旅行好きでアウトドア好き。映画好きで動物好き。ラジコンやスキンダイビング他、興味の対象は尽きません。そんな日々の足跡を写真や動画を織り交ぜながら、心の中では永遠の青年を目指ざす日記です♪
 V120D02S ふたつの運命
2012年11月26日 (月) | 編集 |

24日土曜日のフライト結果です。

実は、昨晩記事を更新しようと思っていたのですが・・・動画を編集してからソファで転寝。おかげてテレビの「ほこたて」の対決の結果を見ずに夜中の0時前に起きて、そのまま就寝となりました(^-^;)ゞ


自分が思っている以上に、体か?心か?どちらかわかりませんが、疲れているのかも知れません(汗)


土曜日は一日中、曇天でしたが、「そんなの関係な~い」息子たちを連れて郊外の公園へ。

s-DSC06120.jpg



こんな木々が立ち並んでいる空間で飛ばすなよーと、お叱りを受けそうな場所で、先ずは6軸のNew V120D02Sを、欲望にかられ飛ばしてしまいました(汗)


当然、近くにも人が居てますし、隅っこの広場で軽~くホバだけでもと思っていたのが間違いで、案の定、少し機体が私から遠ざかってしまったと同時に、木の枝に激突してしまいました。


s-DSC06134.jpg



被害状況は、上記キャノピーとメインギア、リンケージ紛失1本という最低限の損傷でした。


・・危険予知が出来ておりませんし、不注意以外の何物でもありません(T-T)
人間って同じ間違いを繰り返してしまう動物なんですねぇ~(爆)


そこでのフライトは2本目のバッテリーで終了しましたので、10分に満たなかったかと思います。


この公園は敷地面積は広いとはいえ、遊具が少なく子供達にとってフラストレーションが溜まる公園でしたので、すぐ飽きてしまい、またまた別の公園へ行くこととなりました。せっかくのヘリをすぐ堕としてしまった私も、子供達同様、フラストレーションが溜まっていました(笑)


そして、車で移動すること30分ほど、ネットで事前に調べておいた海沿いにある、初めて行く公園です。


s-2501_1161_20121126212721.jpg

公園の眼下に広がる砂浜、対岸に見えるのは淡路島です。


私的には、砂浜の幅がもう少し長かったらという気持ちがありましたが、子連れで贅沢は言えませんww。それに最初の公園と比較すると、広さと障害物の少なさには雲泥の差がありました。浜風が強い中、海にポチャりそうな時もありましたが、なんとか3軸のV120D02Sは無事フライトしてくれました。





息子達もこの公園は満喫出来たようで、私も、30分程の時間でしたが、それなりにフライト出来てストレス解消となりました。また、遊びに来よう!!ということで潮風漂う公園を後にしたのでした♪


s-DSC06124.jpg

今日のフライト

New V120D02S(6軸)・・・
木の枝に衝突 あぼ~ん フライトタイム 7分(動画無し)

  V120D02S(3軸)・・・
そこそこ快調も、ピルエットで姿勢が大崩れ、要調整。 フライトタイム 20分余り




 空撮用カメラ ゲッチュー~
2012年11月21日 (水) | 編集 |

ホビキンで12月9日に注文した、マイクロビデオレコーダーが12月17日に着弾しました!! しかも、International Air Mailで、 $6.99という、激安な送料です。


s-DSC06077.jpg


s-DSC06076.jpg



録音用マイク部は、固定されておらずブラブラと動くし、怪しさ満載(笑)のバルク品ですが、モーションキャプチャーやTVアウトも付いており、意外と
高機能なのには驚かされます(^-^;)ゞ


【主な仕様】

HD Wing Camera 1280x720p 30fps 5MP CMOS
Video resolution: 1280x720p 30fps
Photo resolution: 2560x1920 JPG
Weight: 29.4g
Price: $36.32

実はこのカメラには上位版である・・・

HD Wing Camera II - Full HD 1920x1080P 30FPS
Weight: 86g  $97.99というのが発売されていますが、怪しさ変わらずのバルク品仕様で、その価格さとその重さのせいだと思うのですが、あまり使用レポを見ることが出来ないのを考えると・・・売れていません(笑)


とにかく、安さと軽さで選んだような一品ですが、一応、私も"安物買いの・・・"にはならないように、ユーチューブの動画をググってからの発注で、実際に使用した画質全般と使い勝手、ヘリに搭載時の振動対策について、私なりに検証をしてみました。


今回は、手元にマイクロSDカードが無かったので、携帯電話の1GB(速度不明)のを使用しての撮影です。「Class10のカードを使用すると良い」というカキコを見ましたので、別途、8GBのを注文済みです。


17日の土曜日は、皆さんご周知の通り、全国的に一日中雨の悪天候でした。わたしもゆっくり部屋で、200SD3の調整他をしようかなと思っていたのですが、子供たちには、そん天候など関係ありません。


家内は相変わらず育児ストレスが溜まっていますので、私が息子たちを連れ、室内遊技場のあるショッピングモールと温泉へ行きました。詳細は省きますが、たまに行くこの温泉、未就学児は何と!!ひとり60円、大人も410円という銭湯並みの料金で、露天風呂もついていてお得です。


結局、昼過ぎから出かけて帰宅は午後7時前になりましたが、ヘリには触れることが出来ませんでしたが、カメラテストは行いました。


動画についての簡単な説明ですが。


17日、土曜日は室内遊技場での様子(愚息が登場してますww)
18日、日曜日はMaster CPに搭載した振動テスト。

それぞれ、動画に入れてある写真(静止画)は、HD Wing Camera で撮影したものとなります。


s-DSC06074.jpg


s-DSC06075.jpg



振動テストということで、非常に低空しか上げておりませんので、空撮というのには、程遠い撮影となっております(汗)、実際は、動画の倍以上の高度へもフライトさせていたのですが、動画フォーマットがAVI形式の為、マイクロSDカードの容量が、すぐ一杯となり撮影出来ていませんでした(T-T)





撮影後の動画を見ると、解像度は低いのは仕方ないとして、振動については、対策を施さなくとも大丈夫そうですね。操作性に関しては、各スイッチのオン・オフ時にバイブレーションがブルブルっと反応して、意外と・・・使いやすかったです。


元々、イノベーターに搭載するつもりでしたが、Master CPでも使用出来そうです。


これで、何とか"盗撮"いえ、"空撮"の実現化が見えてきました(^o^)y-




 Airwolf 木を見て森を見ず
2012年11月17日 (土) | 編集 |
2012.11.12 追記で 「帰宅後のことですが、何とか、無事浮上するところまで辿りつけました ヾ(^o^)明日以降、再度、テストホバをリトライした上で、ご報告させて頂きます!!」


と書きましたが・・・実は、あれから再び悶絶の調整の日々が続いておりました(汗)それもとても単純な思い込みによるものでした。


私のような間違いをする人は・・・たぶん居ないと思われますが(笑)、不甲斐ない私への自戒の意味も含めて、敢えて!!記事とさせていただきます。


原因解決に至るまでの間、同じ、Walkera Airwolf 200SD3のオーナーである、"ちゃんちゃんさん"には、大変、お世話になりましたこと、この場をお借りして、改めてお礼申し上げますm(__)m


さて、前記事の、薄暗い夜間テストフライトでの墜落は、高度2m前後という低さにも関わらず、サーボが2個逝ってしまわれていました(T-T)


このサーボも、正常に機能しているかと思えば、動かしている内に突然の"ひきつき"の症状が現れるといった、困ったちゃんでしたww 今回は、サーボセイバーを全てのサーボに施していたのですが・・・どうもサーボを固定するネジの緩め具合が悪かったようです(^-^;)ゞ


確か、クマー隊さんが「ねじ頭が0.5ミリくらい浮いた状態」とご説明されていたのを後で(汗)、思い出しました(V120に対するお話でしたが)


突然の"ひきつき"は、突然の"蛙飛び"を誘発し、幾度と無くメインローターを床に打ち付けていく結果となり、このパーツも最終的には交換する羽目となりました(涙)


0ピッチ調整、プロポのリセット他、もう恥ずかしくて書けないような、初歩的な調整多々を、先週の土日のフリーな時間全てに費やしていました(^-^;)ゞ

スワッシュの水平・リバース設定・ピッチ角・ジャイロ感度設定・ピニオンギアのバックラッシュ調整・レシーバの感度ダイヤル等を確認し、これで大丈夫でしょう、大丈夫であって欲しいという願いを込めて・・・またまた浮上テストです。


そして、冒頭に書いた12日の自宅でのホバの成功を確認した後、そのままの設定で、翌日夜に再度浮上テストを行い、テストホバ終了!!と計画していたのですが、機体が全く浮上しません ヽ(ill゚д゚)ノ アンビリバーボ


帰宅後、調べると鬼ピッチ付いており、とても浮上できるような状態でありませんでした。


・・・一夜のうちに


・・・ピッチが勝手に


・・・変わってしまうことなんてあるのでしょうか?


ただ、前夜に気になっていた点として。


エレベーターサーボとスワッシュを繋いでいるリンケージの"角度"が垂直になっていないということ。ネットで、ココだけのアップの写真を探して見たのですが、あまりドンビシャの写真は見つからず、ただ、私が今までに撮っていたのと比較すると、やはり以前は、垂直の角度でした。


以前の200SD3


今の200SD3


今の拡大2




その為、リンケージの"角度"を正常にしようと、エレベーターサーボ自体を左右回転させて取り付けると、当然、サーボホーンの動作も逆になる為、エレベーターサーボのリバース設定をノーマルに変更していました。


これが不具合誘発の原因かどうかはわかりません。
レシーバーへのサーボコネクターを刺す位置も違っていましたし(汗)


結局、この状態で正常に浮上しなかった為、改めて、200SD3のマニュアルを見ながら、サーボ(エルロン・ピッチ・エレベーター・ラダー)の機体の設置を最初からやり直し、レシーバーへのサ-ボコネクターの接続もマニュアル通りに処理しました。


で、リバース設定も"デフォルト"の設定である、エレベーターとピッチのみリバースで、後はノーマルのままで、スワッシュの動きも、ようやく正常となりました。


しかしです!!まだリンケージの"角度"が垂直になっておらず"斜め"です!!
このままでもちゃんと浮上することは、自宅で確認済みでしたが、一抹の不安が残り、正直、気持ち悪いです。


そうこう悩んでいる中、ちゃんちゃんさんの「サーボを固定している、台座を180°左右を逆にして下さい!」という、写真入りアドバイスで、ようやく解決に至ったということでした。


s-DSC06041.jpg


・・・これって、左右対称じゃあなかったのですね(汗)


タイトル文に繋がりますが、結局私は、サーボ本体しか見ておらず、それを支える台座の位置関係の意識が全くありませんでした、ということ。


物理的にも、よく考えるとわかる筈の内容で・・いや~恥ずかしい(^-^;)ゞ


こうして・・・私は止め処なく脈打つ"偏頭痛"から、ようやく開放されたのでした(爆)


テストフライトは約12分間、少しハンチングをしておりますが、まずまずの出来かと思います。勿論、退屈な動画ですので3分間余りに編集しております(^-^;)ゞ また、懸念されていたアポロギアの欠け等も発生しておりませんでした。






これで、ようやくスタートラインに立てた状況になりましたが、思い返せば"恐ろしい程"の時間を、この機体には費やしております(^-^;)ゞ


ちなみに動画の背景に映っているのは、明石海峡大橋です。




 Airwolfのテストホバの結果
2012年11月10日 (土) | 編集 |
前回の記事は、根を詰めて作業していたので、祈りにも近い思いで、今回は何とか不具合解消!!と、ご報告したいと思っていました。


昨日のテストは会社帰りの為、ナイトフライトではありませんので、それなりに街灯が設置されているところでないと、浮上テスト中に機影を見失い、墜とす可能性についても危惧されます。


幸い陽が落ちてからは気温も下がりますし、遊んでいる子供も少なくなってきておりますので、帰り道で見つけた公園のスペースで、テストを実行しました。


今朝も昨日に引き続き、血流の悪さから発症した・・・偏頭痛が続いております(-_-x



その為、動画の中にも説明書きを入れておりますので、今回は簡潔な記事にします(笑)






帰宅してからパーツの確認をしたのですが、メインギアとメインフレームのスワッシュを差し込む?部分が折れてしまいましたので、メインフレームを交換しなければなりません。


ここは今回の調整中に折れていましたので、瞬接で固定していただけですし、パーツは本日到着します。


幸い、懸念していたアホポロギア類は大丈夫かと思いましたが、3分間という短いフライトでは・・・まだまだ心配は拭い切れません(^-^;)ゞ


明日は雨の予報ですので、バラしての組み立て修理がありますが、何とかテストの再トライを実行してみたいものですね。

2012.11.12 追記 

本日帰宅後のことですが、何とか、無事浮上するところまで辿りつけました ヾ(^o^)
自宅の駐輪場でのテストだった為、動画もありませんので、明日以降、再度、テストホバをリトライした上で、ご報告させて頂きます!!

いろいろとお気遣いいただき恐縮でございますm(__)m