旅行好きでアウトドア好き。映画好きで動物好き。ラジコンやスキンダイビング他、興味の対象は尽きません。そんな日々の足跡を写真や動画を織り交ぜながら、心の中では永遠の青年を目指ざす日記です♪
 AGUSTA in 赤穂海浜公園
2014年04月29日 (火) | 編集 |
お待たせいたしました。 25日の金曜日にイノベーターMD530のAGUSTA仕様が完成し、翌日の土曜日に処女飛行に行って参りました(^o^)y-


アグスタの左右のボディの貼り合せ?は、予定通り赤や白のビニールテープを使い、キットに同梱のネジ類は一切使用せずに処理^^;、最初はどうなるのやらと、思っていたのですが、ステッカーチューンで、そ・れ・な・りの形になりました♪


s-DSC00840.jpg



遠目アグスタを何とか回避出来たと思うのですが、如何でしょうか。
写真や動画ではディテールが程良く隠されており、1~2mくらい近づかないと・・・わかりません(笑)


そして、最後の最後まで迷ったイノベーターの起動スイッチは、アグスタの脚部へ移動させました。


s-スイッチ


この日は人が増えるのを懸念して、朝一で自宅を出発!午前10時過ぎには現地へ到着。赤穂浪士で有名な兵庫県赤穂市にある「県立赤穂海浜公園」まで足を延ばしました。


ここには昔から訪れており、いつ来ても、広大な敷地と数多くの芝生、そして人口密度が少ないということ、ロケーションの綺麗さもあり、アグスタを最初に飛ばすのはココだ!!と、密かに心に決めていました。


ひとつ困ったのが、アグスタのフルボディの大きさが長く、アルミケースは勿論!、テニスのラケットバッグにも機体がはみ出してしまい収納出来ません(^-^;)


機体の移動をどうするのか!?


さすがに裸でアグスタを持ち、園内をウロウロするのは躊躇われる為、ビニール袋に包んで、ぶら下がげた状態で持ち込みました(汗)


s-DSC00842.jpg



芝生広場の前の池で息子たちは結構、大人しく遊んでくれていましたので、
無事、処女飛行・撮影を終えることが出来ました♪


動画は、園内の息子たちのスライドショーと、アグスタの動画のコラボとなっておりますが、今までで最長の時間を費やしました(汗)BGMに動画を合わせるのは難しいです(^-^;)ゞ 宜しければ全編ご覧頂ければ幸いです m(__)m


本編のB・G・Mには、エレクトリック・ライト・オーケストラ(ELO) の「トワイライトを使用。全然、夕暮れではないのですが「猫男」いや「電車男」が好きだったので・・・(笑)







先の見通し(予定)ですが、ホビキンのLEDシステムをアグスタに組み込み、陽が落ちる前の「サンセット・フライト」に挑みます(=^o^=)



 アグスタ製作 最後の調達
2014年04月24日 (木) | 編集 |
イノベーターMD530のAGUSTA仕様で困っていたのは・・・


1. 450サイズ用のメインローターグリップ用スペーサーが無い

2. イノベーターのバッテリーを入れる為にカットし過ぎたボディの補修


双方、ホムセンやネットで代用品を探していたのですが、なかなか見つからずあきらめ掛けていました。


スペーサーについては、以前、同じイノベーターオーナーであった、くろちゃんさんから「スペーサーの厚みは1ミリ内径3~4ミリの物を2枚使います。スペーサーでローターをはさむ感じになりますね。このスペーサーでほとんどのローターが使用可能だと思います」と、アドバイスいただきました。


ちなみにメインローターを固定するボルトは2.87mm位です。


今までは、ステンワッシャーの内径4mmを使って、先日のテスト飛行でも辛うじて問題無いことを確認しましたが、厚みは0.7ミリしかありませんし、直径が小さい為、ローターグリップの中に入ってしまい、止む負えずワッシャー3枚を使って固定していましたww


滑りが良いとされている、ジュラコン製で無くても良いので、ちゃんとした「ローターグリップ用スペーサー」を使いたいのが"ねこ心"というもの(笑)所詮、450クラスのスペーサーの需要が無い為、大きいクラス用のしか販売されていないのだと思われます。


さすが!イノベーター!ローターグリップを含めて何もかもが特殊ですww
決して、ユーザーが望まないオリジナリティですが(^-^;)ゞ


そして!ようやく見つけましたよ♪



s-DSC00833.jpg



栃木県鹿沼市 五百部商事 有限会社

ラジコン事業部クイック

HPを見ると、産業用の飛行機・ヘリコプター及びマルチローター他、私には結構特殊と思われる、言い換えれば理解を超えた(汗)、金属を切削やレーザーカットしたパーツ類が並んでいました。


また、クイックの営業方針に、私の目が留まりました^^

**********************************************************

よりよい商品をより安く、それがクイックの理念です。

ラジコンマニアの方々が、ラジコンを行いやすい環境を作れるように、営業を行って行きます。

弊社はラジコン業界とは思っておりません。ラジコン部門は営利で行っているとは考えておりません。ラジコン業界では最先端の開発力で邁進したいと考えております。クイック事業は、事業部自体を趣味として考えております。日本一のラジコン道楽でありたいと考えております。

                         出典:クイック
**********************************************************


nyanderfulいえ、wonderful♪な、経営理念ですね。
恐竜さんのオプション品も低価格(だと思われる)で揃っていました。


鹿沼市・・私が栃木の出張で一度行ったことのある土地です。
地元のくろちゃんさんも、たぶんご存知!?なのでしょうね。


さて、ここの商品は、内径3mmで、0.5mm厚から2.5mm厚までのラインナップ。2.0mm厚までは0.25mm単位で販売されていますので、当然、私は1.0mm厚のを購入。


ショッピングカートはありませんので、メールで在庫確認の上、代金を指定の銀行に振込み、メール便の速達で届けて頂けるのが嬉しい。対応も迅速で送金した2日後に到着しました。
(ただし、入金の確認と発送の連絡はありませんでしたww)



左が先日のテストで付けていた内径4mm、右が今回入手の内径3mmのスペーサーです。厚さは1mm。外径の違いは明らかですね(^_-)


s-DSC00834.jpg


で、装着する為に悪戦苦闘!!
写真のようにピアノ線を通してようやくボルトを貫通出来たものの、今度はガチガチでボルトのナットがしまりません(-_-x・・・どうやら、外径が大きい分、0.5mm×2枚の厚みで良かったようです。



s-DSC00835.jpg



気を取り直して1枚のみ使用。
ちゃんと、ナットも固定出来ました♪

s-DSC00838.jpg


0.5mm×2枚で挟まずに、1.0mm×1枚の片挟みでも問題無い!?のでしょうか m(__)m




そして、もう1点のボディの補修については、ホムセンでいくら物色しても厚みが有り過ぎて使えそうに無い為、100均でカラーポケットフォルダーという、ポリプロビレン製のファイルを購入しました。赤の色目は若干違いますが、致し方ありません。





 AGUSTA仕様製作 テスト
2014年04月20日 (日) | 編集 |
イノベーターMD530のAGUSTA仕様 始動!!と言ってから、早2ヶ月間近くが過ぎようとしております(^-^;)ゞ


相変わらず、私の作業速度は緩慢である為(笑)、13日の日曜日に奮励 努力!して、アグスタ・スケールボディの製作を再開、8割方の完成度まで進めることが出来ました。


本来ならば、もっと早く記事の更新も出来ていた筈なのですが、バタバタの忙しさの1週間で皆様への訪問も滞っていましたm(__)m


細かいパーツ類や窓を固定するのには、ドリルかピンバイスで穴を開け、瞬接もしくはキットに付属していた螺子で固定しております。


    


作業を進めていくにつれ、最初のボディのカッティングを雑にしてしまったことに、後悔が走りましたが致し方ありません^^;
時間を巻き戻すことは出来ませんので、気持ちを巻き戻します(笑)



デカール類を貼り付けていくと
・・・一応それらしくなってきて気分も↑↑です(爆)


    



    



1番の難所は、左右のボディの貼り合わせだと思っていたのですが、実際には、バッテリーを出し入れする窓の部分で、どう誤魔化すのかが最後の課題となりましたww




ホビキンのLEDシステムも入手済みですが、イノベーターからは直接電気を取ることが出来ないため、苦肉の策ですが、スイッチ付のボタン電池ケースなる物を見つけましたので、それを使いアグスタに導入する構想を描いております。


次に、アグスタスケールボディに付いていた木製のメインローターを、イノベーターに装着しようと思ったのですが・・・グリップ部は自分で製作しなくてはならないのですねww 意外に面倒だと感じつつも(笑)何とか完了!


    



イノベーターは、グリップ部の形状も特殊な為、サードパーティのローターを使用する為には、ロータースペーサーが必要です。以前、ググりまくり探したこともあるのですが450クラス用のロータースペーサーは見つからず、止むを得ずホムセンで入手のステンレス製のワッシャーを3枚使っていますww


    


さて、さすがにスケールボディをまとったまま、即!墜落=壊れるは嫌ですので、イノベーターにアグスタのスキッド及び、この木製メインローターを使用して、"まとも"に飛ぶのか?を検証しました。



もともとこのアグスタはミニタイタン用のモデルである為、スキッドは殆ど力技でムリクリ!イノベーターに固定しています。風速4~5M、多少のハンチングがありますが、結果は・・・一応テスト飛行O.Kでした。





LED導入は少し時間を置くこととし、次回はいよいよイノベーターMD530のアグスタ仕様をお披露目出来るかと思います。風の少ない晴れている限定で撮影をする予定です(^_-)~☆



 her
2014年04月11日 (金) | 編集 |
日頃は、劇場にはなかなか足を延ばすことが出来ない為、もっぱらインターネットやDVDで映画を鑑賞しております。


新旧問わず、作品は数多く見ている方なので、一時は「映画・ドラマ鑑賞日記~ねこたくんの場合」のブログでも立ち上げようとも、計画したのですが、記事更新する時間に見ていた方が良いという判断に至りました(笑)


メジャーな作品から、カルト的な作品まで、また、純文学作品から血まみれスプラッターの作品まで、映画のジャンルにも拘りませんが、その中でもハートフルな作品を好みます。


最近は映画もなかなか見る時間が無かったのですが、土日の2回に分けて
『her/世界でひとつの彼女』という作品を見ました^^;






この映画は、2013年12月18日にアメリカで劇場公開された作品で、本年6月28日(土)から日本公開が決定しております。





監督は、「マルコヴィッチの穴」「アダプテーション」などを手がけ、全世界に熱狂的なファンを多くもつ、鬼才スパイク・ジョーンズの4年ぶりの新作で、映画のあらすじは、コンピュータのオペレーティングシステム(OS)の声に恋をする男を描いた異色ラブ・ストーリーです。



どちらかと言うと地味な作品となりますが、先のアカデミー賞では監督のスパイク・ジョーンズが脚本賞を受賞していますし、ローマ映画祭では、最新型人工知能“サマンサ”の声だけの出演なのに何と!!スカーレット・ヨハンソンが最優秀女優賞を受賞していました。



スカーレット・ヨハンソンの最近の作品、原題は「The Nanny Diaries」これ等を見ると、邦題の付け方に難有りと思っていた最初の印象とは裏腹に、オーソドックスなコメディーで楽しめます♪




スカーレット・ヨハンソンという女優さんは、超個性派女優といわれたソーラ・バーチと共演の「ゴーストワールド 2001年 米 」で、初めて知りました。まっ、単純に綺麗な娘だな~と思って観ていたのですが・・・彼女も今年で29歳、大人の女性に"せいちょー"しておりますね^^





作品全体としては、米映画批評サイトのRotten Tomatoes(ロッテン・トマト)で、批評家支持率94%という非常に高い数値からも、クロウト好みの作品であると判断出来ます。


確かに良い作品だと私も思うのですが、正直、心の琴線に触れるような感動はありませんでした。人間と人工知能の恋愛という一風変わったテーマが、観る人を選ぶのでは?という印象を受けます。


人間の"誰かとつながっていたい"という点では、ちょっと比較するのは適当ではないかも知れませんが、是枝裕和監督2009年の邦画「空気人形」、をおすすめします。





切ないラブストーリー+エロで、出演陣には、ARATAや板尾創路、オダギリジョー等、個性的な面子が揃っています。空気人形役の「ペ・ドゥナ」の脱ぎっぷりについては、日本の若手女優さんにも見習って貰いたいものです。無論、個人的な嗜好が入っておりますが(笑)