旅行好きでアウトドア好き。映画好きで動物好き。ラジコンやスキンダイビング他、興味の対象は尽きません。そんな日々の足跡を写真や動画を織り交ぜながら、心の中では永遠の青年を目指ざす日記です♪
 低空フリップを目指せ!
2013年11月30日 (土) | 編集 |
昨夜は、この週の疲労蓄積でぼぉ~とドラマを見ながら過ごしていましたww


今日の午前中は、ショッピングと来年度のスキーの計画。毎年、北陸方面へ行っていたのですが、今回は飛騨高山方面へ行くこととし、既に、宿泊先も抑えました♪


さて、午後からWalkera V120D02SとSOLO MAXX Revolution BL LEDを持って、スクーターで近所の猫の額程の広さの公園へ。イノベーターをいきなりフリップさせる勇気が無かったのと、広い場所まで行く時間が無かった為です。


ついこの間までは、雑草がぼうぼうでソロレボにとっては、好都合の環境だったのですが・・・しっかり刈られていました(汗)そして、1本目で撃沈です。V120を1本飛ばして、フリップの状態を確認して挑んだのですが、フリップする前に"あぼ~ん"という不甲斐なさでした(汗)


結果、テールブームサポートの根元部分が壊れてしまいました(^-^;)ゞ
まっ、これは接着して使うことにしますww


s-DSC00441.jpg



そして再度、V120D02S。


周りを樹木に囲まれ、一度は木の枝にもさらわれた場所だけに、左右の移動に気をつけ、出来るだけ低い高度でフリップや背面をする!それが本日の課題でした。


帽子カメラの光学ズームは1.3倍。この倍率であればフレームアウトも殆どありません。豆粒みたくな撮影にならないよう、極力離れず近過ぎずを意識してフライト。


出来れば低空での背面ピルエットを試してみたかったのですが・・・試す前に低空であぼ~ん!!ギアをナメてしまいました_| ̄|○






空の青さが綺麗だなぁ~と思いながら、週一にも満たない練習の為、こんなものでしょwwと、自分を慰めていたのでした(笑)


本日のフライト

V120D02S・・・約7分

ソロレボ・・・約2分


・・・どんな、練習時間だ!!(爆)



 Innovator AGUSTA仕様
2013年11月27日 (水) | 編集 |
スケールファンの皆様、お待たせ致しました♪ヘリはやっぱり、フィッシュ・ボーンのような形状ではなく、スケールヘリでしょ(^o^)y-

※決してキャノピースタイルを否定しているわけではございませんのでww


ということで、長年温めていた(笑)計画に着手することになりました。


実際にスケールボディを入手したのが今年の9月2日(どこが長年!?)、偶然にもメーカー在庫の最後の一品を取寄せ入手出来たことはラッキーでした。


どんな機体(スケールボディ)かと申しますと・・・・


MINI TITAN E325用  AGUSTA 109 K2









・・ググってみますと、2年から3年前に発売されて話題になっていたようで、巷のプログでの記事も読むことが出来たのですが、今では殆ど全てのショップでSOLD OUTとなっており、新しい記事もアップされておりません。


でも、ミニタイタン用?・・・当然疑問が湧いたのですが、これも偶然、Innovator onlineの本家のHPを覗いていたら、InnovatorにAGUSTAを搭載している方を見つけたのでした。


まっ、"Innovator"も"MINI TITAN"も同じ「Thunder Tiger」の商品ですから、多少なりとも互換性があるのか?・・・私にはわかりませんが(^-^;)ゞ


上のHPを見てわかったことは、アグスタを搭載する為には、イノベーターのテールブームをロングテールブームに変更しなければ長さが足りないということ。当然ベルトもオプションのロングタイプが必要です。






ただ、それ以上の処理ついては、全くHPでも触れられていませんでしたので、アグスタを搭載するには、多大な試行錯誤や工夫必要となりそうなので、いざという時は、皆さまー、どうかお助けくださ~い m(__)m


当時の記事を垣間見ると、「アグスタ社の公式ライセンスのもとにアグスタA109 K2の民間用ヘリコプターをミニタイタンE325用のスケール変換ボディーとして新発売」と宣伝されています。


また、「TREX450アグスタよりは数倍ディテールがいい」という意見もあり、自ずから機体も、いえ"期待"も膨らみます♪


このAGUSTA 109 K2には、本体一式セットの他、紅白の木製メインローターブレード、色違いの2個のブレードホルダー他、盛り沢山の内容物。そして何より価格が諭吉さん一人分以下でお財布にとても優しい・・・(=^・^=)






元々、スケール機好きであった為、イノベーターに関してもMD530という機体をチョイスした次第ですから。その時は、背面やフリップなんか、他国の戯言くらいにしか思っていませんでした(^-^;)ゞ


ホビキンのLEDシステムも入手済みですので、キチンと付けれるどうかは別として(汗)合わせて、アグスタに導入してみる予定です。



こちらの動画は MINI TITANですがカッチョいい~♪





師走も目の前の時期となり、慌しい中での作業となりますが、出来れば年内に完成。正月休みに九州での遠征飛行を初陣にと、目標にしております♪



 そのイノベーター不調につき
2013年11月24日 (日) | 編集 |
「その男、凶暴につき」は、記念すべき、北野武の初監督作品でしたが、タイトルとの互換性はありません。なんとなく思いついただけです(笑)


告知もしておりましたように、この週末はイノベーターでの初フリップ挑戦のご報告をする予定だったのですが、先週に電灯と喧嘩をしたInnovator EXPの調子が宜しくありません。


現地で飛ばそうとした時に、不具合やパーツの忘れがあって飛ばせないとかが無いように、最近では殆どの場合、自宅のマンションのエントランスで浮上テストを行っています。さすがに450クラスを、決して広いと云えない空間で飛ばすことに対しては、少なからず緊張感も走ります(汗)


そして、昨日の土曜日に家族で出かける前に、イノベーターEXPをホバさせると、機体のミスソリが激しい・・・、新しく入手したカーボンローターは重さとバランスを取り、トラッキングは合わせていました。


・・・メインローターとメインギアそして、スキット以外が壊れている。


そう思うのには時間はさほどかかりませんでした。


先ず、墜落時に一番に疑うのはスピンドルシャフトでしょうか。


案の定、スピンドルに刺してあるベアリングが全く抜けませんww・・・「曲がり」が発生している為かと思われました。で、最初ダイヤモンドやすりで削っていたのですが、埒が明かない為、電動ドリルにスピンドルシャフトを固定し、ダイヤモンドやすりで削ると、スムースに抜けました♪





ベアリングを外した後のスピンドルシャフトと、フライバーを分解したもの。フライバーの中のバーは顕著に曲がっています。





あと、問題だったのはメインローターのグリップ部分の純正品との寸法さ。
イノベーターのグリップ部は10mm以上あります。こんな部分でも、汎用品のメインローターが使えないという仕様に嘆きたい気分です(^-^;)ゞ






巷ではジュラコン製のメインローターグリップ スペーサーなるものが販売されていますが、皆、大きいサイズしか見つかりません。仕方なくM3×12×0.8のステンレスワッシャーを、メインローターの上下2枚ずつ挿入。これで何とかミスソリも収まりました(=^・^=)






土曜日は、珍しく(笑)家族4人で地元の三田プレミアムアウトレットと神戸フルーツフラワーパークに行っていた為、イノベーターは飛ばせず。そして本日は所用以外の時間を全て、イノベーターの調整(修理)に時間を割いていましたww


ヘリの調子が悪いと・・・気分的にもスッキリしません。
職業病ならぬ、「ホビー病」と診断されるのかも?知れません(爆)



来週こそ!リベンジを果たします。




 ローター三昧
2013年11月20日 (水) | 編集 |

いゃ~、昨夜の亀田の試合は酷かったですねぇww。


もう彼の試合は見ないと思っていたのですが、九州から帰宅したら放送されていたのだから致し方ありません(笑)


提訴する韓国も韓国ですが・・・ランキング14位の相手に対する試合内容ではありません。早く山中と統一戦をして、骨を拾って貰った方が、本人にとっても何より我らボクシングファンにとっても良い筈です。


私が懸念するに、組みやすい(勝ち易い)相手との内容のない試合ばかりを見せられて、「あっ、世界タイトル戦って、こんなものか・・・面白くな~い」という評判で溢れるのが心配です、というより既に、溢れかえっていますが(-_-x


幾つになっても格闘技熱が下がらない為、
余談から始まり申し訳ございません(^-^;)ゞ


さて、ブログタイトルの言葉の使い方が適当か否はかは別として(笑)、
本日定形外郵便で自宅にこんなものが着弾しました!!







先日、軽快な鐘の音とともに崩壊してしまった、我、イノベーターの純正、カーボンローターは、送料込みで4,700円もしますので、とてもとても何セットも入手出来ません(T-T)


そして低価格ながらも品質の良い「EIJI屋」さんのカーボンローターを購入しようと思った矢先に、ヤフオクで9セット、まとめてど~ん!と出品されていた品をお安くゲット致しました。





これで9本のもしくは9回の、電灯への対決にも備えることが出来るでしょう♪いつでも、かかってこんか~い!!電灯めー!!(爆)