旅行好きでアウトドア好き。映画好きで動物好き。50歳をとうに超えたシニア世代ですが、まだ幼い息子たちの成長をはじめ、ラジコンやスキンダイビング他、興味の対象は尽きません。そんな日々の足跡を写真や動画を織り交ぜながら、心の中では永遠の青年を目指ざす日記です♪
 愛起動
2013年08月31日 (土) | 編集 |

すみません、個人的な欲求がタイトルに顕れてしまいまいました(笑)
「合気道」の間違いですww


今週は出張やなんややらで(笑)、全くヘリに触れておりませんので、息子の話題となります。


長男坊の夏休みも明日で終わり。夏休みの工作ではこんなものを作っていました。今年は福井でのスキーの時に恐竜博物館に行った影響でしょうか?






さて、自宅近くのイオンの武道教室に息子を通わせることになって、1ヶ月間が経過しました。


元々、少林寺や空手を習わせるつもりだったのですが、双方土曜日の日中しか講座が無く、土曜日に遠出で子守や家族サービスをしている私にとって、その選択肢はありませんでした。





で、日曜日に出来るのが合気道しかなかったのです。写真をご覧頂くとわかりますように、生徒数3名!!。見学に行った空手の方は20名以上も参加されていたことを考えると・・・全く人気が無いのがうかがえます(^-^;)ゞ


さて、合気道には試合が無い・・・というのを息子を通わせるようになってから、初めて知りました。欧米では「動く禅」とも評されている合気道は、武力によって勝ち負けを争うことを否定しており、決して相手を倒す為にやる武道では無いということらしいです。


6歳の息子に禅道の考えや精神が理解出来るとは思えませんが、小1にして既に暴れん坊状態となっている現在、少しでも精神的に強くなってもらうこと、そして何より姿勢や礼儀を覚えていくということに重点を置きました。


それでも毎日家内からは怒鳴られ、私も立膝で夕食しているのを見つける度に、愛の暴力でどついて(関西弁講座 どつく=こづく・なぐる)言い聞かせているのですが、一朝一夕には直りませんね。


ちなみに私自身は母親からはホウキの柄が折れる程叩かれ、親父からは包丁の刃の裏側で(親父は職人でしたから)どつかれていましたが・・・(汗)


ビジネスでもそうですが、"叱る"と"怒る"の違いが大切だなぁ~と感じます。部下相手ではなく我が子なら尚更ですよね


でも、会社から帰宅してからのヒステリックな****の叫びは・・・あまり聞きたくないものですww


今のところ息子自身も楽しんで行っているようですが、姿勢等は家でも私が復習させなければならないと思っています。ちなみに動画は先週の日曜日のものです。






余談ですが、「ねこたくん、いくら猫好きでも猫背はダメよ」と、20歳の頃、年上の彼女とデートした時に云われたのを思い出します。私自身は背の低い彼女に、少しでも目線を合わせようと努めていたのが裏腹となり(汗)





青春の甘酸っぱい思い出のひとつですねww





確か・・・・・・・・こんなお姉さんでは無かったですね(爆)







・・・あまり、やり過ぎるとアダルトブログにカテゴリを変えろと指摘されるかも知れません(^-^;)ゞ



 田舎の河川プール
2013年08月26日 (月) | 編集 |

8月15日。


先ずは、別府市から車で約1.5時間程走ったところにある、大分県竹田市へ私の親父方の墓参りに出掛けました。


竹田市は、大分県西部に位置する市で、奥豊後に位置する城下町。滝廉太郎が「荒城の月」の構想を練った岡城があることで知られており、今でも竹田駅に電車が到着する度に、「荒城の月」のメロディが構内に流れています。


ちなみに、市名の読みは「たけだ」ではなく「たけた」と呼びます。
滝廉太郎の出生地は東京都港区西新橋ですが、実父の公務(転任)で幼少期を竹田で過ごしたそうです。


また"竹田の子守歌"は、大阪府・京都府の被差別部落に伝えられた民謡で、この大分の地とは全く関係ありません。「赤い鳥」というフォークソング歌手のB面が、かの有名な「翼を下さい」そしてA面にこの「竹田の子守唄」が収録されていたそうです。


墓参りのお墓は如何にも田舎のお墓といおうか、小高い山の丘に立っている先祖代々のお堂で、ここに私の祖父母や父が永眠しております。中には小ぶりの仏壇のようなものが並んでおり、全部で20世帯くらいでしょうか。私と同じ姓のも2つほどありました。










お墓参りの後、竹田市郊外にある流水プールへ。竹田市は名水と湧き水でも有名ですので、近くの立派な流水プールへ立ち寄りました。


今までは(去年)そんなに人も多くなく、車を停めるのも容易でしたが、少し離れた駐車場からシャトルバスが出ている程の混雑振りでした・・・良いところはすぐ人気が出て混雑してしまいますね(^-^;)ゞ


さて、私達は路上に違法駐車をして(汗)、しばし2時間程、子供達を遊ばせました。天候も曇りがちの予報であった為、泳ぐつもりもなく、水着は持ち合わせしておらず、息子達はパンツ1丁で水遊びをすることになりました。


流水プールと名づけている通り、河川敷にはところどころ人工的にブルーの下地を施しています。その代表的なスライダーを、ようやく長男が独りで楽しむことが出来ました(昨年までは、泣いていましたから)





河川プールの全景。

  


  


いつになくシリアスな表情の長男





次男坊は天然のスライダーをご満悦♪


  



今回は川のヴィーナスにも出逢えなかった為、おまけに母宅の近くに居た猫のヴィーナスをどうぞ(笑)・・・う~んなかなか端正なお顔立ちだこと(=^・^=)








 V120 酷暑フライト
2013年08月24日 (土) | 編集 |
残暑お見舞い申し上げます。


いつまで続くのかこの暑さ!!と思いつつも、夕方以降、会社の屋上で一服する時に感じる風が、僅かながらですが、秋の気配を包んでいるような気がしております(=^・^=)


そして、毎日、ニュースを見ていると、暑さの呼び方もいろいろあるのだなぁ~と思い、調べてみました。


極暑(ごくしょ) → 夏の苦熱の頂上をさす言葉

酷暑(こくしょ) → 厳しい暑さ又は激暑(げきしょ)

炎暑(えんしょ) → 真夏の暑さ又は大暑(たいしょ) 

溽暑(じょくしょ) → むし暑いこと


気象庁の分類としては、夏日・真夏日・猛暑日の3種類しか、正式には定められていないようですので、上記はマスコミを通じて一般化された言葉かと思われます。それにしても・・・溽暑なんて聞いたことありませんよーww


さて、お盆休みネタもそろそろ、当記事を含め、2回程で尽きそうなので、ここらでヘリの話題を。


文末には、唯一、まともにフライト出来ましたV120D02Sの動画を用意しておりますが、イノベーター&Master CPとも撃沈でした。何か新しい技に挑戦してのあぼ~んであれば納得もいくのですが、双方ともメンテ不足で初歩的なミスで、リポ1本使わずに且つ、撮影も無しで強制修了となりました(汗)


実は、"向こう"から帰ってから、エロエロな記事上げに殆どの時間を割いておりましたので、今朝まで機体の状態すら確認していませんでした(^-^;)ゞ


■ Innovator MD530

  5M位の高さからベルトがスリップしてふらふらっと地面に落下。
  大したことは無いだろうと高を括っていたのですが・・・意外と損傷が
  酷く、メインギアにクラック、テールブームの凹み、他は分解しており
  ませんので不明ですww



■ Master CP

  今日こそは華麗に背面飛行をと気合十分だったのですが、ラダーが左右
  に振られ・・・プロポの操作が追いつかず低空で機体が転がりましたww
  

  こちらについても、フレーム骨折以外は未確認です。


  背面どころか普通にフライト出来ないまま終了!という、とても笑えな  
  い状況でしたが・・とにかく暑いのですぐ店じまいしました(^-^;)ゞ


  この機体はホールドが効かないので、思いの他、損傷が激しそうです。
  まっ、パーツもお安いですし、交換も容易です。お盆前のバタバタがあ
  ったとはいえ、エロエロダイアル等の調整を怠っていたのを反省ww


□ V120D02S

  ここのところ、この機体に付ききり状態であった為、さすがに、調整等
  も慣れてきたかと思いますが、練習不足もあり、腕はなかなか上がりま
  せんね(笑)・・・アタリマエカ!
  
  良い調子で背面をしていたのですが、最後は逝ってしまわれ、交換パー
  ツの準備無く、リポ2本での終了となりました。

  動画の最中に「初めて背面でのピルエット」と偉そうに説明しているく
  だりがあるのですが・・・よく見ると半分程しか回れていません(T-T)



  動画のBGMには、
  手持ちのJIMMY CLIFFの名曲"I CAN SEE CLEARLY NOW "
  を入れました。映画「クール・ランニング 」に使用されていたことで
  有名です。
 

  タイトルを直訳すると、「私は今、はっきりと見ることができます」
 

  ・・・ですが、私自身は、ぼんやりとも見えておりません???(爆)








 夏のヴィーナスを探して
2013年08月21日 (水) | 編集 |

さて熱帯魚を堪能したねこたくん一家は、一路、大分へフェリーで渡る為、伊方半島にある三崎へ向かいました。距離にして2時間半ほどでしょうか。


そこから、関サバで有名な大分県の佐賀関へ約70分の船旅を経て、別府市内までは50分ほどです。


フェリー乗り場へ行く道中に、道の駅瀬戸町農業公園前の国道を八幡浜方面へ走ると,「みかんの花咲く丘」のメロディーが鳴る、「メロディー道路」というものがあります。


八幡浜行き車線、約430mの区間で、法定速度(50km/h)を守って走行すると、“みかんの花咲く丘”を約31秒間楽しむことが出来ます。愛媛県の広報によると、走行するときの留意事項のひとつとして、「走行中に速度変化があると音痴になります」という説明が何気に面白かったです。


メロディー道路とは、アスファルト舗装に溝を掘ることによって、自動車走行のタイヤ接地音でメロディーを奏でるもので、溝の間隔で音階を、溝の数で音の長さを調節することでメロディーとして聞こえるしくみとなっているそうです。


全国にあるようですが、中でも群馬県には10箇所ものメロディー道路があり驚きです!もちろん、一箇所も設置されていない地域もたくさんあるようです。






さて、ヘリの話題無く、お盆休みを日毎記事にしていくと、なかなか終わりませんので(笑)、以下、別府市と知人宅へ遊びに行ったときの大分県津久見市の海水浴の様子をまとめました。


先ずは津久見市の海水浴場。大分県でも結構、田舎(シツレイ)の方ですので、海の人口密度も少ないです(^-^;)ゞ なぜか嫁と喧嘩していましたので(爆)、
私と息子達3人で行っていました。まっ、そこの知人は私のお友達だったので、その方が気が楽でもありますがww。


夏の公式

海の人口密度も少ない=被写体=夏のヴィーナス・・・も望めない。













四国の海とはまた違った雰囲気ですね。


次に別府での海水浴。この時は次男坊が風邪をぶり返していましたので、私と長男坊の二人で行きました。


こちらは、別府市内から近いこともあり、なかなかの賑わいです。他の季節には無い、ジャンプ台のようなものが遊泳期間中は設置されていました。











前回のヴィーナスは適当に拾ってきたものを画面に馴染ませたものでしたが、今回は"生写真"となりますので、ある意味法的にマズイものかも知れませんので、個人を特定出来ないよう加工せざる負えませんでしたww。

※ 万が一、本人、知人で、この記事を偶然にもご覧頂いた場合は、コメント欄からクレームを頂ければ、速やかに削除対応致します。


それにしても、いくら息子を前面に撮影し、背後の被写体にピントを合わせ、大きくトリミング・・・ただの"エロ親父"ではないかと躊躇いながらも、それなりに楽しめたということは、やはり男の佐賀いえ"性"なのでしょうかww













この写真が夏の終わりを告げる筈です(^-^;)ゞ