旅行好きでアウトドア好き。映画好きで動物好き。ラジコンやスキンダイビング他、興味の対象は尽きません。そんな日々の足跡を写真や動画を織り交ぜながら、心の中では永遠の青年を目指ざす日記です♪
 ガバナーモード
2011年03月31日 (木) | 編集 |
前回の墜落で、テールブームとテールローターの部品を交換しました。



最初はとっつき難かった、イノベーターの"E-Manual"については、今回のような部品交換の際には、ペーパーでは表現し難い、立体的な説明となっており、非常に初心者にとっては、わかり易いものだと感じさせられました。



また、テールブーム交換の際には、初めてベルトのテンション(張り)を確認し、少し緩めでしたので、調整しましたが、どれくらいの"たわみ"が必要なのかは、具体的にはマニュアルにも説明されていません。



ドライバーなどでベルトを押して5mmほど、たわむのが良いとかの説明を、ネットで見つけたのですが、この5mmほどの微妙な数値に合わせることが困難に感じました・・・・それはベルトを押す力加減で、変わってくるわけですので。



そして、いつもの自宅近くの公園での練習に向かいます。



この日は"ハンチング"と呼ぶのでしょうか?機体が空中でブルブル震えます。
メインローターの回転が遅い時には、ローターが上下振るような振動が発生することは調べて知っていたのですが、原因がよくわかりません。


ブルブルをそのまま気にかけず飛ばしていると、機体は大きく傾き、その後、地面に落下ということを経験上、学習していました。



そこで、同じ回転数のまま、"ガバナーモード"というものに切り替えをすると、
機体の振動は治まりました。他のヘリを知らない私ですが、イノベーターは送信機側で2種類の飛行モードを切替えて操作出来るようになっています。



"ガバナーモード"とは、何でも、「設定した回転数でローターが周り続けますから、エンコンを下げてもモーターは停止しませんのでご注意をと」、マニュアルでは説明されていました。



"ガバナーモード"により、ローター回転数を一定にし、ヨー軸(ヘリで言うラダーの動き)を安定させ、ヘリのコントロールがし易くなるそうです。



どちらにしても機体を落としたくないので、その日は"ガバナーモード"で飛ばすことに決めました。機体を壊さずに帰宅する・・・精神的に全然違います!!



結果、機体の損傷も無く、この日の"タキシング"は私にしてみれば、まぁまあ良い部類に入るのでは?と思います。



初心者は、ピッチとスロットルの関係を理解するためにもガバナーは使用せずに調整したほうが良いという意見もありましたが、今後の参考にしたいと思います。






 連続部品破損
2011年03月27日 (日) | 編集 |
先日見つけた公園へ、家族ともども散歩を兼ねて出かけました。



自宅から少々離れていますが、人の介入も全く無い空き地が公園に隣接していますので、子供達は公園で遊び、お父さんはヘリの練習という構図が出来上がります。



この日は、事前に購入していた純正の「木製ローター」を使用してみることにしました。



木製ローターの厚みがあるせいか、ローターグリップに装着すると・・・ちょっと硬いなという印象をもちました。



というのも、メインローターは、取り付け後、緩過ぎずキツ過ぎず、手で軽く回転してしまうくらいの固定で良いということを、ネットの情報として記憶していましたので、この「木製ブレード」のキツさは、大丈夫なのかと案じていました。



しかしながら、厚さの問題ですので、ローターグリップの構造上、緩くする術もありませんので、そのまま使用することにしました。



木製ローター装着前に写真を撮りました。



イノベーター純正品のローターにも関わらず、ローターのバランスが結構狂っていて、その分、軽い方にシールを貼り付けて、調整しています。

DSC04019.jpg



正直、タキシングも"ままならない"状況下において、ローターが樹脂であろうと、木製であろうと、カーボンであろうとも・・・飛びの違いがわかる筈もありません、といおうか、自分の意思では飛んでもいませんが(T_T)



そして、開始早々、初めてのミスをやってしまいました。



いつも、三脚にデジタルカメラを固定してヘリの練習状態を記録しているのですが、その三脚に木製ローターが激突!!木製ローターの損傷はもちろん、初めて、テールブームも凹んでしまうという、被害でした。



安易に避けることが出来るという、根拠無い自信が招いた結果でした。



私は今まで、三脚を使いスローシャッターや絞り開放で、夜景なども撮影していましたので、三脚自体もしっかりとした物を使用していた為、三脚自体は無傷で倒れることもありませんでした。



もしも、三脚が倒れていたら、デジカメも地面に叩きつけられて、損傷していたのは間違いないかと思われますので、その点では不幸中の幸いであったかともいえます。

DSC04041.jpg


DSC04043.jpg


それにしても、驚くかはローターの回転スピードと破壊力!!危険が回っているようなものですね。



そして、バッテリー1本目で木製ブレードが大破した為、ヤフオクで購入した予備のカーボン調ブレードへ変更。



そこの練習場所は小石が多いせいか、よくアメンボが引っかかります。無論、それは操縦の未熟さであることは云うまでもありませんが。



その時も、情けないほどに機体を前傾させており、危うくヘッドから地面に頭突きをしてしまう状況でした。動画ではわかりにくいと思いますが、何かの部品も左前方に飛んでいるような・・・気がします!?



部品を飛ばさずに、機体を飛ばそう!!



・・・本日の教訓です(^-^;)ゞ








 地獄の黙示録
2011年03月24日 (木) | 編集 |
私は、邦画・洋画に問わず映画やドラマが好きで昔からよく見ています。



ヘリコプターが登場する映画として先ず、思い浮かべるのが、コッポラ監督の「地獄の黙示録」でしょうか。






「地獄の黙示録」は公開当時、名古屋の"中日シネラマ"というビル5階分に相当するであろう、巨大映画館で、観ました。



"中日シネラマ"は、スクリーンの大きさも日本一と謳われていた有名な映画館であった為、作品の内容とともに、とても印象に残っています。



さて、「地獄の黙示録」で重要なアイテムのひとつとなっていたのが、"UH-1"というヘリコプター。



ヘリの旋回音とザ・ドアーズの「ジ・エンド」によるオープニング画面は、今でも昨日見たように思い出されます。



"UH-1"は、アメリカのベル・エアクラフト社が開発した汎用ヘリコプターで、アメリカ陸軍に採用され、ベトナム戦争などで活躍し、大量生産されていました。日本の陸上自衛隊を始め多くの国々で、現在でも使用されています。



映画の中では、ワーグナーの"ワルキューレの騎行"という曲とともに、颯爽とへりが飛んでいく姿とその音の迫力が圧巻でした。



自衛隊の"UH-1"映像ですが・・・





地獄の黙示録は、作品としの評価は賛否両論でありましたが、私にとっては、「ベトナム戦争はアメリカが引き起こした狂気の産物」と云う事を前提に作られた戦争映画としては、スゴイ作品だったなぁ~と思います。



当時のベトコン映画は、有名なオリヴァー・ストーン監督の「プラトーン」を初め、数多く製作されていましたが、私が印象に残ったのは、「地獄の黙示録」と、マイケル・チミノ監督の「ディア・ハンター」でした。




ディア・ハンター [DVD]



 タキシングさえまだまだ未熟
2011年03月22日 (火) | 編集 |
前回のテールスポンジを取り付けた練習から、自宅から車で5分かからないところに、最適な練習場所を見つけました(^o^)y-



その場所は、多くの近所の子供たちや散歩の方々が出入りするとはいえ、早朝
であれば、ほとんど散歩やジョギングの人達しか見かけない公園です。



今まで、そこの場所を練習場所として選ばなかったのは、息子とよく散歩するコースで、いつも人で混雑している印象を持っていた為です。



芝生の空間もありますが、やや半円上に丸く傾斜している為、練習には、芝生に隣接しているグランドの方が練習場所としては、良い感じです。



多少、犬の散歩の人などが、ヘリの練習を遠目に見ていることが、精神上、宜しくありませんが、とにかく自宅から近いのと石コロの少ない砂のグランドという条件でベストな練習場所かと思います。
( ※ 今回の動画でも画面左奥におじさんと犬2匹が登場しています)



そして、早朝7:15分頃に現地到着。



今では、アメンボと三脚&カメラ設置の準備に2分ほどです。
しかしながらへりの操作は、なかなか上達しません(T-T)



この日は、機体を墜落させたりぶつけたりすることは無かったことが、一番の収穫でした。






空中に上昇させず極力、地面を這わすことことを心掛けた結果かと思います。ただ、墜落させずに済んだとはいえ、動画を見る限り、前進は前にヘッドから突っ込みそうだし、ところどころ腰高くらいまで浮上させてしまっています。



また肝心のタキシングについても、真っ直ぐな横移動が全く出来ておりません。



まだまだシュミレーターでの練習が不可欠ですね。







また、お口直しではないですが、帰り際に芝生の上で戯れている小鳥を発見♪
デジカメを光学最大ズームにして、撮影しました。


DSC04027.jpg



いつかは鳥のように、自由にヘリを飛ばせたら・・・そんな思いの中での1ショットです。