旅行好きでアウトドア好き。映画好きで動物好き。ラジコンやスキンダイビング他、興味の対象は尽きません。そんな日々の足跡を写真や動画を織り交ぜながら、心の中では永遠の青年を目指ざす日記です♪
 Coincheck ラプソディ
2018年02月05日 (月) | 編集 |
何かと世間を騒がせているコインチェックの仮想通貨NEMの流出事件ですが、私自身も蚊帳の外の出来事ではありません。

163990.jpg 

私が使用している取引所がコインチェックであること。タイミング悪く流出事件当日に入金をしていたこと。


ヤバイよー、ヤバイよーww


無論、NEMは保有していなかったのですが、ウォレットと呼ばれる仮想通貨上の財布に現金と、少しずつですが、ビットコイン・イーサリアム・リップルのコインも買っていました。


私自身はお小遣いの範疇で細々と楽しんでいたとはいえ、上記現金は出金出来ない状況が続いている為、精神衛生上においても、あまり宜しくありません。


私の会社ではビットコインの暴落で100諭吉さん以上の損失を受けた上、NEM自体も大量に買っていた人が居て、顔が青ざめる程のショックを受けていました。

1021478.jpg 

そんな中、日経ビジネスオンラインに、コラムニストの小田嶋 隆氏が2/2日に書かれていた内容が面白い。


記事からの抜粋ですが、、

・仮想通貨不正流出のニュースを知った人々の多くが最初に見せた態度は、
「そら見たことか」   という感じのリアクションだった。

・「ひどいことになるだろうな」「どんどんひどくなることを希望します」てな調子で、各種ネットメディア上で発言する匿名の紳士淑女の皆さんは、おおむね、今回の混乱を歓迎していた。

・われわれは、自分に利益をもたらさない情報であっても、他人の損害を伝えるニュースであれば、その情報から一定の心理的充足を得ることができる。

・被害者を嘲笑するコメントの中に「欲望に目がくらんでやがるから」「投資なんかで儲けようとする根性が……」「だいたいお金というのは額に汗して働くことを通じて得るのが本筋で……」 という感じのはじめからバカにしたものの見方が目立っていたことだ。
107531.jpg 

・元来、私は「正業」とか「額に汗して」みたいな立場からの言い様には本能的な反発を抱く・・・(中略)彼らのものの言い方は、安定が不安定を、正社員が非正規労働者を、信用通貨が仮想通貨を、ストックがフローを軽んじて投げつける嘲笑以外のなにものにも見えなかったからだ。

【転載】全文はコチラから・・・仮想なのはコインだけじゃないよね

 上記小田島節は・・・私自身、的を得ているなといおうか共感を覚えます。

さてさて私の虎の子のJPYは戻ってくるのでしょうか!?




 皆既月食ww
2018年01月31日 (水) | 編集 |
「今夜は皆既月食 3時間強の天体ショー」「1/31の皆既月食は特別「スーパーブルーブラッドムーン」「次回は2037年!!」と言われると・・・ミーハーなわたくしは、当然マフラーとコートと熱燗を片手にベランダに三脚を立てて、撮影に挑みました。


撮影機材はNIKON COOLPIX P900。
光学83倍ズーム(35mm判換算24-2000mm相当の撮影画角)を誇る、超望遠レンズのコンパクトデジカメです。この性能のお陰でバズーカ砲みたいなレンズを持たなくても、天体や野鳥を撮影出来ます♪


DSCN5964.jpg 

おぉー、幸いにも雲が掛からず、いいー感じです♪


そして月食の開始!!
徐々に左下から欠けて逝きます!!

DSCN5977.jpg 

DSCN5981.jpg

DSCN5992.jpg

マニュアルで設定をあれこれ変えながら撮影していましたので、色味が上のと異なっています。

DSCN5997.jpg 

ちなみに三脚でカメラを固定していると、月が少しずつ動いているのが判ります。

しかし・・

しかしです!!

この後、徐々に雲がかかりはじめ、赤く染まる「皆既食」の頃には厚い雲に覆われてしまい、カメラの焦点も合わない状況となりました。

何度か雲がはれていないかと、ベランダへ足を運びましたが、今では月自体が見えなくなりました。

報道ステーションを見ると、東京では赤く染まった皆既月食がキレイに撮影されていましたwwww
下の写真はイメージです。
8747a1ed7702c0573bc475071f55db23_s.jpg 

64dd380278a5adea53619fe1c6e119e4_s.jpg

以上、手足が凍える撮影タイムでしたwwww



 仮想通貨ラプソディ
2018年01月21日 (日) | 編集 |
仮想通貨の大手取引所のCMを、出川哲朗や成海璃子を使っていたり、先日は報道ステーションでも、所謂「億り人」が顔出しで出演されていたりと、巷でも周知されてきたと思われます。

※ 投資によって1億円もの利益を得た方を指す言葉

b65ccf5e922909a50952ff4a74257d51_s.jpg 

この億り人の方は、最初の資金は50万円で現在の資産は2億5千万円と話していましたので・・・単純に資金の500倍もの価格となりましたw(゚o゚)w

無論、日本は累進課税の為、上の方は55%もを税金で支払う必要があります。また、仮想通貨で得た利益については雑所得扱いとなる為、節税も出来ないそうです。

私も・・・税金を心配する立場になりたいものです(笑)

反対に、ビットコインで1日1600万円ロスカットされた件で、報道ステーションに取材されていた(1/17放映分)方も居ました。

調べると設定していた価格で、取引所のロスカットがうまく発動せず、1600万円まで負債が膨らんだ状況で強制ロスカットされたようです。

その原因は※SBが稼働せずに、設定していたロスカットが機能しなかったそうです。

※SB=サーキットブレーカー制度
サーキットブレーカー制度(Circuit Breaker)とは、株式市場や先物取引において価格が一定以上の変動を起こした場合に、強制的に取引を止めるなどの措置を採る制度である。

証拠金はマイナス450万円に・・・3日以内に支払えとのことです(怖ろしや~)

f9972e17442ac14341906b03a046681e_s.jpg 


また、世のブームに乗って「仮想通貨少女」というユニットも結成されています。

なんじゃぁ、ーそれ!?

仮想通貨少女 


怪しい過ぎるやろ・・・!

以下、HPからの説明。

2018年1月5日

弊社が運営するアイドルグループ星座百景より派生ユニットが誕生しました。

その名も「仮想通貨少女」

今、仮想通貨業界はマネーゲーム化が止まりません。儲かるか?儲からないか?何倍になるか?などの欲が先行し、その通貨の技術やポテンシャルを無視しているように見受けられます。中にはICO詐欺なども横暴し被害にあっている方もいます。

このまま行けばどこかで大暴落が起き、大損をする人が増え、せっかく世の中を変えるような技術が淘汰されてしまう可能性があります。

だからこそ私達は仮想通貨がただの投機の道具ではなく素晴らしい未来を創る技術だという事をエンターテイメントを通じて推進していこうと考えています。

仮想通貨の時代はもう目の前に来ています。その時に備え少しでも皆さんのお力になれればと思います。
公開ライブも行われたようですが、いったい何を歌う?のだろう(爆)


さて、今からでは、参入が遅いという意見も飛び交う中、公営ギャンブル等と比較すると、株やFX同様、まだ自分の意思を組み込んだ上で、勝負出来るのかと感じられます。


実は私は12月から「ビットコイン」をはじめ、他のアルトコインにも手を出しているのですが、かなり価格が乱舞しておりますので、殆ど損得無しの状況です。


と、言いたいところですが、このところの暴落の煽りを受けて、一時は、投資額の20%近くを損失していましたが、本日現在では8%程のマイナスまで回復しております♪


所謂「約定」はしておりませんので、値が戻ってくればスタート時に戻りますので、今後は少し勇気をだして、レバレッジも駆使する戦法で楽しんでいきたいと思います。

bbba2e3529951f0193162245262d7a6b_s.jpg 

目先の目標は、愛機DJI Sparkをオクで売り払い、差額分を仮想通貨で儲け、「Mavic PRO」を購入する。


私の資金(お小遣い)とやる気が枯渇しない限り、また報告しますねー(^_^)/



 被災地へ
2017年07月11日 (火) | 編集 |
九州北部の豪雨被害は、報道等により知らない方は居ないのかと思います。私は大事なお取引先が福岡県朝倉市にあり、この日曜日からフェリーに乗り込み、御見舞、物資支援を兼ねて工場の現況確認を含め行って参りました。

出航は神戸市の六甲アイランドから、「さんふらわあ」というフェリーで、約11時間で大分県の西大分港へ到着。そして別大マラソンのコースとして有名な国道10号線を走り、別府インターから九州自動車道、大分道を経由して目的地である杷木インターまで営業車を走らせました。

9de1c59020efddc999acf0cf00d195d3_s.jpg 

乗船後はお風呂に入ってから船内で夕食。一緒に行った営業担当者が結構な酒飲みでしたので、お風呂に入る前からビールを飲み、食事中も当然、就寝前まで焼酎を飲み倒していました。

238852fd3be0b17069f34c512ddcfd83_s.jpg 

閑散期であり乗客もまばら・・・、船旅も良いのですが乗用車1台と乗員2人で、片道約45,000円也。家族4人で行こうものならば、かなりの出費となります。尚且つ、夏休み他の繁忙期は割増料金となり、尚更、高速道路で陸路で行こうという気にならざる負えません(笑)

瀬戸内を航行することもあり、外洋と比較すると殆ど揺れず、快適な船旅なのですが、写真のような物憂いな女子も居らず(アタリマエメダロ-)、親父達の妄想だけ揺れ動いていましたww

a3015eb444bae00ed310b9204f0ad128_s.jpg 

あまり書くと何しに行ったんだ!?とお叱りを受けますので、私達が垣間見た被災地(得意先の周辺)の状況について。

20170710_150221.jpg 

ニュースで報道されていた、流木等が溢れ返っている地域へは、そもそも警察がバリケードをしており入れませんでした。この風景も帰りに通行規制が解除されたタイミングで通行しました。

20170710_150217.jpg

得意先の裏手にある道路は大量の雨により陥落しており、ケーサツに見つからないように私が偵察しに行った時の写真です。

20170710_130338.jpg

この杷木地区だけでも20名という尊い命が奪われています。幸い、得意先の従業員の方々に人的被害は無かったものの、自宅が被災を受けて小学校に避難している方も居られました。

得意先の専務がドローンを持って来たら良かったのに・・・と話して居ましたが、さすがに本物のヘリが四六時中飛んでいる中で、ドローンを飛ばす勇気はありませんでした^^;

8bdac12e38d1f74e1269f1d7e06d6d88_s.jpg 

あまり長居をしても逆にご迷惑となるのは本意ではありませんので、仕事や片付けのお手伝いもしつつ、その日の夜には行きと同じフェリーで神戸に戻り、午後から会社へ出勤した次第です。

災害は、阪神淡路大震災を経験した者として、何時、誰にでも振りかかると言っても過言ではないと感じます。今回は、商用バンに詰め込めるだけの飲食類を持って、御見舞に行きましたが、電話で聞くだけでは分からない状況を、身をもって感じることが出来ました。

またまた雨の予想も報道されていますが、一刻でも早く元の生活に戻れますことを遠く神戸から祈るばかりです。