旅行好きでアウトドア好き。映画好きで動物好き。ラジコンやスキンダイビング他、興味の対象は尽きません。そんな日々の足跡を写真や動画を織り交ぜながら、心の中では永遠の青年を目指ざす日記です♪
 Sawback 快走
2017年04月19日 (水) | 編集 |

Gmade Sawbackの走行動画を編集しました。

DSCN4322.jpg 

クローラーは消費する電力が少ないのもあり、いつも 4000mAh 2セルのリポ1本で1時間以上遊べます♪


16日の日曜日も、おおよそ1時間くらい走行させた後で確認すると、リポの残量が50%も残っていましたから。


以上の理由により、動画撮影については本数が多くなってしまい、どうしても長い動画となってしまいます^^; 次回からは、気合を入れて(笑)!!もう少しだけコンパクトにまとめたいと思っております。

動画の前にコリーン嬢のアップ!!
何気に十字架のアクセも付けているのです♪

DSCN4325.jpg 

桜は半分近く葉桜になっていましたが、超望遠で撮影すると・・・なかなか背景の桜色のボケが良い感じですね(自画自賛^^;)

DSCN4327.jpg 

DSCN4330.jpg

この日は、リカちゃんが乗ってるーと、何度も言われたことは、前回の記事で書いたのですが、その他にも、後ろからJS(=女子小学生)が追っかけて来て、「おじさん、なんでお人形乗せてるの?」と聞くものですから、「無人で車だけ動いていたら変やろ!」と、真面目に答えてしまいました。


「ふ~ん」とつぶやきながら、Sawbackのリカちゃん、いえコリーンの頭を撫で撫でしたかと思うと・・・「See you!!」と言って立ち去りました。

・・・・!?


小学校での英語教育がすっかり浸透しているのか?、はたまた子供英語教室に通っているのか?


見た感じ小四くらいの女の子(無論、日本人)でしたが、既に学校の授業で習っているのかも知れませんね(^_-)~☆

それでは肝心の動画をご紹介!!「See you!!」・・・(爆)



 鹿が壺 川遊び
2016年09月19日 (月) | 編集 |
前の週に、今夏2度目となる福知渓谷へ川遊びに行ったところでしたが、続く9月10日、兵庫県姫路市安富町にある「グリーンステーション鹿ケ壷」というキャンプ場へ家族で行きました。

DSCN4005.jpg

DSCN4007.jpg



ココ鹿ケ壷は、姫路市街地から1時間近く北上するにも関わらず、姫路市内なんて!!と思うほど、田舎・・・いえ、自然豊かな場所でした。また、町起こしの一環で、道路沿いやグリーンステーション鹿ケ壷の中や敷地内に、たくさんの案山子が設置されております。

DSCN4010.jpg

DSCN4013.jpg

DSCN4016.jpg


調べると、もともと宍粟郡安富町だったものが 2006年に姫路市に編入合併されたということでした。


グリーンステーション鹿ケ壷の無料駐車場に愛車を停めてから、歩くこと5分足らずで、鹿ヶ壺という滝つぼが連続してある"名勝"へ到着します。


DSCN4017.jpg

DSCN4062.jpg



川遊びは水温の低さと、苔等で滑って怪我をしてしまう危険性に溢れています。実際、2015年の8月に、ココの滝壺に飛び込もうとした会社員が、足を滑らせ頭部を岩で強打して死亡したそうです(コワ~ww)

DSCN4019.jpg

DSCN4022.jpg


高低差の異なる大小の滝が連続してあるのですが、如何せんお子ちゃまには難易度が滝高く大学生と思われるグループが多かったです。案の定、帰りに息子たちに聞くと、福知渓谷の方が良かったと話していました

3333.jpg

11111.jpg

2222.jpg


DSCN4033.jpg

最後にショボい動画ですが・・・
私が滑り落ちたのは、鹿ヶ壷下の底無しという滝でしたが、動画では高低差が分かり難い・・・^^;

904d8658a49c975c29b5cab69abdf1e4.jpg





 番匠川 川遊び
2016年08月29日 (月) | 編集 |
お盆休みは、本当は5日間の休みしか無かったのですが、代休と有給を加算して、9日間のお盆休みとなりました♪

その後、22日から27日までは飲み会や出張続きでバタバタしており、ブログの更新も滞っておりましたm(__)m

いつものパターンで、小出しで記事を更新して参ります^^;

さて帰省は、温泉で有名な別府市ですが、夏は暑くて湯船に浸かる気がしませんので、もっぱら水辺での遊びに偏ります(笑)

大分県竹田市というところに、亡き父、祖父、祖母のお墓があり、お墓参りの後には、毎回地元の河川プールで遊んで帰るのですが、今年は、九州一の清流と呼ばれる、大分県南部の佐伯市を流れる「番匠川」に立ち寄りました。

番匠川でのポイントは、小半(おながら)森林公園キャンプ場で、午後2時過ぎに現地に到着した為か、駐車場は一杯で適当に路上駐車をして、河原へ移動しました。


DSCN3887.jpg


DSCN3900.jpg

DSCN3891.jpg


キャンプ場に着く前には、何箇所も穴場と呼べる場所で、川遊びをしている家族連れを見かけたのですが、番匠川の更に上流にあるそれぞれを選んいたら良かったと、少しだけ後悔をしました(^-^;)ゞ


DSCN3885.jpg



なぜならば、キャンプ場の川は、私の期待が大き過ぎたせいもありますが・・・想像よりも少し透明度のレベルが下でした。昨年からの経験則で、水温が冷たい程、より水中がクリアーになると感じていましたが、猛暑のせいもあり程よい水温でした。

DSCN3896.jpg


DSCN3899.jpg


しかしながら、それなりに楽しんだということに違いはありません。

IMG_4719.jpg

IMG_4715.jpg

IMG_4711.jpg


狭い川幅でラジコンボートも走らせたのですが、編集もまだですので別途、記事に致します。





 カヤック用フラッグ自作
2016年08月11日 (木) | 編集 |
よく他人さまのブログを拝見していると、カヤックに旗を立てています。

カヤックで海上航行をより安全にするためのアイテムだそうで、どれだけ目立つカヤックに乗っていても、カヤック自体の背丈が低い為、他の船舶からは、認識され難いのを改善する為だそうです。

フラッグを掲示しないからといって法的な罰則などはないそうですが、カヤックアングラー(カヤックで釣りをする人)は、海上での視認性を少しでも上げようと、積極的にフラッグを立てているそうです。

フムフム・・私は釣り人では無いのですが、万が一沖に流された場合に備えて、またより個性を主張する為にも、フラッグを立ててみようかとなりました。

市販の物には、視認性の良い格好いいー♪フラッグがあるのですが、フラッグ・支柱・土台等を揃えると・・・結構な金額となります^^;

で、ホムセンにて物色したものを使って自作することに。

インフレータブルカヤックの場合、基本、支柱を指す受け軸となる穴自体が有りませんので、先ずはフラッグをどう船体に固定するかを考えます。

完成予想図はこんな感じ(フォトショで合成してます)

フラッグ


その為に、先ずはミニコーンを土台にして先っちょをカッターで切断します。


ミニコーン



支柱代わりに虫取り網の棒を代用します。


虫取り網赤-900x1927


そのままミニコーンに棒を突き刺しても・・・当然、隙間が開く為、左右前後に動いてしまいます。それを抑える為に、棒の直径に近い木管に棒を突き刺しました。

木管


そして木管自体がミニコーンの中でブレないように、発泡スチロールを無理やり詰めて固定。


発泡スチロール


棒やミニコーンの隙間には両面テープを適当にちぎって押し込み、発泡スチロールが破れている箇所はビニテで補強。はい、滅茶苦茶大雑把な加工です(笑)

IMG_4556.jpg



木管はギリの寸法で無理矢理ミニコーンに挿入している為、手元にあった自己融着テープでミニコーンにクラックが入らないように補強しました。

IMG_4555.jpg


最後にフラッグは、赤のA4サイズのクリアファイルを使っております。ポリプロピレンが素材なので濡れても大丈夫ですし、何しろ安価ですから。

フラッグと支柱の固定はビニールテープのみです。


完成予想図通りに出来上がりました。

IMG_4557.jpg


実際にカヤックにこれを固定するのは、前述の完成予想図のようにデッキの上ではなく、三列目のシートの後ろ側にロープ2本で固定しました。

掛かった経費は1,000円未満。

固定方法については改善の余地有りと思いますが、ジオカヤックを実践している間、一度も不安定になることなく、フラッグとしての役目を果たしていました♪


後日・・・もう少し高さが欲しい為、ホムセンで買ってきた激安な竿を継ぎ足しました。そしてフラッグ自体、面白みに欠けておりましたので、自宅に落ちていたヴィッセル神戸のフラッグに交換。


IMG_4696.jpg



本当は猫のフラッグを探したのですが、見つからずで残念でした。

新しいカヤック用フラッグは、お盆休み中に宮崎日南海岸でデビューの予定です♪