旅行好きでアウトドア好き。映画好きで動物好き。ラジコンやスキンダイビング他、興味の対象は尽きません。そんな日々の足跡を写真や動画を織り交ぜながら、心の中では永遠の青年を目指ざす日記です♪
 SAW BACK ドライブシャフト交換2
2017年09月03日 (日) | 編集 |
先のお盆休みに別府で息子たちに自由に操縦させた後、壊されたと言っていたGMDE SAW BACKですが、実際はLEDバー外れとドライブシャフト外れでした。モーターの回転がタイヤに伝わらず、駆動しないというものでした。

DSC00329.jpg 

DSC00323_20170903181742f62.jpg

ドライブシャフトの固定がイモネジで固定しているだけですので、ゴーストップを繰り返すような操縦の仕方をしていると・・・今までも何度もシャフトが空転してしまうのが悩みのタネでした^^;

で、前にTKさんが使っているという、RC Martのドライブシャフトが届きました。全身シルバーは売り切れの為、赤いワンポイントのにしました。

DSC00359.jpg 

ここから!!問題が3連続で発生ヽ(ill゚д゚)ノ

一つ目は、元のドライブシャフトは、走行中に外れないように強粘度のロックタイトをイモネジにたっぷりと付けていた為、取れませ~んww

DSC00354.jpg 

仕方なく、ライターで熱し・・・ようやくイモネジは外れました。

DSC00321_2017090317325801c.jpg

しかし、他のシャフトは同様にしてイモネジは外れたものの、今度はシャフト自体が全く抜けてくれません。下の写真はイモネジを外した後、ドライバーをシャフトに通して力ずくで抜こうとしたものです。

DSC00356.jpg 

いくら死に物狂いの力を投じても、全く云うことを聞いてくれませんので、最後の手段として400℃のハンダコテでシャフト自体を熱します。

DSC00319.jpg 


DSC00360.jpg

火傷しそうな位に熱した後・・・ようやくシャフトが分離出来ました♪


そして最後に購入したRC Martのドライブシャフトを取り付けようとすると・・・何と !!固定する為のピンが、SAW BACKの穴より僅かながら大きく、そうにゅう出来ません(T-T)

で、手元にあったミニルーターのヤスリでゴシゴシゴシ・・・こんなんでイケルのか!?

DSC00363.jpg 

イケました♪
ようやくそうにゅう完了!!ドライブシャフト交換だけで何時間も掛かりました(^-^;)ゞ 


DSC00365.jpg


DSC00366.jpg

無論、走行確認の為、午後3時過ぎにスクーターで近所の公園へ。

DSC00368.jpg 

最近は息子たちが公園へついて来なくなりましたので、公園で知り合った子供にも操縦させて友達になりました(笑)

DSC00370.jpg

DSC00371.jpg 

もちろん!!ドローンも少しだけ、飛ばしましたよー(^_-)~☆
さすがに、ドローンは子供たちには触らせませんでしたが。

WS000001_201709031807401f3.jpg 

WS000003_20170903180741c69.jpg

WS000004_20170903180743e7e.jpg

WS000005_20170903180744b97.jpg




 SAWBACK Rubicon body
2017年07月04日 (火) | 編集 |

HG-P402で使用していた、お気にの黄色いルビコンボディを、ようやくGMADE SAWBACKに搭載しました。


ボディ自体を取り付ける方法を、いろいろ試行錯誤して、最初は写真のようにマジックテープで前面を固定するのを試してみたのですが、駆動輪と干渉するため、断念。

1111.jpg 

ある程度の"高さ"が必要となる為、結局ボディに穴をあけてノーマルのボディポストで固定することとなりました。

DSC00267.jpg 


HG-P402のパーツを流用してムリクリ取り付けていますww




車両後方部分は、多少の不安定さはあるものの、よくリュック等に使われているパチッと止めるパーツ(・・何て呼ぶのか?)を使いました。

33333_20170704231544528.jpg 

6666.jpg

5555.jpg

4444.jpg

ついでに、お人形さんのおみ足を出す為に座席の足元に穴をあけました。

77777.jpg 


これで、コリーン嬢も楽に着座出来ますね♪

8888.jpg 


それにしても、ルビコンボディは標準のSAWBACKボディと比較すると、かなりの重量となり、不安定さといおうか転がり度数は高めですwwww



その為、コリーン嬢も思わず社外に放り出されるw(゚o゚)wという、クラッシュも発生した動画!!・・・とくとご覧くださ~いm(_ _)m 




酷いコケ方でしたが,無論、コリン嬢も車体も無問題です♪



 SAWBAC 紫陽花走行
2017年06月27日 (火) | 編集 |

梅雨真っ最中ですが、この土日は空も泣き出すことなく、曇天でしたね。私は散歩運動も兼ねて、いつもの公園へラジコン散歩に行ってまいりました♪

今回は・・・おnewなドライバーが運転していますよー。

DSC00244.jpg 

ところで前夜、車体をメンテしていたら、またもやモーターが動きませんww
・・・ついに壊れたか?と思いつつ、よーく確認すると、ESCのジャンパーピンが刺さっていません(赤丸のパーツで、この写真は以前撮影したものです)

DSC00230.jpg 

当然、予備など持ち合わせているわけもなく、途方に暮れつつパーツを発注すか否か思案していました。そうだ!!ジャンパーピンはパソコンと一緒の理屈の筈ですから。ようはショートさせれば良いだけなので代用しようと考えました。

DSC00238.jpg


そうです!手元にあったBECコネクター切断しペンチで繋いだだけのものです。
これで無事、モーターが動いたのですが、その後、このジャンパーピンを抜いていてもモーターが動いた為、結局何が原因なのか不明のままでした。

ともあれ、動画のように走行には問題なく、走行後に挙動が変になることもありませんので、結果オーライで良しとしませう(^o^)y-



【追記】

Bangoodの販売ページの写真を見ると2枚・・・ジャンパーピンが刺さってました^^;

WS000000_20170627235851331.jpg 

で、下の写真がピンの位置関係です。
ピンが無いと、F/Rとなっていますが・・・これを含めて2枚刺さなくてはいけないのでしょうか?

DSC00247.jpg


 SAWBAC 新神戸
2017年06月25日 (日) | 編集 |
遅くなりましたが、先週のGMADE  sawbac水上走行のpart2・・・残りです。
今回は先週走行した裏側(写真赤丸)、小さな滝もある小川です。

DSC00212_20170625183645cbe.jpg 

動画でも分かりますが、水深が浅いといえ、タイヤの回転で勢い良く車体内部へ水が飛散されてしまいます・・・で何度か撮影しながら遡行していると、モーターが動かなくなりました

ただ、帰宅後、水分を飛ばしたり、接点復活のスプレーをかけて1日置いとくと、何も無かったようにモーターは復活しております・・・結局、どのパーツが水の影響を受けていたのか、分りませんww

DSC00231.jpg 

また、私の使用しているモーターは、TAMIYAのOP.929 ダートチューンモーター (27T)なのですが、これって、取説によるとバッテリー5~10パックでブラシの交換をして下さいとなっています。
元々慣らし運転もしていませんし、特にパワーダウンも感じません。ブラシとコミュテーター クリーニング ブラシを揃えるとなると、モーター本体と大差ない(600円程)価格ですし・・・別のモーターでも買っておこうかな、と思っております。