旅行好きでアウトドア好き。映画好きで動物好き。50歳をとうに超えたシニア世代ですが、まだ幼い息子たちの成長をはじめ、ラジコンやスキンダイビング他、興味の対象は尽きません。そんな日々の足跡を写真や動画を織り交ぜながら、心の中では永遠の青年を目指ざす日記です♪
 SAWBACK カスタマイズ
2017年04月30日 (日) | 編集 |
ebeyで買った、GMADE SAWBACK用のパーツがバタバタと届きましたので、早速装着して、いつもの公園へお散歩がてら行ってまいりました。

今日は動画撮影無しでしたので、写真とともにご紹介!!

先ずは1.9インチのビートロックホイール。
価格の割には高級感もあり満足満足♪

DSCN4360.jpg 

次に純正のRollbar(ロールバー)
コチラも付けると雰囲気が出て、いい感じです!!

DSCN4386.jpg 

DSCN4368.jpg

P400で使用していた10連のLEDライトはrubicon bodyでは幅が長過ぎて装着出来なかったのですが、ソウバックには、丁度良いサイズでした♪

DSCN4356.jpg 

DSCN4388.jpg 

どこかの誰かがユーチューブでやっていた、ボンネットにスコップを真似てみました(^-^;)ゞ 

DSCN4361.jpg 

前回、ワンコのお散歩をしていたご夫婦と再会。
今回は私が撮影しましたが、ワンコは車に全く興味無し・・・ww

DSCN4367.jpg 

ロールバーにバケツをぶら下げるのも・・・パクリです(笑)

DSCN4383.jpg 

以上、駆け足で新緑の中を駆け回った夕暮れ前でした(^o^)y-

DSCN4387.jpg 




 H501S  旅撮
2017年04月28日 (金) | 編集 |

今週25・26日は恒例の九州出張でした。

26日は終日雨模様でしたが、前日は何とか天気も曇天でしたので、何とか時間を作り空撮をしようと計画していました。

そう、昨年同様にGWには沖縄に行きますので、その際に無人島で撮影をするために♪

Hubsan H501S X4 は、この日も好調を維持しておりましたが、慌ててハネナイトを持参するのを忘れ、現地のホムセンで振動防止のスポンジを取り付けたものの、やはり少ないながらも、こんにゃく現象が出ております。

前回同様、H501S にメビウスミニ1080Pを取り付けての撮影。

運悪くこの日も結構な風が吹き付けており、高度は100Mあまり迄でやめておきました。

ところでタイトルの”旅撮”という言葉があるのか?、ググったら・・・ありました。

自分で思いついた造語だと感じていましたので、少し残念です(笑)




 Sawback コマさん登場
2017年04月24日 (月) | 編集 |

Gmade Sawback、今回コリーン嬢は、なでしこJAPANのユニフォームをまとい、助手席には意味なく(笑)妖怪ウォッチの人気キャラ、コマさんにご搭乗頂きました。

DSCN4350.jpg 

はい、ストーリーとしての関連性0です(^-^;)ゞ 


ちなみに、なでしこJAPANのユニフォームはリカちゃん用のものです・・・普通のドールの衣装代と比較すると、量産の分激安なので^^;

DSCN4336.jpg 

それにしても陽気のせいか、公園へ訪れる人達が多く、毎週末駐車場が満杯です。まっ、行くのが午後遅めの事もあるのですが。


Sawbackは今日もノントラブル。ご一緒して頂きたTKさんの新車、「Jeep Wrangler Rubicon body」は、汚れを知らない純白が眩しい車体でした♪

DSCN4351.jpg 

DSCN4333.jpg

撮影の設定ダイヤルを間違って触っていたせいか、ピンボケのオンパレードで、良い写真が撮影出来ておらず申し訳ございませんm(__)m

DSCN4345.jpg 

さて、車体BODY側に組み込んでいる、エンジンサウンドシステムのESS-ONE-Plusは、クラクションの音色を、お好みでどんな音声でも(音楽でも)取り込む事が可能です。


Sawbackに猫を乗せて「ニャー」と鳴かせることも出来ますが、今回はコマさんの決まり文句である「もんげー」を入れてみました。


ちなみに、もんげーとは、岡山弁でものスゴイ!とかの意味なのですが、現在は殆ど使われていないそうです。


動画の冒頭部分でコマさんに叫んで頂いていますが、正直、連発すると恥ずかしいのでこれを使うのは今回限りとします(笑)




帰宅すると、アマゾンで買ったアルミのサーボホーン(25t)が着弾していましたので、早速装着♪

WS000000_20170424210145e02.jpg 

サーボホーンは、それぞれ互換性が無くスプラインの歯数により、何種類か分かれているようです。


そもそも、「spline」って元々どういう意味!?


翻訳ソフトに「spline」といれると「スプライン」と翻訳されました(笑)そのままやんか!!(~にキー溝をつけるという意味らしい)


実際今回の25Tのが私のサーボに使えるのか!?370円送料無料と安かったので、よく分からないまま注文したのですが、rcMartさんの販売ページを見ると・・・

Torque(6.6V): 20.0 kg-cm (277.7 oz/in)
Spline : 25T
Speed: 0.18 sec (4.8V) │ 0.16 sec (6.6V)

Spline : 25Tと明記されています♪

偶然にも!ビンゴーな歯数でした♪♪

DSC00170.jpg 

少しだけ銀銀に近づいた・・・わけではありませんね(笑)



 Sawback LED取付
2017年04月21日 (金) | 編集 |

いよいよ(何が!?)、ポリカBODYにLEDを組み込みます。事前に買っておいた純正の「Sawback Light Bucket Set」を使用します。

DSC00146.jpg 

先ずは、SawbackのBODY前後にサークルカッターで穴を開けます。ヘッドライト部は直径が大きいので難なく作業出来たのですが、ブレーキランプ部を含め、他のランプ部は半径が6mmくらいしか無く、なかなか切込が出来ないので難儀しました。

DSC00147.jpg 

DSC00149.jpg

DSC00150.jpg


カッターでするのには穴が小さ過ぎて、かと言ってドリルで処理するのには穴が大き過ぎる・・・ググっても具体的に作業されている情報がありませんでした。

ボディの裏からLEDノブラケットを両面テープで貼り付けます。

DSC00151.jpg 

これにLEDを組み込んだ後、付属のシールを貼って完成みたいなのですが、レンズカバーが無いことに少々悩み躊躇いましたww


・・・素朴な疑問としてこんなシールでは、走行中に外れてしまわないか!?


しかしながらネットでの画像をいろいろ見ても、みなさんカバー等を付けずに、LEDを入れていましたので、100%は納得出来ませんでしたが、これが普通・・ということで作業を進めました^^;


各ブラケットに3Mの両面テープを貼りBODYに固定。この作業をする前にLEDを先に固定した方が絶対良いです!!私は順番を逆にしたので、LEDを固定するネジ締めが大変でした。


配線をまとめました。

DSC00154.jpg 

しかし、どうしてもシールが外れてしまう気がしてならないですので、上から透明の別のシールで補強しました。

DSC00153_20170421221101cde.jpg 

LEDを点灯させると、シール部もそう目立たないということで「完成!!」です(^o^)y-


DSC00156.jpg 

DSC00155.jpg

DSC00157.jpg


また、TKさんからのご助言で足元をやわらかくを実行。やり方はリーフスプリングの2枚を束ねている結束バンドを切断するだけでした。これで標準の硬さから"ソフト"に変更となりました。

DSC00143.jpg 

DSC00145.jpg


反対に”ハード"にする為には、リーフスプリングをもう一枚追加するようです。

IMG_20170421_0001_NEW.jpg 

※クリックで拡大します♪