旅行好きでアウトドア好き。映画好きで動物好き。50歳をとうに超えたシニア世代ですが、まだ幼い息子たちの成長をはじめ、ラジコンやスキンダイビング他、興味の対象は尽きません。そんな日々の足跡を写真や動画を織り交ぜながら、心の中では永遠の青年を目指ざす日記です♪
 日本海!!そしてNew V120D02S 着弾♪
2012年07月31日 (火) | 編集 |

暑中お見舞い申し上げます。


しかし・・・本当に暑いです(≧∀≦)
8月生まれの私ですが、寒さには強いのですが暑さには滅法弱いのです。


Airwolf 200SD3&V120D02Sとも、調整を進めていかなくてはならないのですが、我が家お約束の日本海への日帰り海水浴へ、先週の土曜日に行ってまいりました。


場所は鳥取県にある浦富海岸という景勝地。ここら辺は、京都の丹後の網野海岸から兵庫県の日本海側と合わせて、山陰海岸国立公園で、同じ兵庫県の瀬戸内側の海と比較すると、キレイさが異次元の世界となっています(笑)


朝5時半起床で6時過ぎに自宅を出発。9時前頃に現地到着して、午後1時過ぎまで遊び、それから鳥取「こどもの国」へ水着ののまま、車に乗り移動すること15分程。4時前まで滞在し、夜の7時前に帰宅しました。


海岸でシュノーケリングをした際の動画を、今は無き(販売終了)、サンヨーのXacti(ザクティ)CA100で撮影しましたので、全くヘリと関係のないものとなりますが、宜しければご覧ください。




そして、昨晩のことですが、遠く香港から「New V120D02S」が到着しました。


s-DSC04657.jpg



V120D02Sは相変わらず、シャフトドライブの駆動伝達に悩み続けていました。


s-DSC04658.jpg



修理・調整の過程で、サーボ類はギアのみ交換したりとかして再生しようとしたのですが、本来の正常な動きがよくわからなくなっている上、Main Frame、Main Gear、Screw Set、Servo Holder、Tail Boom、Tail Shaft Set、Tail Driven Shaftも交換する予定です。


たとえば、サーボ類(テイルサーボ以外)は新品を購入し、上記、もろもろのパーツを揃えるとなると・・・ヘリもんさんでは、送料込みで8700円余りとなります。


結構しますねぇ~、じゃあということで、同じのをもう一機購入して、今のV120と比較ようかなとも考え、・・・しかし、どうせならば、Newの6軸の方にしようかと、価格を調べてみると、


eHIROBOが最安で、今ならリポが2ヶ無料で付いてきて、下記の価格でした。


本体が、US$169.99  送料は、Air Parcel Rate (7 - 14 営業日以内に主要国) US$24.64で、合計 → US$194.63


既に、気持ちはおにゅ~の方へ傾いていましたので、先週の24日火曜日に発注。
以前、200SD3 Fuselage(With light)やV120D02Sのパーツを購入した「hobbyone」もそうでしたが、7 - 14 営業日以内という納期でしたが、6日間で自宅に納品されています。


週末までには、New V120D02Sと、手持ちのV120D02Sのパーツ類の比較をして、何が影響してシャフトドライブの駆動伝達が悪くなっているのか究明する予定です。


夏季休暇も近づいてきましたので、何とかイノベーターを含め、3機とも、九州遠征に持参出来れば良いのですが(^-^;)ゞ



 Airwolf 200SD3 TESTホバの結果は
2012年07月23日 (月) | 編集 |

Walkera Airwolf 200SD3のテスト飛行を、ようやく果たすことが出来ましたww


最近、他の機種も含めて、全く飛ばしていなかったので、緊張という文字がプロポにも、私の脳裏にもぶら下がっているような、操作となりました(汗)


全然、華麗とは程遠い操作となっていますが、一応、復活動画!!ということで、ご笑覧頂ければ幸いです。


・・・しかし、残念ながら2分30秒あたりで、機体が変な挙動をし、敢え無く撃沈しました(涙)


まだ機体をバラしておりませんので、損傷の度合いと、コントロール不能の原因はわかっておりませんが、サーボとギア類だけなら良いのですが。メインローターで地面を叩いた為、幸いスケールボディは大丈夫でした(汗)

今回はアイレベル以上、高度を上げなくて、結果的には良かったかと思います。






瀕死の怪我を負った動物の最後のよう?に、サーボがプロポの操作をしていないのにも関わらず、ヒクヒク動いるのが、おわかりになるでしょうか? 動画のラスト30秒のシーンとなります・・・哀愁漂う姿に、少々、意気消沈でした。


世間では九州地方も含め、ほぼ梅雨明けが進んでいる中、私のWalkeraは、じっとりとしたモヤモヤ感で一杯です(T-T)


と、後ろ向きな言葉を吐いているだけでは、前に進めませんので、気を取り直してV120D02Sとともに、今後の調整の予定を考えます(笑)


 200SD3のテールギアケース ビス止め
2012年07月19日 (木) | 編集 |
Walkera Airwolf 200SD3の調整が完了しました。


先日のメインローターグリップのリンケージを合わせる部位が、ポキリと折れてしまった件ですが、結局、新しいのを入手しました。


最初は、Walkera Airwolf 200SD3の、ローターグリップ1セット分の価格が異常にお高い為、海外調達も視野に入れて考えていました。


しかしながら、海外で調達すると、送料は勿論のこと、ヘリモンさんみたく、翌日にパーツが届くことはありませんので、少しだけ悩んで、結局は、国内調達としました。


パーツは、ヘリモンさんへ火曜日に発注して水曜日に自宅ポストに届いておりました。


そして、予てから一番の悩みである、テールギアケースの隙間問題です。


これについては、ホームセンターで精密ねじCセット(1.7mmビスセット)と、Dセット(ナットセット)を購入という、具体的なパーツまでご指示頂きました、くまさんさんに感謝!!感謝!!です(=^・^=)


s-DSC04050.jpg



ギヤケースの穴を1.7mmのピンバイスで大きくして、上記、ビスとナットで固定するという方法でしたが、私はピンバイスを持っていなかった為、去年、プラモデル感覚で作った電動ドリルを使えないかと思案しました。





この電動ドリルが笑えます。

モーターはミニ四駆用ですし、プラモみたくバラバラのパーツを自分で組み立てていくというもの。低速回転しかしませんし、ヘリの作業で使うことがあるかも知れないということと、自らの工作練習用として購入していました(^-^;)ゞ


そして、コーナンで1.7mmというサイズ物色していたのですが、ぴったしのサイズのものは販売されておらず、結局、1.8mmのドリル刃を購入。ちなみに、このドリルは1mmから3mmまでのドリル刃を装着可能です。


s-DSC04055.jpg



念の為、以前壊してしまったテールギアケースを、穴あけ練習用として使い、何とか大丈夫という確信を得てから、本番の処理へと移行しました(汗)

s-DSC04052.jpg



グイグイと、テールギアケースが締まっていく感覚が指に伝わり、気持ちよいです!!全く隙間のないテールギアケースを見て、今までのフラストレーションが、一気に吹き飛んだ気持ちでした(^-^;)ゞ


s-DSC04441.jpg


s-DSC04439.jpg



ビスが突き出ている余分の長さについても、くまさんさんのご説明の通り、ポケットカッター で切り落としました・・・完璧だぁ~(ほぼww)


s-DSC04435.jpg


s-DSC04437.jpg



最後に機銃をボディに装着して、完了。


6畳部屋での機体の浮上は夜間であることもあり、とても五月蝿く、且つ狭いスペースで危険度満点(笑)です。ですので、20cm程の高さでのテスト。ちゃんちゃんさんにアドバイス頂いておりました、テールギアの回転を上げた時の 摩擦も大丈夫そうです。


後は、華麗な動画に挑むだけです!!


ただし、機体完成後、すぐ堕ちてまた修理となると、精神的にすご~く悪いですので、あくまでテスト飛行としての動画ということで、ヨロシクです(爆)




 ゴールデンスランバー
2012年07月17日 (火) | 編集 |
ゴールデンスランバーは、3年前に劇場公開された邦画です。

Walkera V120D02Sの、シャフトドライブの駆動に悩んでいる私ですが、息抜きもあり、 昨日の「海の日」に、決して涼しくない自室で扇風機を回しながら、その作品を鑑賞していました。





映画のタイトルとなっている、「ゴールデンスランバー」とは、ビートルズの唄にあるそうで、「黄金のまどろみ」という意味だそうですが、ビートルズ世代ではない私は、そんな唄があったことすら知りませんでした(^-^;)ゞ


ゴールデンスランバーについて、ちょっとググってみますと、英国や米国で古来から伝承されている童謡として有名な「マザー・グース」に収録されている、イギリス・エリザベス朝の劇作家、トマス・デッカーの手による子守唄に「Golden Slumbers Kiss Your Eyes」という1節があるそうです。


そして、父親の家に遊びに行った際、その1節を見たポール・マッカートニーが、そこからヒントを得て、ビートルズの「Golden Slumbers」が生まれた、とも言われているらしい。


さて、映画のストーリーは、凱旋パレードをしている大統領の頭上で、遠隔操作されたラジコンヘリに積んだ爆弾により、総理大臣が暗殺され、近辺に居た全く関係の無い主人公が、犯人に仕立てられ追いかけられるというもの。


・・・ヒッチコックの「間違えられた男」を彷彿とさせる展開でした。


もともと、この映画にはラジコンヘリが出ているということで、興味津々、期待値Maxで観てみたのですが・・・


ヘリのシーンなんて一瞬でしたヽ(ill゚д゚)ノ


プロポの長いアンテナを見ると・・・2.4GHのラジコンではないみたいでね。
赤丸で囲んでいるヘリが襲撃用に使用されたヘリです!!

s-WS000003_20120717205008.jpg


s-WS000002_20120717205007.jpg



私は映画館であろうと自宅であろうと、面白くない映画ですと、必ず黄金のまどろみ状態になってしまいます(笑)


しかしながら、今作品は、映画としては結構、オープニングからグイグイ引っ張るシナリオで、それなりに楽しめましたヾ(^o^)


肝心の謎が解けていない残念な部分もありますが、ラストの落ちもそれなりに納得!!先日DVDで見た「モテキ」をはじめ、邦画でも結構面白い作品はあるかと感じます。


最近、テレビが面白くないという声をよく聞きますが、本当にそうなのでしょうか?


バラエティやドラマ、そして「夢の扉」や「情熱大陸」「世界不思議発見」・・・etc、そしてスポーツ全般、私には見たくても時間が許さないほど、触手を動かされる番組はたくさんあります。


特にドラマでは、若手の俳優の演技の上手さに驚かされます。武井咲はもとより、先日から始まった反町隆史と松島菜々子が結婚するきっかけとなった「GTO」のリメイク版では、名前も知らなかった若手の俳優達がたくさん出てきています。


「GTO」のヒロインの冬月先生役は、SONY損保のCMで有名な、瀧本美織が演じ、主演の鬼塚役には何と、エグザイルのAKIRAが抜擢されされました。


前作のGTOはスペシャル版が作られる程、人気を博したドラマだっただけに、若手俳優の成長とともに、今後の展開が楽しみですね。