準備_convert_20110227122230


1.添付のマニュアル精読しました
2.JRプロポ サイトのQ&A確認しました。
3.多種多様なブログで操作方法等を検索してみました。


たぶん、お世話になったカスタマーサービスへ伺いを立てれば解決するかと思いましたが、超初歩的なことが原因かと予想されましたので、何とか自力での解決を…と、休憩を入れながら何度も再トライしていました。


結果、電源SWが逆だったことが判明。その後の送信機の変調方式、ヘリコプターモードへの変更、スワッシュ、ミキシングの解除については、それぞれの意味はわかりませんが、設定は問題なく終了することが出来ました。
DSC03767_convert_20110304004926.jpg



相変わらずの不甲斐なさです。


その後、送信機のキャリブレーションやコントロールの設定を済ませ、使用準備が整いました。




結局、「Phoenix 3」のシュミレーターの設定に、延べ2日間費やしました。
・・・やれやれです。
関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する