旅行好きでアウトドア好き。映画好きで動物好き。ラジコンやスキンダイビング他、興味の対象は尽きません。そんな日々の足跡を写真や動画を織り交ぜながら、心の中では永遠の青年を目指ざす日記です♪
 快水浴~日本海
2013年07月29日 (月) | 編集 |
V120の調子が悪いのと、暑さと忙しさで、引き続きブログの更新も出来ず誠に申し訳ございません(^-^;)ゞ


V120は、組立直したり、0ピッチ調整を何度もしたりして、ミソスリの現象は治まったものの、ピッチを入れて上空に上げると、機体がゆっくりと反時計回りになってしまいます。


テールローターの揚力がメインロータのそれに負けていると思うのですが、ラダーサーボのニュートラルを取っても、なかなか改善されませんww。


そして、ずうっと使用していたテールクラッチも外し、ノーマルに変更した上で、ラダーサーボのサーボホーンの位置を変更すると、反時計回りの症状は治まったものの、今度は浮力が足らず上空まで上がらずパワーダウンしてしまいますww。


ピッチ角はLのマイナスを強めにしていますが、MとHはそんなに可笑しい数値ではありません。その為、原因追求の為にも、新しい機体を入手して、比較検討しようと妄想している今日この頃です(笑)


また、KBDDのカラーブレードの次に、Xtreme社のHardened Steel Bevel Gearというのも試しに使って見たのですが、私の調整能力の無さに通じるのですが、いまいち良い感じがせずに、ノーマルに戻しました(汗)





さて、先週(20日)も地元の明石に近い海岸へ泳ぎに行ったのですが・・・足元も見えない透明度に"がっくり"でした(汗)やはり瀬戸内では難しいのでしょうか(・・・息子達は構わず元気でしたが)


後方に写っているのは、地元の高校生ぽい女の子で、嫁ではありませんが焼けていない部分にソソられますねぇ~(笑)





そして27日の土曜日に、鳥取県にある白兎海岸へ息子達と3人で行って参りました。白兎海岸は、環境省選定 快水浴場百選のひとつにも認定されていますし、元々、山陰海岸の海は透明度が高く、毎年訪れています♪


神戸からは中国道の佐用というインター経由で、無料の鳥取道を利用し一気に鳥取市内まで行けることになり、私の自宅から2時間半ほどで現地へ到着しました。


しかし鳥取道へ入ってからは土砂降りの雨。まぁ~山間部特有の天候だろうと高をくくっていたのですが、鳥取市内に入ってからも雨は小降りながら止んではいませんでした。


朝刊で見た時には晴れ時々曇りの予報だったのに・・・とネットで確認すると、雨のち曇りに変更となっていました(汗)その後、天気図を確認しながら、雨雲のかからない地域まで移動しようと思って西へウロウロしていた結果、島根県の方まで行かなくては無理なことがわかり、今回の白兎海岸で落ち着くことになりました。


幸い滞在中は曇り空ではあったのですが、雨にも打たれず楽しむことが出来ました。朝、バタバタと出発した為、シュノーケリングの道具を入れた袋を積込むのを忘れ、キレイな海だけに残念!な思いで一杯でした。


今年はオクでボディボードの父と呼ばれているTom Morey(トム・モーリー)のボディボードを入手しました。有名なブランドでしたが、格安で入手出来た為、たぶん中国製のコピー品だと思われますww。

 


息子達が居る分、ボードが出来る程の波のある海岸へは行くことが出来ないかとは思うのですが、海も大好きなので、いつか波に乗ってやるぞ~!と妄想を抱いております(爆)


以下、毎度、週末父子家庭になりつつあるnekotakun家のスナップです。ボディボードは息子達の良いおもちゃになっていました(^-^;)ゞ

 

 


 


 





 テストベンチ自作
2013年07月18日 (木) | 編集 |

直近のブログの更新が7月8日でしたので、10日間も放置しており申し訳ございません。


先日の3連休のお話ですが、土日と天気に恵まれませんでしたので、大きな期待を持って迎えた15日の海の日、午前は弱雨の予報でしたが、午後から回復するということでしたので、いつプールへ行くの?今でしょう!!


・・・ということで、自宅から車で40分程の距離にある兵庫県加古川市にある、市民プールへ行ってまいりました。到着したのは午前10時過ぎ、小雨混じりの天候でした。





プールの入場口では、上空の雷が激しくなった場合は退場していただきますと注意喚起された上での入場。こんな日にお客なんてと思っていたのですが、なんと!!50人前後の家族連れが既にプールを楽しまれていました。


土砂降りプールの憂鬱・・・こんなタイトルを思い描いていたのですが、一応、ヘリブログな為、冒頭のタイトルへと思い直しました(笑)






肝心の雨なのですが、午後に近づくにつれ、止むどころか結構な土砂降りで、
日除けのテントの下に置いてある荷物も、水浸しになる程でした。





子供達は最初ははしゃいで遊んでいたのですが、濡れながらお弁当を食べた後ほどから、とにかく寒い、ひたすら寒いということで、次男坊が体の震えを訴え顔の血の気も引いていました(^-^;)ゞ





そして午後1時過ぎ、一向に止みそうにない天候に根負けして、プールを後にしたのでした。


さて、ここ10日間の間は全くヘリを飛ばすことが出来なかったのですが、以前から興味を抱いていた「テストベンチ台」なるものを作ってみました。


当初、テレビの回転台を使用してみたのですが、イノベーターであれば回ったのですが、ミリヘリでは"びくとも"せず、使用出来ないことを理解しました。


ホムセンで入手した材料は、丸い板切れ2枚とネジ、そして回転台という金具です。






そして途中で問題が発生!!一枚の板には回転台をネジにて取り付けたのですが、これ!?もう一枚の板にはどうやって付けるのか?・・・はい、回転台自体が分離しない為、当然、物理的にも固定出来ません(サイショカラキヅケヨ!)ww。


その為、手持ちの3Mの強力粘着両面ープを回転台に付けて、板と固定することに・・・。ヘリの重量が軽いだけに、特に使用しての問題はありませんでした。





問題は・・・これってどうやって使うの!?でした(爆)


ググると、「ラダーテストベンチ」というタイトルがヒットしたこともあり、ラダーの左右への振りを確認するものだという認識はあるのですが、実際、上の動画のように試してみた結果、何が良くて何が悪いのか、どのように確認するのかが不明です(^-^;)ゞ ・・・たぶん左右均等に振れれば良いのかとは思っていますがww。


部屋ホバで飛ばした結果は、機体が右か左かは定かではないのですが、片方に回っていましたので、現在は、再度、機体の調整もしくは組立直しをしようと思っています。



 Devo7e 着弾
2013年07月08日 (月) | 編集 |

Devo7eを海外通販にて購入する為、送料を含め一番お安く入手出来るショップを見つける為、調べたものを表にまとめてみました。






結果は、ご覧の通り「eHIROBO」が一位!でした。このショップはV120の機体やパーツ類購入で利用したことがありますので、安心出来ます。


納期についても、Air Parcel Rate (7 - 14 営業日以内に主要国)を選択しても、過去に利用した2回共、6日間で入荷しました。


で、ポチリと購入しようと思っていたのですが、ちょっ待てよ・・・ヤフオクで出品されていないかな?と思ったら、幸い2点有りました♪


ひとつは10回程使用している新古品、もうひとつは新品でした。私が注目したのが新古品であるDevo7eで、「DEVO7E 96ページ 日本語取扱説明書付」と説明されていた為です。


出品写真をよ~く見ると、私の持っているエアステージさんで購入したDevo8の取説と同じようなデザインでした。


まっ、そうでなくとも、送料込みで6,300円での落札でしたので、海外通販よりお安いから問題無いと思っていたのですが、予想していた通り、落札した Devo7eにはエアステージさんのシールが貼り付けられていました。







電波法認証取得済のエアステージさんのが、12,980円で販売されていることを考えると、例え、新古品であろうと、格安で入手出来たのではと思っています。


また、コンプライアンスの観点から云えば、結果的には良かったのかも知れませんですし(笑)


さて、DEVO7E本体は、想像した以上に小さかったです。でも、その驚きは収納のし易さへと転じ、本来の持ち運ぶ時に便利という目的は果たされたかと思います。


次に問題の操作感。確かにレバーも細く小さい為、違和感を感じましたので、帰宅後Devo8と同じ、Futabaのレバーキャップ(ちょうど2個余っていた)を被せました。これでだいぶ違うのでは・・・と思います♪


さすがにそのままではレバーが細すぎて、直ぐキャップが外れてしまいますので、粘着度の低いスコッチテープをグルグルと巻いてからキャップを被せました。






液晶画面もDevo8の全く見えないカラー液晶と比較すると、外でも見やすく、容易に設定を変更出来ました。そして、以前、ヘリモンさん買っておいた蛍光オレンジの「KDBB Blades」を装着しました。






さて、落札した現品は土曜日の午前中には届いていたのですが、土曜日は夏祭り他、所用が重なっていた為、昨日、日曜日の夕方前に、近くの海浜公園で飛ばしてみました。かなりの強風でしたので、全く練習にはなっておりませんが、プロポ確認ということで良しとします。


息子達は大人しく(でも無いか)、パンツ一丁とTシャツで水浴びしています!!





浜風強風の中、DEVO7Eは元の持ち主のデータが入ったままを使用していましたので、背面等はせずに大人しくフライトさせていました。しかし、ハンチングが酷いですので、テール側を疑ったのですが、テールローターグリップの若干の緩みと0ピッチが狂っているようでした。今一度、機体とプロポの調整が必要なようです。





 ベアリングお掃除とDEVO7E
2013年07月03日 (水) | 編集 |

ほんちさんに教えて頂いた、「パーツクリーナー」をコーナンで見つけましたので早速試してみました。価格はミニサイズながら1本150円余りと、庶民にとっては大変嬉しいお値段でした(笑)






作業としてはとても簡単。小さめの容器にベアリングを入れ、パーツクリーナーを吹きつけ、その後、綿棒でちょこちょこと撫でてから、エアダスターで中の汚れを吹き飛ばしました。




新品のように綺麗になったかと思いますし、懸念されていた内部のボールも幸い傷ついていないかと思いますが、如何でしょうか?


それとタイトルにも挙げております、DEVO7Eのプロポの件について。初期の際にはいろいろと不具合と云おうかバグが出ていたようですが、バージョンが3.0になってからは大丈夫になったと聞いております。で、こんな妄想が(^-^;)ゞ






DEVO7Eについては、液晶表示が7セグだから敬遠されている方も居られるみたいですが、本体の小ささが、以前より魅力的だと感じていました。特に出張時やちょこっと鞄に入れて持ち出すのには好都合ですし(笑)、


そんな折、マイクロヘリ倶楽部(MFC)さんのサイトでDEVO7Eの改造版が販売されていることを知りました。詳細はお手数ではございますが、下記のリンク先をご覧頂ければ幸いです。

walkera DEVO7E Deviation


そして、まだまだ経験、学習不足の私の為、お聞きしたいことがあります。また、電波法に関する内容は私も周知しておりますので、それについてのご説明は"Furong"です(^-^;)ゞ


質問は、このマイクロヘリ倶楽部さんで販売しているDEVO7Eは、これ一台で
BLADEやSOLO MAXX他がバインド出来ると説明されていますが、Master CP (V120が使用可なのは明記されている)や200SD3も、DEVO対応の受信機を搭載しているので、同様にフライトさせることが出来るのだという認識です。


また、それは、DEVO7Eに最新のファームウェア、Deviation Ver3.0.0導入しているからいうことですが、A71O5モジュールありきで他機種とのバインドが可能となっているという認識で宜しいのでしょうか?


それは、モジュール不要であれば、DEVO7Eを海外通販で安く入手して、ファームウェアだけを後で処理すれば・・・、しかし、モジュール無しでは無理なのではないか?と悩んでいた為です。


以上の内容について、皆様のお知恵を拝借出来ればと思い記事にさせていただきました。本来ならば販売元へ聞きなさいとお叱りを受けても仕方が無いかと思うのですが、聞くだけ聞いて購入しないのも、"猫"としていや"人"としてどうなのか?と思った次第です(笑)


誠にお手数ではございますが、ご助言頂ければ幸いです。
宜しくお願い申し上げます!