旅行好きでアウトドア好き。映画好きで動物好き。ラジコンやスキンダイビング他、興味の対象は尽きません。そんな日々の足跡を写真や動画を織り交ぜながら、心の中では永遠の青年を目指ざす日記です♪
 久しぶりの動物園
2016年10月24日 (月) | 編集 |
超!アクティブだった夏が終わり、最近はようやく空気も秋めいてきましたね。

私は息子たちと3人でお弁当持参で、神戸市立王子動物園へ行ってまいりました・・22日の土曜日、曇り空で小雨もちらつく,
あいにくの天候でしたが、動物好きの私としてはそれなりに楽しめました♪

DSCN4241.jpg

まっ、小学生4年になる長男坊は、イマイチの雰囲気でしたが。

ここは、小中学生まで無料。大人料金が600円と価格的にもリーズナブルで、神戸市内の幼稚園、保育園、小学生は、必ず遠足等で訪れる動物園です。

DSCN4240.jpg

ここも多くの動物園同様パンダやコアラが人気の的となっつていますが、私は昔からレッサーパンダがお気にリなのです。

DSCN4206.jpg

DSCN4189.jpg        DSCN4194.jpg


DSCN4196.jpg

旧ハンター邸にも入りました。この異人館は、1889年頃の建立。1966年6月11日に国の重要文化財に指定されています。現存する異人館の中では最大級であり、明治時代の最も優れた洋風建築の一つと評価されています。

DSCN4218.jpg

DSCN4210.jpg

その他、動物いろいろ。
基本好みの動物順です(笑)

DSCN4232.jpg

DSCN4203.jpg

DSCN4208.jpg

DSCN4224.jpg







 ミニチャンブス製 マカン
2016年10月20日 (木) | 編集 |

今週も相変わらず暑い気候が続いていますね。
私の衣替えも、また来週以降にずれ込む予定です。

しかしこんな陽気では、まだ泳げるのでは・・と思う程です(笑)

さて、先日、セブンイレブンに立ち寄った時に、本物のポルシェ MACAN マカン が駐車していました(写真は参考画像)

9570132A30160806W00101.jpg


マカン自体はエンジンモデルが3種類しかなく、サラリーマンでも買うことの出来るポルシェと、鳴り物入りで販売されたのがベーシックグレードのマカン、2.0L直4ターボです。

ただし、諸費用等を入れると、これでも700万円超!!・・・とてもサリーマンで手が届くとは思えませんww

そして、真ん中のグレードが、マカンSの3.0LV6ツインターボで、残るマカン・ターボには、3.6LV6ツインターボが搭載され、最高出力400psとなり、下手なスポーツカーが勝てないほどの動力性能を持っているそうです。

こちらは1000万円超!!、、ヽ(ill゚д゚)ノ アンビリバーボ

マカンオーナーになるという現実を叶える為には、相当無理があると感じられますが、ミニカーであれば、実現出来ます・・・というより買ってしまいました^^;

IMG_4991.jpg

IMG_4990.jpg



ミニチャンプス製・PORSCHE特注 1/18 ポルシェ MACAN マカン ターボ (ブラック) 2014年モデル

ポルシェ特注のディーラーモデルです。購入にあたり国内通販サイトは勿論のこと、世界最大と呼ばれる「eBay」でも探してみましたが、送料を加算すると、結構お高くなりますので、断念、結果、ヤフオクで入手した次第です。

IMG_5003.jpg


ミニチャンプス(Minichamps)はドイツのパウルズモデルアート(Paul's Model Art、略称PMA)社が手掛けるミニカーブランドで、マニアには知られている著名なブランドです。

ミニチャンブス製ですので、細部まで綺麗に再現されています♪

IMG_4994.jpg


IMG_4997.jpg


IMG_4998.jpg


1/18 スケール 全長25cm位
ダイキャスト製  左右ドア・ボンネット・ハッチバックが開閉します
重さは約1.5kg位でずしりと重たいです。

IMG_4993.jpg


IMG_4999.jpg



マカンとは、インドネシア語で「トラ」を意味するらしい。いまのカイエンより一回り小さいSUV・・・いつかは乗りたいなぁ~と夢を持ちつつ、毎日眺めております。

WS000000_20161020115243e83.jpg


 人生初!内視鏡 経験談
2016年10月05日 (水) | 編集 |
内視鏡・・・つまり胃カメラ、私には無縁と感じられるものでした。

kenkoushindan_ikamera.jpg


事情をご説明すると、最近2週間位ですが、どうもみぞおち辺りがキリキリと痛んでいました。元来胃腸が丈夫で胃炎等も発症したことが無いことから、何かな?と漠然と考えておりました。

特に仕事上で、つまり会社で痛さを感じることが多く、市販の胃薬も効かない為、初診を終えた5日後の昨日、胃腸の専門のお医者様で内視鏡検査をしていただきました。

最初に、鼻から管を通すのか口から通すのか、選択して下さいということでしたが、鼻から通す方がイメージ的に嫌でしたので、口からを選択しましたが、その管のあまりの太さにビビりながら、少し後悔がよぎりました(笑)

しかしながら、後に調べると、苦痛が少ないようにと鼻からの胃カメラの性能が上がっていく一方で、より高精細な胃カメラは、特定の波長の光を出すことによって病気発見率が高まるそうで、この高性能な胃カメラほど太い管になっているそうです。

ふむふむ、私の選択は間違っていなかったのだ♪

口から管を通す場合に1番心配されるのは、所謂「えづき」。麻酔が効いているとはいえ、管が食道を通り胃へ移動しているのは判ります。

私は3度程、おぇー!!と激しくえづきましたが、その他はヨダレを垂らすこと無く、冷静にモニターを見ながら、先生の説明を聞いていました。

終始、若い看護師さんが背中をさすってくれていたのですが、不安や痛みを軽減する効果を実感していました。

444_20161005153833abb.jpg


ピンク色でなかなか綺麗な胃壁だと思いながら、ところどころ赤く腫れている部位を指摘されると、ここが十二指腸という場所で、写真のような500円玉くらいの白っぽい画像が目に飛び込んできました。


duodenalulcer1.jpg

出典:http://www.sekioka-clinic.org/ulcer.html


はい、十二指腸潰瘍・・・確定でした。

胃カメラと云っても、口の中、食道、胃、十二指腸をみるための内視鏡ですので、最悪「食道がん」と「胃がん」という、最悪の結果も予想していましたので、十二指腸潰瘍でラッキー♪・・と感じました。


なにせ、手術の必要も無く、お薬での治療ですから。


それにしても長い診療時間でした。

医院には、朝9時前に到着したのですが、血圧測定、心電図、採血、内視鏡検査、尿素呼気法(ピロリ菌検査)を終えたのは11時45分頃でした。


そもそも、十二指腸潰瘍とは、いったいどんな病気でしょうか。

胃や十二指腸の内側(粘膜)は、強い酸性の胃酸や消化酵素を含む胃液にさらされているため、胃液によって粘膜が傷つかないようにするための仕組みを持っています。

胃潰瘍・十二指腸潰瘍は、ピロリ菌、非ステロイド性抗炎症薬(NSAID:エヌセイド)などにより、この防御機構が傷害されて粘膜が傷つき、そこが胃液の攻撃にさらされることで、胃や十二指腸の粘膜や組織の一部がなくなる病気です。

これにより、胃部の痛みや不快な症状を感じたり、さらに病気の程度が悪くなると、その部分から出血して吐血や下血(便に血液が出ること)、穿孔(胃・十二指腸に穴があくこと)、腹膜炎などの症状が起こったりします。

胃潰瘍・十二指腸潰瘍の多くは、薬の服用などで治すことができますので、早めにしっかりと治療することが大切です。

なるほど病気ガイドより引用

photo_00916.jpg


それにしても、十二指腸潰瘍は、胃の働きが活発で胃酸の分泌量が多い20代から30代の働き盛りの男性に多い病気と言われているそうですが、私は今年で56歳、子供達も幼い為、まだまだお父さんは働けーということですよね(笑)




 運動会
2016年10月02日 (日) | 編集 |
小学生の息子たちの秋の運動会が昨日土曜日に開催されました。
今年から下の子も小1となり、運動会も"一度"で終わるので、少しは楽になりました(笑)


毎年、日陰を求めるほど天候も良く暑いのですが、今年は終始小雨混じりの曇り空でした。その分、涼しくて良かったのですが、反面、写真写りはイマイチでした。


DSCN4107.jpg

そういえば、幼稚園や保育園、そしてこの小学校の運動会では、今流行りのアーテイストの曲ばかり使用されています。こういうJーPOPを使用するのは、著作権法違反にはならないのかという疑問を抱いておりました。

私の時代では、クラシックオンリーで、オッフェンバックの天国と地獄やリムスキー・コルサコフのくまんばちの飛行他、定番と呼ばれる楽曲ばかり使われていましたので。

結果は、運動会等営利を目的としない「演奏」・「再生」に関しては無問題だということでした。


長男坊(小4)のリレーでの走り・・・速さはまぁまぁですが、走りのフォームはO.Kでしょうか(笑)


DSCN4113(1).jpg


小1の次男坊は玉入れを頑張りました♪

111_201610021051382da.jpg


DSCN4145.jpg


綱引きは・・・いつの時代も「必死のパッチ」ですね!

WS000000_2016100210532458b.jpg


小4にもなり、だんだんと凛々しい顔つきになってきました。

DSCN4166.jpg


【おまけ】  SNOWというスマホのアプリで撮影。

unnamed.jpg