旅行好きでアウトドア好き。映画好きで動物好き。ラジコンやスキンダイビング他、興味の対象は尽きません。そんな日々の足跡を写真や動画を織り交ぜながら、心の中では永遠の青年を目指ざす日記です♪
 にゃらまち猫祭りへ
2018年06月12日 (火) | 編集 |
京都在住の友人と、古都奈良町で10年以上続く猫のアートイベント、「にゃらまち猫祭り」に行ってきました(^^)・・・梅雨ということもあり、生憎の小雨模様でしたが、若草山頂上で少しだけドローンも飛ばしました♪

この絵葉書は、necocoという奈良町にある雑貨屋で購入したもの。実は店員のお姉さんが作家であり、ご自分で描かれたものを販売されていました。

necoco.jpg


IMG_0406.jpg 

奈良の旧市街地は京都・金沢と並び、太平洋戦争の戦災をまぬがれ、古き良き日本人の生活風景を残す、全国でも希少な町として知られています。

IMG_0437.jpg 

ですから、築100年以上とかの町家や、怪しい雰囲気のお店とかが狭い路地裏にポツンと佇んでいるレトロな町並みでした。


当日は、にゃらまちへと足を運ぶ前に、奈良公園にある若草山へ立ち寄ったのですが、先にスライドショーにまとめた写真で、当日の様子をご紹介致します。



そうそう、"猫祭り"といっても猫のグッズは沢山あったものの、生きた"にゃんこ"には一度も遭遇することは無く、所謂お祭りの雰囲気も無く、「本当にお祭りしているの?」と思う程でした。


奈良町の入り組んだ路地裏、言いかければディープな雰囲気と空気を楽しむ、という気持ちで訪問する方が精神衛生上宜しいかと思われます(笑)

奈良へ向かう道中と、その日の一日をちょっとムリがありますが、1分42秒の動画にまとめました。


次に若草山へと話は移ります。


150円の鹿せんべいを買う余裕が無かったわけではありませんが(笑)、何となく買いそびれていると、手に持っている公園の案内パンフを食べかけられました。


私自身、久しぶりの鹿ラッシュでしたが、猿と比較すると悪さをするわけでもなく、なかなか可愛い奴らでした♪


さて、奈良公園は公園事務所で許可を貰えば、比較的簡単に空撮が出来ると、以前から聞いていたのですが、この日は修学旅行生が多いということで、かなり狭い範囲でしか許可を頂けませんでした。


公園事務所のご担当者の方は、国交省の許可は不要ということでしたが、持っていると伝えると、コピーを取られた上で、次回からはコピーを持参して下さい、と・・・少し理解に苦しむ説明でした(笑)


時間にして20分位でしょうか。受付を済ませ若草山頂上へと車を走らせました。


小雨も一段落したタイミングで、ドローンを準備し、さぁー浮上させようと思った瞬間に大粒の雨が空から落ちてきた為、浮上を断念し一旦木陰へ移動。


その後も降ったりやんだりしていましたので、意を決し小雨の中でのフライトを断行しました。


しかしながら、雨で見通しが悪い上に、飛行範囲は限らているわー、目視内での飛行遵守などで、あまり空撮を楽しめる状況ではありませんでしたww


折角、公園事務所の許可を取ったので、ある意味、もったいないと言おうか、意地の空撮動画となりました。



 淡路島遠征 其の一 成ヶ島
2018年05月17日 (木) | 編集 |
5月12日 晴れ 関西ドローンクラブで、私自身は以前行ったことのある「多賀の浜海水浴場」に集まるという企画があり、参加しました。


淡路島自体は、自宅から15~20分程、明石海峡大橋を渡り最初の淡路ICで降りると、片道900円で行くことが出来るので、非常に便利です♪


昔は須磨からフェリーで渡っていたことを考えると、感慨深いものがありますね(笑)


さて、多賀の浜海水浴場には午後一くらいの集合時間でしたので、私は予てから行こうと思っていた、洲本市の「成ヶ島」へ向かいました。

IMG_20180512_105430.jpg 

IMG_0303.jpg 

午後に多賀の浜に着いてから分かったのですが、淡路島の西側と東側では、こうも風の吹き方が違うのか!?と。


手ブレで見にくくて申し訳ありませんが、風速5.6m/秒・・・上空では瞬間的にそれ以上の突風が吹いていたかと思われます。

JkfJTxOF.gif 


そのせいか、空撮の際には、モニターに、ぼんぼん!強風注意のアナウンスが写し出されており、時折強風により機体がガタッ!!と乱気流に巻き込まれた飛行機みたく落ち込みましたwwww


多賀の浜に行く前にドローン(Mavic Air)を海に奉納したくない!! と、ドローンに貼った御札に、願いを込めながらコントローラーを握っていました(^-^;)ゞ

ドローン 


渡船のおっちゃんは気さくな人で、以前撮影した「大観音像」での空撮や、内部探検の話等を聞いてもらいながら、淡路あるあるのお話を聞かせてくれました。

渡船窓口 

由良から渡船で成ヶ島上陸まで、200m/約2分ですので、泳いでか、はたまたカヤックやゴムボートで行くことが出来ないのか?おっちゃんに聞いてみました。

IMG_20180512_094824.jpg 

過去に、SUP(スタンドアップパドルボード)や、ゴムボートで渡ろうとした人が、島へ到着出来なくなり流されたことがあるということ・・・どうやら見た目と違い、潮の流れが早い為だそうです。

698fb1200a71e5772404e528e732f3a9_s.jpg 

私も パドルテクニックを駆使して、自前のカヤックで渡ろうと妄想していたのですが・・・ニュースで報道されたくありませんので、泣く泣く断念しました(笑)


ちなみに今年は「貝毒発生」の影響で、貝は採ることは出来ないと話していましたが、私は空撮を撮れれば良いので、問題ありません(笑)


成ヶ島は別名「淡路橋立」と呼ばれており、本家「天橋立」に規模は及ばないものの、俯瞰した風景はなかなか素晴らしいものでした。



ここでドローンのバッテリーを3本使いましたので残りは1本のみ、使用条件にもよりますが、バッテリー1本で20分弱の飛行が出来ます。


その為、多賀の浜海水浴場へ向かう道中はもちろん、昼食時も車中でバッテリーを充電していました。


ぜひ再訪して、今度は島全体を制覇したいと目論んでいます(^_^)/



 鳥取家族旅行 PART3(初泳ぎ?)
2018年05月04日 (金) | 編集 |
境港をあとにした私達は鳥取市方面へ帰りつつ、国道9号線の道中で軽く泳げて、且つドローンも飛ばしたいので、景観の良い場所がないか?探しなら車を移動させていました。 



すると比較的大きな駐車場と、シャワー室完備(夏季以外は休止)のトイレがある「東郷湖羽合臨海公園」というところを見つけました。

IMG_0267_2018050312365612a.jpg 


駐車場の真下が海岸で、近くにはハワイ海水浴場もあります。漢字では羽合となるのですが、私が子供の頃、"あの"ハワイに行ってきたと自慢するクラスメートが1人か2人、必ず居ましたね(笑)

DJI_0351.jpg 

離岸流の警告がありましたので十分注意して、水遊びをするのは波打ち際だけにしておきました。

IMG_0251.jpg

毎年、プールの方がいいーと言っている息子たちも、いざ現地(川や海)に着くと、それなりに元気に遊んでくれるので、まだ可愛いものです(^_-)~☆

DSCN6451.jpg 

DSCN6448.jpg

もちろん!!私もお約束通りといおうか、我慢出来ずに入水してます。

IMG_0256.jpg 

IMG_0260.jpg

IMG_0266.jpg

思ったのは、以前何度も行ったことのある、真夏の渓谷の河川より全然水温が高いこと。これなら梅雨前でも泳げそう・・・是非!!カヤック持参で鳥取に戻って来ようと思います♪

目玉の親父も喜んでいるみたい・・・ですね。

IMG_0277.jpg 

IMG_0276.jpg 




 鳥取家族旅行 PART2(境港他)
2018年05月03日 (木) | 編集 |
素晴らしかったホテル「海宴坊」を後にして、私達は車で約1時間程の距離である「水木しげるロード」のある境港市へ向かいました。

DSCN6397.jpg 

ここは本当に何もかもが妖怪だらけ・・・但し息子たちは記念館や資料館を好まないので、入場はせずにスルー、おかげで入場料はうきましたが(笑)

やはり鬼太郎より猫娘でしょ!!・・・私は単独で猫娘Love状態でした♪

DSCN6398.jpg 

妖怪楽園の呼び込みをしていたお姉さんが、少しZARDの坂井和泉に似ていたので付いて行きました(爆)

WS000006_20180503094113170.jpg 

IMG_0235.jpg

写真はかなり沢山撮影した為、全部をご紹介も出来ませんので、何点かピックアップしていきます。何せ全てが妖怪で統一されているところが素晴らしい(^_-)~☆

DSCN6446.jpg 

DSCN6445.jpg

DSCN6427.jpg

IMG_0229.jpg

IMG_0242.jpg

世界妖怪会議???・・・少し気になります。

DSCN6433.jpg 

境港の駅近辺。何でも米子から境港までの駅には全て、妖怪の名が別名として駅名になっているそうです。また、猫娘の車内アナウンスもあるそうで、何気に乗車しなかったことを後悔しました^^;

DSCN6426.jpg 

DSCN6432.jpg

DSCN6437.jpg


借り物ですが、こんなファンシー(死語ww)な車内のようです!!


1本歯の下駄はさすがに履きにくそうww

DSCN6395.jpg 

妖怪オブジェも小ぶりながら沢山、道沿いにありました♪

DSCN6407.jpg 

DSCN6430.jpg

IMG_0249.jpg

DSCN6408.jpg

DSCN6415.jpg

ということで、境港を後にした私達は、水遊びとドローンを飛ばす為に、帰り道、海岸探しの為、出発したのでした。

・・・PART3(最終章)へ続く。