旅行好きでアウトドア好き。映画好きで動物好き。ラジコンやスキンダイビング他、興味の対象は尽きません。そんな日々の足跡を写真や動画を織り交ぜながら、心の中では永遠の青年を目指ざす日記です♪
 奈良 天川村
2017年08月05日 (土) | 編集 |

先週の家族旅行の続きです。


私は、何処かに行くときは、ネット情報社会の恩恵を得て、日程のスケジューリングを細かく考え、エクセルで計画を立てるという、乙女座A型の性格です(笑)


無論、計画通りにいかない場合もあり、今回の旅行では洞川温泉街散策他が予定から抜けましたww

tizu.jpg 


さて、前鬼川の川遊びを終えた私たちは、上北山村から車で移動すること1時間半、洞川(どろかわ)温泉へ到着しました。


この日、宿泊したのは「プチホテル&中華料理 彰武」。クチコミ高評価通りの、感じの良いご主人と奥さん、そして可愛い娘さん、そして美味しい夕飯でした。

WS000000_2017080508450091e.jpg 

宿泊費用は、ラクテンポイントが溜まっていましたので、家族4人夕食付で消費税込: 4880円でした♪


そして翌朝、宿近くの五代松鍾乳洞へ行ったのですが、名物である、鍾乳洞入口までのトロッコが2時間待という遊園地で言うところの、人気アトラクション並の混雑ぶりでしたw(゚o゚)w

DSCN5079.jpg 

DSCN5080.jpg


トロッコには5~6名しか乗車出来ませんので、待つ時間については理解は出来ますが、そんなに待つ気にもなれませんので、家族会議の結果、急勾配の山道を昇り降りすることにしました。
   
DSCN5083.jpg   DSCN5084_20170805084651e4b.jpg

・・結果、前日の渓谷への坂道で肉体を酷使したのとも重なり、帰宅後2日間、筋肉痛に悩まされる結果となりましたww


鍾乳洞自体は、間口も狭く距離も短く大した規模ではありませんが、ヘルメットを被り、少しだけ冒険気分を味わえるかな?といったレベルです。

DSCN5088.jpg 

DSCN5091.jpg

DSCN5092.jpg

DSCN5105.jpg

夏の鍾乳洞は天然クーラーと呼ばれる程、涼しい、もしくは肌寒いほどの温度なのですが、急な山道を早足で駆け上がったこともあり、私自身は鍾乳洞内でも、終始滝のような汗をかいていました(-_-;)

469415.jpg 

全然涼しくないやん!!・・・早く川に飛び込みたい!!(笑)


そして2年前にも行ったことがあるのですが、有名なみたらい渓谷の上流、川迫川(こうせいがわ)へ向かいました。

DSCN5110.jpg 

ココも前鬼川同様、とても水温が低く、そして綺麗に澄んだ水、尚且つ人が居ない環境で、思う存分川遊びを楽しむことが出来ました。

DSCN5128.jpg 

DSCN5114.jpg

ネットレンタルで子供たちのウエットスーツを持参してきたのは大正解でした。寒いとか不平不満を口にすることもなく、終始岩場から飛び込んだり、川に流されたりして遊んでいましたから。 



また、少しの山登りでも疲れて座り込んでいたへたれの長男坊が、急勾配の山道を平気で何度も駆け上っていることに、成長の証を感じました。
    
DSCN5146.jpg   DSCN5150.jpg

来週からお盆となり、また大分(別府)遠征となります。


周辺の目ぼしい場所は行き倒していますので、また計画に悩んでいます。



 奈良 前鬼川
2017年07月31日 (月) | 編集 |

この土日に、家族アウトドア旅行に行って参りました。


1日目の目的地は、奈良県吉野郡下北山村にある前鬼川(ぜんきがわ)という渓谷。


圧倒的な透明度とその美しい青さは、関西最高峰の水質を誇ると云われ、「前鬼ブルー」としてキャニオニングとして楽しまれる方が多いと聞きます。


奈良県と言っても、相当和歌山県寄りですので、自宅からはナビ表示で4時間、実走行3時間半くらいの距離でした。


前鬼川ルート 


最初に辿り着いたのは、吉野熊野国立公園の特別地域で、日本の滝百選の1つとも指定されている「不動七重の滝」。

DSCN5076.jpg 


DSCN5074.jpg  DSCN5082.jpg


本当は、ダイナミックにこの滝を空撮しようと思ったのですが、まだまだDJI Sparkの操作に慣れていないこともあり、次回ご紹介するコンパクトな(笑)空撮だけに止めておきました。


それから、前鬼川に降りる登山道まで移動。下調べを済ませておりますので、場所は迷いなく移動。この日はココで川遊びをするだけ!!というシンプルな計画でした。


それにしても、下の写真の場所から、相当急な登山道を降りて入渓するのですが、行きはともかくとして帰りの上りが体力的にキツかったですww
      
DSCN5026.jpg       DSCN5081.jpg



沢に降りてからも300m程、テントを貼る場所探して移動。というのも、この地域は降水量の多さも有名で、この日も曇り後雨の予報であった為、日除けというより雨避けの為の予防策でした。


幸い時折ポツポツと小雨が降ったものの、陽が射すこともあり天候としては恵まれたほうだと思われます。


水温は18℃、ちなみにGWに行った沖縄の海水温は23℃位。一般的に水温15度では生存可能時間は6時間と云われていることから考えると、相当冷たい水温です。

程なくして前鬼ブルーの景観が目の前に飛び込んできました♪

DSCN5034.jpg 

DSCN5043.jpg

DSCN5055.jpg

息子たちには、レンタルのウエットスーツを持参。私はGWにも着ていた、1mmのウエットスーツ地の水着で、勿論!!フィンとスノーケル&水中カメラの装備です。

DSCN5054.jpg 

水中も冷たいけど・・・とても綺麗で魚も豊富に泳いでいました。



そして空撮は次回と冒頭でもアナウンスしたのですが、恐恐水上を撮影したのがありますのでご紹介!!上からの撮影は楽しいですね♪





この日は、1時間半移動して、同じ奈良県の天川村にある洞川(どろかわ)温泉へ。

DSCN5084.jpg 

大混雑の温泉を経て、温泉街から少し離れた場所にある中華料理屋さんが営んでいるプチホテルに宿泊しました。夕食は中華料理が食べ放題で美味しかったです♪

DSCN5077.jpg 

To be continued



 ミカタスノーパーク
2017年01月29日 (日) | 編集 |
昨日土曜日に、今シーズン初めてのスキーに行ってまいりました♪
昔はミカタ奥ハチスキー場と呼ばれていたところで、今はミカタスノーパークと名称を変えて営業しております。


自宅からのアクセスは播但有料道を経由して約2時間半、帰りは渋滞も影響して3時間半ほど掛かりました。朝5時半に出発したので丁度リフトが運行開始する頃に到着。


ここのスキー場のメリットは何と言ってもそのコスパの良さ。

リフト一日券
当日8:00~16:50
一般     2,500円
小学6年生まで 500円
中学生    1,500円
シニア    2,000円
駐車場 土日祝日 1,000円

クラブ特典 別途スマホで登録すると
・駐車料金が半額! 1,000円→500円
・子供様のリフト1日券を500円ワンコイン

家族合計 6,500円

なんてお財布に優しいスキー場なんでしょう。
こんな低料金は他府県でも見たことがありません。

ゲレンデが狭いとかリフトが遅いとかも・・・気にならない程のメリットです。

もともと周辺には有名なハチ北スキー場をはじめ、神鍋スキー場他、メジャーなスキー場が目白押しですので、この日も午前中はリフト待ち時間は0、午後からでも待ちは1分以内でした♪

スキー場の駐車場に到着する直前に道路に鹿らしき置物?が目に飛び込んで来ましたので、思わず車をバッグさせると・・・本物の鹿でした。後で食堂のおばちゃんに写真を見せて聞いたのですが、周辺には野生の鹿がよく出るそうだということ。

DSCN0005.jpg


動物好きなわたくしですが、ちょっと目つきが悪そうでしたので、車からは降りずに写真だけを撮りました(^-^;)ゞ


朝一だから人も少ないと思っていたのですが、上に書いた通り入場者数自体が少ないので、食堂も席の奪い合いなど当然皆無で、のんびりと過ごせました。

DSCN0010.jpg

それにしてもピーカンで温度も急上昇。
午前中は雪上もガリっていましたが午後には滑りやすくなっていました。

写真もたくさん撮影しましたのでスライドショーにまとめました。



帰りは出発が遅くなったせいか、国道に出たところから大渋滞でしたので、ナビを頼りに途中で抜け道へ回りショートカット。
対向車が来るとすれ違うことが出来ない細い道でしたが、5~6台は私達と同様に走っていました。

WS000002_20170129210954017.jpg


帰り際にスマから絆クラブに入りましたので、これで次回以降、駐車場料金が500円になります。
次もココに行く予定です(^_-)~☆

IMG_20170129_0001.jpg




 リゾ鳴尾浜 再び
2016年11月21日 (月) | 編集 |

19日の土曜日は、家内が所要で外出している事もあり、どこに息子たちを遊びに連れていくか思案していたのですが、あいにくの曇天であった為、年に数回は行っているであろう「リゾ鳴尾浜」という温水プールへ行って参りました。


IMG_5230.jpg

IMG_5243.jpg

IMG_5254.jpg

IMG_5256.jpg

どうも泡で水着がモッコリするのが、お気に入りの長男坊でした(笑)
IMG_5259.jpg



毎度、代わり映えしない風景ですが、今回は以前、ラジコンボート回収用に買っておいたゴムボートを持参しました。例の大型カヤックで回収となると・・・大変な労力と手間になりますので^^;


IMG_5218.jpg

IMG_5220.jpg


このゴムボートは、送料無料1,400円でしたので費用対効果はバツグンで、プールで遊ぶのには丁度良かったです♪そしてこのボートで、土砂降りのシャワーを浴びるのが、この日大いに盛り上がった遊びでした。

IMG_5185.jpg

IMG_5200.jpg

IMG_5226.jpg

IMG_5264.jpg


ここの施設は外にも水着で入ることの出来る天然温泉「かもめの湯」と、温水が流れる滑り台とお湯のジャグジー等がありますので、真冬でも利用O.Kです。天然温泉でゴムボート利用もどうか?と思ったのですが、人も少なく特に注意もされませんでしたので、無理しない程度に遊んでいました。


IMG_5244.jpg

IMG_5243_20161121003710483.jpg

IMG_5241.jpg


夕方6時半まで居て、それから同じ西宮市内にある阪急西宮ガーデンズという、西日本最大級のショッピングセンターへ行きました。関西在住の方でしたらご存知の方も多いかと思いますが、ココは以前、「西宮球場」として有名だったところです。


目的は、ここの1Fに、先月10月7日に「フェリシモ猫部」がOPENされており、ねこマニアの私としては、訪れるべくして訪れたお店だといえます。当然、息子たちは私ほどねこに興味があるわけではありませんが、プールでの数回にわたる鬼ごっことの交換条件でした(笑)


さすがに西日本最大級というだけあって、私の近所のイオンとは規模が違いますねww
IMG_5328.jpg


フェリシモ猫部の店構え
IMG_5305.jpg


IMG_5307.jpg

IMG_5308.jpg


無事買い物を終えていざ、駐車場に戻ろうとしたのが午後8時頃だったのですが・・・車を停めた駐車場の場所がわかりませんヽ(ill゚д゚)ノ アンビリバーボ 記憶に残っているのは、5階だったことくらいで、元来方向音痴の私は、無理をせずに最寄りの店員の方にも聞いたのですが、そもそも5Fというヒントしか与えることが出来ませんので、当然わからず・・・

2c235e4104f62eec627b7aa8b559f4e7_s.jpg


実に40分くらいの間、ひたすら駐車場を自分の車を探していました。結局、この阪急西宮ガーデンズは、下図のように大きい駐車場に分かれており、私たちは百貨店側の駐車場に停めていたのでした。


WS000000_2016112101003661e.jpg
出典:阪急西宮ガーデンズHP
クリックで拡大します。


しかし、入り時も出るときも迷路の中を運転しているようでした。


そんなあんなで、帰宅は9時40分となり、疲労度もMAXな一日でした(^-^;)ゞ