旅行好きでアウトドア好き。映画好きで動物好き。ラジコンやスキンダイビング他、興味の対象は尽きません。そんな日々の足跡を写真や動画を織り交ぜながら、心の中では永遠の青年を目指ざす日記です♪
 機体修理完了
2013年02月24日 (日) | 編集 |

実は先週、V120D02Sのstunt2の設定を確認しようとしてプロポのスイッチを手前に引いた途端、Master CPが突然暴れ出し、防波堤の向こう側のコンクリート地面に叩きつけられましたww。


そうです。Master CPのバッテリーを挿したままなのでした(>Д<)!!
機体が手前に暴れだしていたら、きっと流血事故に繋がったかと思いますので、不幸中の幸いだったかも知れません。またそう思いたいです。


そして、帰宅後機体の確認をすると、今までにない壊れようwwwwー。


s-DSC06988.jpg

そして昨日の朝、お出かけする前に慌てて機体の修理をしようとしていたら、テールモーターのリード線を切ってしまいました。そして続けてテールモーター自体のリード線も外れてしまいました(涙)テールモーター自体のリード線は今朝、ハンダ処理にて修理完了。テールモーターのリード線はハンダが面倒なのと、パーツ代が安価だった為、他のパーツ類と一緒に本日朝、代引きで届いたものと交換し組み立てました・・・やはり慌てると、ロクなことはありませんね(^-^;)ゞ



s-DSC07095.jpg


s-DSC07096.jpg



実は、頑丈であろうフレームも3箇所も割れていました(汗)フレームも本日到着したのですが、瞬接とグラステープで補修したもので、少し様子を見てみることにしました。(本日のテストホバでは問題なさそうでした)


s-DSC07098.jpg


また、キャノピーもボロボロ状態になった為、これもグラステープの出番で、なかなかの接着力に大満足です。キャノピーの予備はありますが、当分はこれで我慢することにします。


s-DSC06808.jpg

s-DSC06809.jpg



s-DSC07097.jpg


瀕死のキャノピーも何とか修復出来、無事組み立て完了。


s-DSC07099.jpg



次にV120D02Sの状態はというと・・・。
先週の海岸での状態。砂噛みが酷い状態で掃除が大変でした(汗)

s-DSC06991.jpg


その後、遠征フライトでテールブームが割れてしまい、テールローターもどこかへタイムスリップしてしまわれました(笑)


s-DSC07094.jpg


先週は出張他、いろいろとバタバタしていたことを言い訳に、シュミもサボっていましたので、全く背面が出来る気がしません。今日は修理後、2機ともテストホバは無事終了しました。Master CPは、Stunt2で時折サーボの"ひきつき"を感じましたが動画では大丈夫そう。でも一抹の不安が残りますね。





V120は設定をいろいろ変えながらフライト状態を確認していたのですが、以前マイナスピッチが弱い?ような気がしてなりません。試しに機体を引っくり返しましたが・・・以前より下手になり機体を回すことも出来ず、あぼ~ん、、、計5回でした(笑)本日はキャノピーを固定するバーが折れましたが、その他は無事でした。








 北陸遠征~スキー
2013年02月21日 (木) | 編集 |

既に2週間近く経過しておりますが、旅の続きです(^-^;)ゞ


前日恐竜博物館他を堪能したねこたくん家一行は、10日の日曜日は、朝6時起床、半に朝食バイキング、そして7時にはホテルを後にしました。


宿泊したホテルからは約1時間半の距離(積雪の為)にある、殆ど岐阜県との県境にある、福井和泉スキー場へ。いつもは西日本一の規模と云われる「スキージャム勝山」へ行くのですが、穴場を狙ってのスキー場選びとなりました。


s-DSC06915.jpg



設備的には、風防付きクワッドがあるものの、それを含めて2基のリフトしかありませんが、リフト代もお安く、私たちベテランスキーヤーには距離的には物足りない(笑)ゲレンデではありましたが、雪質もほどほどに良く、気持ちよく滑ることが出来ました。


今回の目的は長男(6歳)の初スキー。ホントはボードの方が良いかと思いつつ、
スキーのイントラをやっていた家内の事情で、ほぼ強制的にスキーに。ただし半日以上、息子を教えていた嫁から出た言葉は・・・「来年からはスクールに入れるわ~」と、お疲れクタクタの様子でした(爆)


s-DSC06941.jpg

s-DSC06966.jpg


また、次男坊(3歳)は、取り憑かれたように、ひたすらソリ遊びをしていました(笑)放っておいても一人でソリを引っ張っては滑り、また引っ張っては滑る。誇張ではなく、短い距離とはいえ、40回以上は滑っていたかと思います。

s-DSC06926.jpg

s-DSC06954.jpg

s-DSC06949.jpg


まっ、その分、私は楽でしたが、、、。


s-DSC06973.jpg



帰りの道中、帰宅までは約5時間。


息子は"ボーゲン"もままならない状態ですので、地元のスキー場でもう一回くらい、経験させておきたいのですが、家庭の事情で未定です。もちろん、来冬も強制的に参加させますが(爆)



 V120D02Sでフリップ練習
2013年02月17日 (日) | 編集 |
先ずは、シュミレーター(PhoenixRC)と実機との差に打ちのめされました昨日のフライトを(-_-x ただし三度程は、あぼ~んせずにフライト出来たのですが、それは落下からのリカバリのような気がして・・・イマイチ、納得いくフライトではありませんでした。


動画では、PhoenixRCでBlade130Xを使用して、まだまだ未熟ですが、全方向フリップに挑戦しております。その後、実機でのフライト映像となります。フライト最後にはローターグリップの片方を破損してしまいましたが、ギアを舐めることなく、終了出来ました!!


砂浜の恩恵でしょうか!?ただし、そこらじゅう砂を噛んでしまいますので、後の掃除が大変ですww。





帰宅後、エアーを吹き付けるものの、前夜に有機モリブデンのオイルをスプレーしておりましたので、砂の付着も酷かったです(T-T)




そして、本日のフライト。
今日は息子と計5箇所、公園のハシゴでした。その内の2箇所でV120D02Sを飛ばすことが出来ました。


前日から少しだけ設定を変更しました。

【Stunt2】

スロットルカーブ 100-85-100
ピットチカーブ -50-0-50

ピッチ角は・・・Lで-12~-13


コメントでご助言いただいたことを、前夜からイメトレしながら、本日のフライトに挑みました!!昨日よりは少しだけ、レベルアップしたような?気がしますが如何でしょうか?

やはり、エレベーターで倒したときの、機体の落ち方が非常に気になるところですが、これは、やはり慣れていくしかありませんよねぇ(^-^;)ゞ


それにしても、昨夜からの度重なる"あぼ~ん"で機体を虐めているのですが、キャノピーとスキッドの一部以外、機体の損傷はありません。ギアを一回も舐めていないことに驚きです!!


また、P・Sのカーブ以外は殆ど数値を触っていないのですが、もっと背面で跳ね返るような(V120においてですが)設定等あれば、ご助言頂ければ幸いです。宜しくお願い致します(=^・^=)







 V120フリップ挑戦 再び
2013年02月14日 (木) | 編集 |
何はともあれ(笑)早速参りま~す!!


前回の記事でご紹介した、福井県立恐竜博物館の公園でのフライトの様子を撮影しました。周りを見渡すと・・・そこら中が雪に覆われ、もはやどこがどの公園なのかも見分けが付かない程でした(^-^;)ゞ


新雪は程良いクッションとなり、機体へのダメージを軽減してくれますので、思わず好きになりました。そして、あれからシュミでも多少慣れてきたであろうフリップを、思わず試してみたくなりました(笑)


V120D02Sは、雪のおかげでギア飛び他、破損はしなかったものの、フリップ時の背面のマイナスピッチが効いていないような状態で、当然逝きました~!!・・・機体がひっくり返った状態のまま、引力に従い落下、そして次も同じように落下、そして3回目と4回目は普通のフライトで落下(汗)


"どうなってるねん!?"という思いを抱きながらも、機体を左手で逆さまに持ち、Stunt2に入れた状態でスロットルレバーを操作してみました。確かにマイナスピッチは入っており、天に向かっての揚力は働いているようです。


※ 動画の早送り中は、ほんちさんに習って編集してみました(^-^;)ゞ ほんちさんマネしてスミマセンww

※ 確認不足です・・動画のタイトルがシュミレーターの名になっていました(爆)




では、やはり設定でしょうか?


私のV120D02Sのプロポの設定、Stunt2の設定値は次のようになります。

スロットルカーブ  100-75-100


ピッチカーブ  56-0-56

ピッチ角はマイクロヘリクラスだということで、誤差が大きいということをお断りした上での実測値です。

L・・・-4.5


前回、初めてフリップに挑み撃沈させられた時も、あぁ~、やはり、シュミレーターのようにはいかないんだーと感じました。私の腕(技術)が追いついていないのと、これがシュミと実機との差なんだ・・・と(笑)


有名な「K.S.F.C.(Kanegon-jyuku Safety Fliying Companion)」様のBBSでの書き込みを拝借しますと・・・「3Dとは言わないまでも背面ホバするにしても、背面ホバするのに-5~-7度くらいのピッチが必要ですし、そこからフリップして戻す時にはさらなるマイナスピッチが必要」と説明されています。


そうです!!私のV120は、根本的にマイナスピッチが足りなかったことが判明しました。・・・どうりで墜ちる筈ですね(^-^;)ゞ フライトする前に、ちゃんと確認せ~よ!!とご指摘を受けそうな、お恥ずかしい原因でした。

また、よ~く確認すると、片方のメインブレートを手で引っ張るとスピンドルシャフトごと前後に動きます。これもバラして点検することにします。ピッチが変なのは、ヘッドのガタのせい・・・とクマー隊さんとこでも拝見しましたし。


で、次回再トライします!!

雪のクッションの恩恵は、もう受けれませんので、気合を入れて、マイナスピッチも沢山入れて(笑)挑みたいと思います(=^・^=)