旅行好きでアウトドア好き。映画好きで動物好き。ラジコンやスキンダイビング他、興味の対象は尽きません。そんな日々の足跡を写真や動画を織り交ぜながら、心の中では永遠の青年を目指ざす日記です♪
 V120D02S Halloween canopy
2012年10月29日 (月) | 編集 |

Walkera V120D02S用のハロウインバージョンのキャノピーが到着しました。


hobbyoneでは、もうひとつデザインの違うキャノピーも販売されていますが、こちらはブラック基調のデザインですので、視認性に問題有りということで、購入を思い止まりましたww


あっ!!よく見ると片方の黒い方のは、Genius-CPのキャノピーでした(汗)
V120D02S用のが2種類あるのだと思っていましたので、購入しなくて良かったですww


s-CANOPY.jpg



購入したショップであるhobbyoneは、香港にありますが、UPSの配送で出荷日から2日間で神戸へ到着しました・・・配送料金の価格の高さに比例して到着スピードも短縮されたということでしょうか(^-^;)ゞ


実際に手に取ったキャノピーのデザインは、写真で見た通りの印象でしたが、2色使いのみのカラーでしたので、何となく寂しい感じでしたので、ステッカーを何枚か貼り付けたら、気分的に落ち着きました(笑)


s-DSC05842.jpg



取り急ぎ早めに記事を上げたかったものですから、昨日の日曜日の夕方前に自宅近くの空き地でかる~く、フライトさせました。機体のV120D02Sは3軸のタイプです。





Master CPについても同様に、ショップ オリジナルキャノピーを販売して頂ければ、自分でペイントする必要や、汎用のキャノピーを探す必要もなく、非常に嬉しいのですが・・・ (=^_^=)



 日曜はダメよ
2012年10月28日 (日) | 編集 |
出張の日から数えて今日で3日間雨です。


幸い向こうでも小雨が止んでいる時間があり、何とかFutabaのサーボに交換したMaster CPちゃんのテストホバが出来ました!!


前回の出張時にカーナビと睨めっこで見つけたお気に入りの場所です。


s-100_0334 - コピー


土曜日は午後2時には仕事が終わりましたので、本来ならは軽くフライトさせてから電車に乗れば良いと思っていたのですが、朝から終日小雨~弱雨状態だった為、諦めました。

その為、金曜日のお昼に撮影したものの動画です。その日も朝から小雨混じりの天候でしたが、幸い山間部では雨も小康状態となっていました。


前回の墜落で、キャノピーの塗装も剥げていますが、シールを貼って誤魔化しています(笑)


s-100_0327 - コピー



今回は、テツテツさんの"解体新書"の設定を、そのまま使用させていただきました。バタバタと仕度して出掛けた為、ホールドの設定やタイマーの設定を済ませていませんww


ですから・・・無理しない、墜とさないを念頭に置いてのフライトです。





ところで、本日は幼稚園のイベントで、足元ビチャビチャ状態でしたが、家内がイベントの係で先に幼稚園で降ろし、息子たちとは近くの公園へ。


約40分程の余裕がありました。

上には高速道路が走っていますので、下は大雨で無い限り、濡れずに遊ぶことが出来ます。で、そういうことを予想して、Masterちゃんを車に積み込んでいました(笑)


しかし、雨の日。時間があまり無い。息子連れ。
そして何より狭いです(汗)


こんな日曜日には無理して飛ばすことは止めておけば良かった・・・は、後の祭りです。
且つ、帰宅してからは雨が上がり、時折陽も差す天候になってきました(^-^;)ゞ


s-DSC05845.jpg


被害はリンケージの割れ(これは飛んでいったのを偶然見つけたものです)と、スワッシュプレートが思い切り割れて、壊れてしまっています。



原因は・・・Masterちゃんをハンドキャッチしようとして、右腕にブレードを殴打してしまいました。ジージャンを着ていましたし、打った瞬間は激痛が走りましたが、幸い怪我は無し。特に痣にもなっておりませんので、写真も撮っていません。


実はこのハンドキャッチは、出張先で簡単に出来ていたのですが、撮影していなかったので上の動画に追加しようと欲を出し・・・こんな結果になってしまいました。


で、"こんな日曜日はダメよ"、ということで。


実はタイトルになったこの言葉は、昔のギリシャ映画の作品名です。


年代が年代だけに、私も後にビデオで見たのですが、主演女優のメリナ・メルクーリという変わった名前と、アカデミー賞歌曲賞受賞に輝いた主題歌が、強い印象で記憶に残っていました。





P.S

Master CPちゃんのハンドキャッチは、必ずやリベンジしますので、次回は顔面流血を披露出来るかも知れません(爆)


 Master CP サーボ交換後・・・
2012年10月25日 (木) | 編集 |

200SD3もいよいよ面倒になってきましたので・・・というのは嘘で(笑)、テスト中にメインギアをナメてしまったのと、ドライブシャフトのDカットも怪しくなってきていましたので、パーツ待ちの状態です。


で、Master CPですが、昨夜からだいぶ前に購入したFutabaのS3114のサーボ交換作業に入りました。この作業をこのタイミングでやっていることから、日々の時間の無さと私の手の遅さを痛感します(^-^;)ゞ サーボはヤフオクで3個セットで送料込みで3,950円でした。



s-DSC05830.jpg


サーボホーンを取り付けようとすると・・・微妙に穴が小さく全く入りません。その為1mmのドリルで穴を広げ、ようやく取り付け完了。



s-DSC05832.jpg

ホーンの余分な部分(3方)をニッパーで切り取り、取り付け可能な状態になりました。


s-DSC05834.jpg

そして、最初から調整しようと思い、サーボのニュートラル出しをしてから、スワッシュの水平を取ります。レベラーは、200SD3用にTAROTのレベラーにパイプ刺して以前作ったものが使えました。写真の状態は、送信機,受信機の電源を入れ,アイドル2でプロポのスティックを全て中立にしたものです。

ほぼ、水平が取れているものと思っていたのですが、ピッチを上下(つまりロー&ハイ)させると、エレベータサーボのホーンが他と逆方向に動いている為、スワッシュプレートが思い切り傾きます(汗)これって、水平のまま上下に移動しなくてはならなかったと思うのですが・・・



s-DSC05836.jpg


動画20秒以降は、プロポでリバース設定をいろいろ触ってみたのですが・・・動きに変化がありません。この項目を触ること自体お初の経験でしたが、またまた私はどこかボケた設定をしているのでしょうか?

毎度、初歩的な内容で申し訳ありませんが、ご助言頂ければ幸いです。宜しくお願いいたします。

以上、0ピッチ調整に移りたくても移れないという、悩み多き、ねこたくんでした。・゚・(ノД`)・゚・。






 Airwolf 200SD3 Help (-_-x
2012年10月21日 (日) | 編集 |
昨日、スケールボディ無しでのホバリングを、パーツの装着忘れという失態で、実行できませんでした。


行き急ぐわけではありませんが、パーツの総点検を済まし、メカトラブルの可能性は限りなく少ないという結果と、200SD3の突然ピルエット状態は、テールギアの噛み合わせ不良による、ギア欠けだと判断して、スケールボディを装着してしまいました(^-^;)ゞ


今日は朝から家内の実家へ。実家近くのイトーヨーカ堂でお昼の買出しをし、実家へ行った後、近所の神社のお祭りへ。私自身、そんなにお祭りが好きなわけではありませんので(雑踏が苦手)、いつも露店目当てですが(^-^;)ゞ

s-DSC05800.jpg


s-DSC05791.jpg



そして近くの公園で子供達を遊ばせ・・・隙を狙って近所の広場でホバリングテストを目論むという計画です(笑)


そして目的の場所へ。
人口密度の違いからか、人は居ませんが、ねこもいません(笑)


s-DSC05801.jpg



いよいよドキンちゃん、いえ、ドキドキの浮上テストです。





2分20秒のホバリングを経て、一旦着地。テール側のギアを確認する為でしたが、大丈夫なようです。


で、もう少し長い時間、流そうと思った浮上わずか30秒後に、よもやの機体がピルエット状態に。私の頭の中も完全にピルエットでした(汗)


現場ですぐさまテーギアを確認しましたが、前回のようなギア欠けは発生しておりません。


s-DSC05803.jpg


ただし手でテールローターを回すと、メインローターも回ります。??????????そして、手で機体を持ってヘリを動かすと、徐々にテールローターの回転が弱くなり、動画の後半にあるように、全く回転が止まってしまいました(汗)


後方ギアの噛み合わせに問題が無い以上、空転してしまうのはメインギアを含めた前部のギア類の噛み合わせしか考えられません。


帰宅後、即効で機体をバラシ、前部のテールブームホルダーの確認です。ギア類を見る限り、ギアに多少の"アタリ"があるような気もするのですが、概ね問題無いように思われます・・・ですが、今度は赤色で丸く囲んだギアが時折、空転しています。ギア欠けはありません。


s-DSC05806.jpg


s-DSC05808.jpg

子供をお風呂に入れながらも考えていたのですが・・・原因不明です。後はシャフトドライブかなと思い、それもバラしたのですが、割れ及びDカットの両端部も形は崩れておりません。


ちなみに、私はシャフトドライブにベアリング(No.71)をひとつ追加しておりますが、これが影響しているわけではないと判断しています。解体図テールブームの上側に貼り付けている写真は、実際にバラしたドライブシャフトです。後、考えられるのはドライブシャフトに刺しているコーンギアが駆動時に前後にズレ、他のギアとの噛み合わせが甘くなってしまうのでは?と考えているのですが。


s-ドライブシャフト


しかし・・・今回は大丈夫!!だと思っていたのですが。幸いメカも含め、スケールボディに被害はありませんでしたが、今年の1月に購入してから、既に9ヶ月以上の時間が流れています(汗)経験値を積むという観点からは意味もあるのかとも思いますが、精神衛生上は非常に悪いですね。MasterちゃんのFutabaサーボ他も、全く取り掛かれないですし(涙)