旅行好きでアウトドア好き。映画好きで動物好き。ラジコンやスキンダイビング他、興味の対象は尽きません。そんな日々の足跡を写真や動画を織り交ぜながら、心の中では永遠の青年を目指ざす日記です♪
 リゾ鳴尾浜 再び
2016年11月21日 (月) | 編集 |

19日の土曜日は、家内が所要で外出している事もあり、どこに息子たちを遊びに連れていくか思案していたのですが、あいにくの曇天であった為、年に数回は行っているであろう「リゾ鳴尾浜」という温水プールへ行って参りました。


IMG_5230.jpg

IMG_5243.jpg

IMG_5254.jpg

IMG_5256.jpg

どうも泡で水着がモッコリするのが、お気に入りの長男坊でした(笑)
IMG_5259.jpg



毎度、代わり映えしない風景ですが、今回は以前、ラジコンボート回収用に買っておいたゴムボートを持参しました。例の大型カヤックで回収となると・・・大変な労力と手間になりますので^^;


IMG_5218.jpg

IMG_5220.jpg


このゴムボートは、送料無料1,400円でしたので費用対効果はバツグンで、プールで遊ぶのには丁度良かったです♪そしてこのボートで、土砂降りのシャワーを浴びるのが、この日大いに盛り上がった遊びでした。

IMG_5185.jpg

IMG_5200.jpg

IMG_5226.jpg

IMG_5264.jpg


ここの施設は外にも水着で入ることの出来る天然温泉「かもめの湯」と、温水が流れる滑り台とお湯のジャグジー等がありますので、真冬でも利用O.Kです。天然温泉でゴムボート利用もどうか?と思ったのですが、人も少なく特に注意もされませんでしたので、無理しない程度に遊んでいました。


IMG_5244.jpg

IMG_5243_20161121003710483.jpg

IMG_5241.jpg


夕方6時半まで居て、それから同じ西宮市内にある阪急西宮ガーデンズという、西日本最大級のショッピングセンターへ行きました。関西在住の方でしたらご存知の方も多いかと思いますが、ココは以前、「西宮球場」として有名だったところです。


目的は、ここの1Fに、先月10月7日に「フェリシモ猫部」がOPENされており、ねこマニアの私としては、訪れるべくして訪れたお店だといえます。当然、息子たちは私ほどねこに興味があるわけではありませんが、プールでの数回にわたる鬼ごっことの交換条件でした(笑)


さすがに西日本最大級というだけあって、私の近所のイオンとは規模が違いますねww
IMG_5328.jpg


フェリシモ猫部の店構え
IMG_5305.jpg


IMG_5307.jpg

IMG_5308.jpg


無事買い物を終えていざ、駐車場に戻ろうとしたのが午後8時頃だったのですが・・・車を停めた駐車場の場所がわかりませんヽ(ill゚д゚)ノ アンビリバーボ 記憶に残っているのは、5階だったことくらいで、元来方向音痴の私は、無理をせずに最寄りの店員の方にも聞いたのですが、そもそも5Fというヒントしか与えることが出来ませんので、当然わからず・・・

2c235e4104f62eec627b7aa8b559f4e7_s.jpg


実に40分くらいの間、ひたすら駐車場を自分の車を探していました。結局、この阪急西宮ガーデンズは、下図のように大きい駐車場に分かれており、私たちは百貨店側の駐車場に停めていたのでした。


WS000000_2016112101003661e.jpg
出典:阪急西宮ガーデンズHP
クリックで拡大します。


しかし、入り時も出るときも迷路の中を運転しているようでした。


そんなあんなで、帰宅は9時40分となり、疲労度もMAXな一日でした(^-^;)ゞ




 にゃんこもときめく片づけの魔法
2016年11月16日 (水) | 編集 |

11月の声を聞いてから、私自身、取り憑かれたように自分の部屋を片づけていました。そして、この間の日曜日にほぼ片づけ作業を終えました♪


ことの発端は、以前息子たちと近所のブックオフに行った時に、偶然目に留まり、手にした単行本から始まりました・・・人生がときめく片づけの魔法 著者 近藤麻理恵。


以前、TBS系列の金スマというバラエティ番組に、近藤麻理恵さんが出演されていたのを見ていましたので、多少ならずとも、彼女が片づけコンサルタントという職業で有名なのは知っていましたし、少なからず興味も抱いておりました。


しかしながら、1500円もする新刊を買うまでには至らず、段々と私の脳裏からも影薄くなってきた頃のことです。


昨年の4月に、アメリカの雑誌TIMEの「世界で最も影響力のある100人」の一人に選出されたこんまりさんこと、近藤麻理恵さん、私の理解が全く追いついていなかったのですが、とにかくスゴイ人なのだという印象だけが残っていました。


ちなみに同年、村上春樹も世界で最も影響力のある100人の1人に選ばれています。


近藤麻理恵さんは、幼少期の愛読書が「オレンジページ」や「ESSE」だったそうですが、この雑誌はハッキリ言って、主婦層の方々が愛読されている書なのです。


それから、彼女が中学3年生のときに出会った『「捨てる!」技術』(宝島社新書、辰巳渚著)。この著書を読み、片付けに目覚めたは自身の部屋だけではなく、家中の片付けを始めたそうです。



人生がときめく片づけの魔法 [ 近藤麻理恵 ]




少々脱線致しましたが、新刊で1500円もするこの本が350円で店頭に並んでいたのです・・・これなら内容が私に合わずハズレてもO.Kと、すぐ手に取りレジへ向かったのでした。


こんまりさんの説明によると、1日で全ての片付けを終わらせなければならないのですが、私の場合は片付けの量がハンパ無く多かったのと、土日に外出したり用事をしたりで、本来の片付けに少々猫なりのアレンジを加えてしまった為、遅くなりました^^;


結果的には新刊で買っていても全く後悔しないどころか、こんまりさんの書く文章自体も面白く、スラスラと読了することが出来ました。片付け終わった後の心境は、清々しい朝の目覚めのような状態です。

ec7f3ac7c225de3b1e39c6f346d4b731_s.jpg

恥ずかしながら、片付けたゴミの量は神戸市指定の燃えるゴミ袋で、計12袋、燃えないゴミ袋が3袋、ダンボールや雑誌類が多数と、ゴミ出しの日に、何度も往復しなければならない程で、その重さの為か、腕が筋肉痛になりました(笑)

残念ながら、2機あるイノベーターの内1機を、KYOSYOのレイジVE、使っていなかったXG8などなどのラジコン関係のをオクにて売却したり、既にトキメキを感じなくなっていた、着ていないブランドの服や不用品をリサイクルにて処分したりしました。

片付けの部屋の処理前と処理後をお見せ出来れば、一目瞭然なのですが、それはさすがに憚れますので、ごくごく一部だけお見せしますと・・・


ラジコンパーツ類や本体は全てクローゼットに格納。

IMG_5178.jpg

デスク周りも綺麗に片付けた為、予てから導入しようと思っていた「デュアルモニター」にしました。本来ならば同じ大きさの液晶モニターを2枚横に並べるのですが、机とその周りの空間の空きが無く断念。

IMG_5174.jpg

結果、22インチのモニターを縦にして使うこととなりました。
(↑使用前は比較的コンパクトに仕舞えます)ちなみにメインのモニターは27インチです。

IMG_5172.jpg

実際に使用するとこんな感じ。増設モニターの壁紙も・・・もちろんねゃんこでしょ♪


液晶モニターアームと呼ばれるもので、モニターを支えているのですが、本来は2つの液晶を1本の支柱で支えることが可能なダブルモニターアームという商品も販売されているのですが、私の環境上、それは無理でしたので、もう一本モニターアームを追加して、高さを補う為に廃棄しようと思っていたハードディスク2枚を土台にして固定しました。

IMG_5175.jpg


IMG_5177.jpg


2つのモニターがあると、デスクトップ上で複数の画面を開いているのを分散させることが可能な為、圧倒的に作業が捗ります。例えば、増設モニター側でテレビやDVDを写しながら、メインモニターでは、メーラーやWEBを立ち上げておく・・・etcが可能なのです。

IMG_5165.jpg

同じ大きさと同じ解像度であれば左右に跨る映像もキレイに映るのですが、大きさも縦横の違いもありますので、基本、映像は左右に跨っては見ないです。

IMG_5168.jpg


IMG_5173.jpg

小物類もスッキリしました♪

IMG_5179.jpg


IMG_5180.jpg

あとは、片付けのリバウンドだけ注意したいと思います。

来週の火曜日には再度、内視鏡検査&ピロリ菌検査となります。
コチラの病気も早く片付けたいものですね(^_-)~☆


 大阪府立大型児童館ビッグバン
2016年11月07日 (月) | 編集 |
長男坊が以前、学校から行ったことのある、大阪府立大型児童館ビッグバンへ、息子たちと3人で行って来ました。もちろん、予てよりせがまれていた為です。


IMG_5123.jpg



世の中には有料の児童館なるものが存在するのを、私ははじめて知りました。


調べると、東京の表参道に有料児童館「こどもの城」という施設があったようですが、昨年の2月に終了していました。他に同様の施設はググった限りは見当たりませんでした。


場所は堺市というところで、大阪市内よりだいぶ和歌山寄りで、ちょっと遠いなぁ~と感じておりましたので、行くのも敬遠していたのが正直なところです^^;





実際に、自宅から阪神高速を利用して行きも帰りも1時間40分ほど掛かりました・・・やっぱり遠いww

入場料も大人1000円、子供800円と、神戸市内の公共施設と比較してもお高いのにも閉口してしまいます。


IMG_5142.jpg



加えて現地には朝10時半から閉館の夕方5時まで居たのですが、駐車場代が定額制では無く、時間制であった為、1900円も徴収されました。と、グチからの記事となり申し訳ありませんが、滞在時間からそれなりに楽しめた施設であったことに間違いはございません。


先ずはビッグバンの全貌

IMG_5121.jpg


手前に見えている高層ビルのような建屋が「冒険の塔」と呼ばれる施設で、子供はヘルメットを被って4Fから8Fまで、室内アスレチックの冒険を楽しむことが出来ます。

IMG_5082.jpg


IMG_5129.jpg



施設の中は結構近代的な造りといおうかデザインになっています。

IMG_5033.jpg


3Fにある「マチカネワニの冒険」は、大昔、大阪湾に生息していたマチカネワニをモチーフとした大型遊具で、このフロアでは息子たちと鬼ごっこをして汗だくになっていました。

IMG_5036.jpg

IMG_5037.jpg



IMG_5046.jpg

IMG_5048.jpg



4Fは、昭和30年代の街並みやおもちゃのタイムトンネルやゲーム類がいろいろ

IMG_5059.jpg

IMG_5062.jpg


IMG_5065.jpg

IMG_5078.jpg


お弁当タイムをはさんで、まだまだ遊びは続きます。


IMG_5124.jpg



外人の子供ともサッカーゲームで交流


IMG_5139.jpg


午後4時前くらいだったでしょうか。

息子たちを見失ったので、30分以上館内をウロウロして探していたのですが、全く見つけることが出来ず、館内放送で呼び出して貰おうか?と思案していた時に、逆に「・・・でお子様がお待ちしております」と、放送されてしまいました^^;

お父さん自身が迷子の状態になっていた、、、ww


次、行く機会が有るのやら、無いのやら・・・
そんな恥ずかしい思いも含めた、初有料児童館ビッグバンの思い出でした。