旅行好きでアウトドア好き。映画好きで動物好き。ラジコンやスキンダイビング他、興味の対象は尽きません。そんな日々の足跡を写真や動画を織り交ぜながら、心の中では永遠の青年を目指ざす日記です♪
 スキー旅行(前編)
2015年01月29日 (木) | 編集 |

毎年、大分帰省とは別に、定例化しているnekotakun家のスキー旅行ですが、今年は地元兵庫県にある「ハチ高原スキー場」に決定。


事前にこの記事も下書きをしていましたので、夕飯時のアルコールが脳内に浸透しない内に、サクっと記事上げしてまいりますね(笑)


一昨年は福井県、昨年は岐阜県の飛騨高山へと、結構遠方まで足をのばしていたのですが、運転距離も去ることながら、高速料金もかさむということで、近場にしました。


また、遠方の場合は早朝に自宅を出発しても、到着時間の関係上、当日は滑ることなく翌日になるのですが、地元の場合だと2日間みっちり楽しめることが可能なのです。


さて、今日は自宅を午前5時半に出発!現地には午前8時に到着しました。いえ、到着する筈でした.、しかしwwww

スタッドレスタイヤでスタッグするという初めての経験ρ(・・、)




気温はマイナス4度、このあと20台以上の車が立往生するという緊急事態になりました(汗)・・・スタッドレス+タイヤチェーンor四駆の車のみが登って行きました。


スキー場駐車場まで1km余りの地点での出来事でした。


結局、目的地のすぐ近くにある別のスキー場のロッジへの宿泊を、民宿の主人が手配してくれました。

時刻は11時にもなっていました(^-^;






宿泊先は、元々行く筈だった民宿と同じく、生まれて初めてのゲレンデ内のロッジ、民宿よりも少し価格もレベルアップでした(笑)


玄関から板を履いて滑ることの出来る、"憧れ"の民宿いやプチホテルです♪





車は麓の宿の駐車場に停めて、そこから雪上車ゲレンデ内を滑走。これには、子供ばかりか家内も興奮していました。



お部屋からはゲレンデが目の前!
・・・当たり前ですがww



到着時間の関係で、今日はスクールに入れず、長男坊を私が教え、次男坊を家内が面倒をみました。









今日の天候は・・・・




吹雪、吹雪、吹雪、氷の世界ー♪
,,,,,,,,,,井上陽水ふうに




次男坊はスキーの後はソリを満喫。

夕食は豪華にかにスキ、そして生ビールと日本酒で酒池肉林!!・・・にはならないですよね(爆)




ビールのあとは漢らし日本酒ですね~♪
現在、3合目。




今から雑炊だー


さぁー、明日の天候を祈りつつ、早目に休むことにしませう(^_-)~☆

 bye-bye ガラケー
2015年01月25日 (日) | 編集 |

先週は出張等で仕事も忙しい中、5年以上も使用していたガラケーを引退、スマホに機種変更計画を実践しました♪


ネオンサインのように輝くこのアルマーニ携帯は、今までも周りの人を驚かせ、少しだけ優越感を与えてくれる携帯電話でした(笑)





総務省は、「SIMロック」解除の義務化を今年2015年度に実施することを決定し、「SIMロック」や「2年縛り」現行の携帯電話業界は大きな変化点を迎えます。

で、私も一大決心をして(笑)、家内のガラケーとともにスマホに替えることとしました。

先ずは、手持ちのタブレットで既に使用している格安SIMの「lljmio」の音声付プランを選択。

s-IMG_0923のコピー


我が家では従来、ガラケー2台の月々料金が5千円前後ですが、今回のプランではスマホ2台で同等かそれ以下の料金となります。

無論、通話料金次第となりますが、通話には評判が良く「IPフォン」ではない
G-Callを使用してコストを削減致します。


次に機種選びですが、端末代が高くてはいくら月々の支払いを安く出来ても意味がありません^^;
その為、2台とも型落ちの白ロム未使用品を選択しました。


もともと使用していたタブレットが「GALAXY Tab」であった為、また上記のガラケーもSAMSUNG製であることもあり、私は5.5インチ液晶のGALAXY Note2。家内はデジもんに全く疎いので3.7インチの「docomo with series ARROWS Me」にしました。


s-IMG_0950.jpg

合わせて4,2諭吉の端末代。
特に私のは、市場価格より相当お安いのをアマゾンで見つけましたので、実はSIMを買うより先に端末を入手していました。


また、5.5インチもあるスマホは、落下の危険性があることを知り、ストラップを付けなくては・・・と思っていたのですが、ストラップホールが開いていませんww


で、ネットでの情報を元に、本体のネジにストラップを固定し、裏蓋のスピーカーに通しました。


s-IMG_0952.jpg

s-IMG_0953.jpg



「ストラップホール付きのカバー」も販売されていますし、バンカーリングというスマホの裏面に貼り付けるものも検討しましたが、折角純正の手帳型カバーが付いていますのでストラップホール付きは今の時点では却下。






バンカーリングは・・・どう考えても邪魔だし格好悪いでしょww
という決断に至りました。


後は、家内のスマホともども、エロエロなアプリをいれたり各種設定に時間を奪われ、ヘリについては進捗無し(笑)
私のスマホのホーム画面は、当然の如くねこ化しております(爆)


s-IMG_0954.jpg

A型の為、凝りだしたら止まりません(;^_^A


先週もそうでしたが、インフル時に子供の面倒が見れなかったので、昨日も遅れての「凧揚げ」「ラジコンカー」「ボール遊び」他で遊んでいました。

s-IMG_0932のコピー

s-IMG_0940.jpg



 EC-135 収納ケース
2015年01月18日 (日) | 編集 |

さて、以前から懸念事項であった、私のV450D03 EC-135化の機体収納ケースがようやく完成致しましたので報告しま~す♪


何せ、部屋でも機体を裸でおいている状態ですし、何より外出時に車での移動で機体を壊してしまわない対策が必要でした。


その前に、切り文字(数字&アルフャベッド)ステッカーが届いたので、ようやくEC-135のロゴを入れることが出来ました。


s-IMG_0898.jpg



最初は機体収納ケースについては、「マグロ用 発泡スチロール」とかも考えたのですが、高さ寸法が合わないし大変高価!(1諭吉前後)という理由で没。


あと、プラダンにしろコンテナにしろ同じく適当なサイズが無く、こちらも断念・・・結果、自作しかない!という決断に至りました^^;


しっかりしたケースを望むならば、合板でDIYすれば良いだけなのですが、強度はあっても重たくなるばかりで、持ち運びに不便ですww


かと言って、発泡スチロールだけでの工作では・・あまりにも弱すぎる。


で、見つけたのがダウ化工 株式会社というメーカーが販売している「ザ・スリム」という発泡樹脂板でした。ちなみに近所のコーナンで購入しました。


【クリックで拡大】

名称未設定 1のコピー



この板は、表面が滑らかなスキン層で覆われていて、本来は断熱補助目的の板として使用するものですが、カッターで簡単に切れるし、発泡スチロールに近い重量であるが、強度はそこそこあります♪

円柱のスポンジみたいなのは、泳ぐ時に海やプールで使うフロートで、数年前に買ったまま、使わず眠っていたものです。あと黄色いクッションは、ホムセンで190円程で入手したものです。


そして接着には、瞬接は溶剤で板を溶かせてしまう為、発泡スチロール用のボンドを使い、底面は、プラスティック製のL字型ガードを付けて補強しました。


狭い私の部屋の絨毯の上で板をカットしていた為、当然の如く、それぞれの板がカットする度に微妙に真っ直ぐでなくなり、面同士を接着した後は、ところどころ凸凹になっていました。


その為、カッターでそぎ調整した後で歪で隙間がでている箇所にはホットボンドを流しました^^;


問題はケースの中をどうするのか?LEDの電球自体もそうですが、何より「LED用拡散キャップ」にスポンジが干渉しただけでも、2ヶ所程外れてしまいました。で、スポンジに切り込みを入れ前後左右に機体が動かないように処理。


s-IMG_0905.jpg


s-IMG_0904.jpg


s-IMG_0903.jpg


最後に蓋をどうしよう?と思案していたのですが、会社にあったプラダン用の蓋を拝借し加工しました。
また、運搬時に蓋が落ちないようにマジックテープで処理をしております。


s-IMG_0902.jpg


s-IMG_0909.jpg


ケース自体の強度の弱さは、材質上否めませんが、加工の容易さと材料費の安さを優先。


こんな風に立てても大丈夫!!
実際には、裸かキャリーに斜め立てして運べるようにしております。


s-IMG_0908.jpg


機体自体の調整が残っておりますが・・・これで、メイデン・フライトのお出掛け準備は整いました(^_-)~☆





 EC-135・フェネストロン化 Ⅴ
2015年01月14日 (水) | 編集 |

walkera v450D01にEC-135を装着し、巷ではテール駆動が困難とされている、フェネストロン化に挑戦中のちゃんちゃんさんから、その後の進捗のご報告がありました(^o^)/

結構膨大な資料の為、何回かに分けてご紹介致します。
尚、今回の記事上げに伴い、カテゴリについても右のように独立させました。過去の内容については、最下段の関連記事かそちらからご確認頂ければ幸いです。


それでは、本日は妄想無しで逝ってみませう!!

-------------------------- 記 -------------------------------

長らくのご無沙汰申し訳ありませんでした。
さぁ~て、その後の改造点のご報告です。


左回りは解消されず…テストテストの日々

しょうがない、まず4セル化計画!!!


【TURNIGY dlux 70A SBEC 2-6S】 ESC を購入
Spec. Max Cont. Current: 70A
Max Burst Current: 85A
BEC Voltage: 5.5v
LiPo: 2~6S

s-WS000000_2015011421171078f.jpg


s-WS000001_2015011421171177e.jpg

s-WS000002_201501142117133d6.jpg


電源側のコネクタが付いてないので加工が必要

s-WS000003_20150114211714517.jpg


モーターを外したりしやすいのでモーター接続側には延長コードも購入し繋いだ



次にブラシレスモーター購入
Spec. Model: 2218
Turns: 4
Cells: 2~4S
Kv: 3200rpm/V

s-WS000004_20150114211716dfc.jpg


交換する前に気が付いたが V450D01 純正モーター V450D01-Z-16 で4セル化には対応していた…無駄な買い物だったV450D01-Z-16 Spec. Speed constant(KV): 3500RPM/V
Working voltage: 6-18V (4セルは、14.8V )


こんな感じで ESCは搭載しました 

s-WS000005_201501142136141e1.jpg

s-WS000006.jpg

s-WS000007_20150114213617ca1.jpg

s-WS000008_201501142136193e6.jpg

s-WS000009.jpg

s-WS000010.jpg

ここからが長い道のり、調整も歩留まりになってしまいました…


4セル化し意気揚々と駐車場にてモーターを回してみました。モーター音が良い感じになってきたらバキバキってケタタマシイ音が、4ローターのローターホルダーが外れ、ボディ・メインシャフト・ロッド系等にダメージが…

その後、修理とか機体の底上げとか第2次飛行テストへ向かい調整。そんな調整中にも突然エレベーターのサーボが何故って感じで逝かれてるとか、フェネストロンローターの動きがキツイとかも発生

フェネストロンは樹脂で出来てますが、角度を変える所がお互いに干渉するとキツクなる構造が解りました
s-WS000011.jpg

s-WS000012_20150114213905c78.jpg

s-WS000013_20150114213906b5d.jpg


ローター系も弄りましたので、ゼロピッチ調整・ピッチ調整・受信機のサーボ設定を再度やり直しました

組み立てローターを回しテストしたが、やはり全然駄目でラダーが効かない…

再度、機体と睨めっこで検証

何気に床の上でテールを左右に振ってみたら、あれ? フィンが逆に動く?
送信機のスティック操作では問題なし、しかし受信機側ジャイロ命令が逆?
ボディー搭載前は普通に作動してたのに?


どうすれば良いか結構悩んだが何気に発見 RX2702V-D に 1.RUDD R. スイッチが有ったので リバース "ON" 側にしたらテール逆は解消された!

s-WS000014_20150114213908343.jpg

s-WS000015_20150114214155519.jpg

s-WS000016_20150114214156f13.jpg


やったぁ~と思ってたら!がぁ~んメインギアのオートロが効いてない!
直ぐに予想がついた、V450D03で経験していたがメインギア内のメインシャフトスリーブ!
こいつが結構粗悪品でD03を操縦時に挙動不審な動きをし、やむなくスロットルにて墜落させた経緯があります
調べてみると、このパーツが錆びて腐って粉状になってました

今回も同じ感じで腐って穴が空いてました


s-WS000017_201501142141582d6.jpg

s-WS000018_20150114214159ffb.jpg

s-WS000019_20150114214201440.jpg


s-WS000020_20150114214304bf4.jpg

s-WS000021_20150114214306757.jpg


メインギア系交換修理も終え、さぁジャイロリバースも解消されたフェネストロンフィンのピッチ角度を調整し公園にてテスト
そろそろ動くかなぁ~ってモーター音になった辺りで…

なんで? 場所特定は出来なかったが何処からか謎の煙?

ローター系を外しテーブルに固定しモーターをガンガン回しても煙も出ない?ESCもモーターも熱くなってなかった?
フェネストロン搭載時はモーターは熱かった?

フリーの状態で何でもなかった と言う事は!!!

フェネストロンの回転に遊びが発生しない様にとベルトを張りすぎてモーターに付加が掛かったと思われる!

となるとフェネストロン調整はベルトの張り絡みでは解消しないと考察…
改めて今まで検索し参考にした動画などとフェネストロンを購入したRCオヤジさんサイトを調べた

RCオヤジさんのフェネストロンパーツ一覧に、テールギアセットと言う物がある?


WS000022.jpg


我らワルケラー450シリーズはテールドライブシャフトでベルトを回しテールブレードシャフトに動力を伝達している

WS000023.jpg

このギア比が全く違う!、つまり一般的な我々のヘリ( WALKERA・ALIGN製 以外解らん )は一対一でテールローターを回している

上記50T・58Tギアの一回転でフェネストロン回転数を上げているのでは?

これじゃ机上の空論で解決しない!

---------------------------------------------------------------------

次回は解決篇♪

・・・To be continued