FC2ブログ
旅行好きでアウトドア好き。映画好きで動物好き。ラジコンやスキンダイビング他、興味の対象は尽きません。そんな日々の足跡を写真や動画を織り交ぜながら、心の中では永遠の青年を目指ざす日記です♪
 テニス肘の憂鬱
2019年04月22日 (月) | 編集 |
人間を長いことやっていると、いろいろと体のパーツも"くたびれ"てくるのでしょうか?

確かに、若干の花粉症等はありますが、持病らしい持病もなく、健康で過ごせておりました。

しかしながら、2ヶ月間ほど前に、左腕の肘辺りに違和感を覚え始め、1ヶ月半位経った頃には、着替えの際は勿論の事、左手でお茶碗を持つことさえ、痛い!と感じるようになりました。

ネットの情報で、ほぼ予測はついていたものの、整形外科での診察結果は、予想通りのテニス肘、つまり上腕骨外側上顆炎という所謂、炎症でした。

テニス1 

お医者様から頂いた資料にも、雑巾を絞る時にも痛みがはしる云々と説明書きが記されていましたが、私の症状もまさにソレでした。

もともと、このテニス肘はテニスをする40代・50代に多いということで、その名が付いたそうです。はい、私自身、昔はテニスをやっていましたが、今は全くしておりませんし、利き腕は右手なのです。

テニス2 


どうやら、テニスをしない人でも、無理な力で荷物等を持ち上げる際に、腕だけで持ち上げた時に、この症状を誘発するそうです。そういわれれば覚えが無い訳でもありません。

巷(会社内)では、ドローンの飛ばし過ぎでは?と、イジメる人もいましたが、さすがに炎症を起こす程、スティックに力を入れて操作している方は居ないかと思われます(笑)


どちらにしても、眼の前のGWをひかえ、カヤックのパドルを左手で握れないことになると、大袈裟ではなく命の危険にも繋がりますので、ちゃんと治そうと思った次第でした。今までに整形外科にて診察2回、リハビリ2回、湿布はほぼ毎日施しております。

そして本日現在、前ほどの痛みはありませんが、まだまだ万全ではありません。
ブロック注射(神経ブロック療法)で,一発で痛みを取り除くという治療法もあるそうですが、今週末まで思案中です(^o^;)

神経ブロック療法とは、神経や神経の周辺に局所麻酔薬を注射して、痛みをなくす方法です。麻酔薬が神経に作用し、痛みの伝わる経路をブロックすることで、痛みを取り除きます。痛みが緩和されることで血流がよくなり、筋肉のこわばりもなくなります。
一回で痛みが完治するものではなく、薬物療法と併せて複数回実施するのが一般的です。神経ブロック療法には、いくつか種類があり、痛みの種類や症状により使い分けます。




 我が家の家庭事情
2019年04月01日 (月) | 編集 |
長男坊が誕生して早12年、月日が経つのは早いもので、親も歳を取る筈ですね(^_^;)

結婚してから、即この長男坊が生まれたことも有り、当初から私は家内とは別の寝室で寝ておりました。まっ、そういう事情が無くとも、いびき・寝言・寝相の恐ろしく悪いわたくしは、自ずから独りで寝なくてはならない、必然性もあったのですがww

もともと、私の部屋は変形(一部柱の突起有り)の4畳半という狭さの為、今まで使用していたベッドを置くことが出来ません。更に寝室にも衣類をたくさん保管していた為、当初、どう片付けたら良いのか思案しておりました。

そして結果的に、ベッドは折りたたみベッドを選択、衣類の保管スペースの為に、クローゼットの不要物を一掃するという作戦を2週に渡り決行致しました。

そして昨日の日曜日に、ほぼ片付けは終了したのですが、その代償?として、可燃物のゴミ袋11袋、燃えないゴミが4袋となりました。他にもダンボールや雑誌類の廃棄も大量に出たのですが、その甲斐あって、ようやく部屋に衣類や折りたたみベッドを置くことが出来ました。

WS000000_201904010921168f4.jpg

それにしても狭い(^_^;)
ベッドを広げると、パソコンチェアも使用出来ないものの、ギリ窓際へ置くことは出来ております。

 WS000001_20190401092117708.jpg


ベッドを折りたたんだ状態・・・何とかデスクに向かう空間を確保できております。今はまだ冬布団ですので結構なかさばり方ですが、夏に向かうにつれ、ベッド自体も、もう少しコンパクトに収まる筈です♪

WS000003_20190401092306c5a.jpg


WS000002_20190401092304bff.jpg

私のパソコンスペース。左のモニターでテレビや映画を見たり、また動画編集時のセカンドモニターとしても使っています。ちなみに画面に写っているのは「賭けグルイ」の浜辺美波。5月に劇場版も公開されるので、今から楽しみな作品です♪

WS000004_20190401092307b5f.jpg

もう15年以上も持っている猫バスの巨大ぬいぐるみ。一時は、ラジコンカーに乗せて、リアル猫バスとして走らせたこともある、一品ですのでなかなか手放すことが出来ません。

WS000005_201904010923097f3.jpg

毎日のベッドの折りたたみが、多少面倒なのですが、この限られた空間で、これからも頑張っていきたいと思います!!


 RPA(アールピーエイ)
2019年03月07日 (木) | 編集 |
今回は珍しく仕事に関連したお話となります。

昨今、IT化が進むだけではなく、「働き方改革」なるワードが世間で浸透
し始め、その波は中小企業である私の会社へも少なからず影響してきてお
ります。

掃除当番や食堂でのお茶当番を廃止したり、来客の際も、応対している社
員自体がコーヒーを入れる。

しかしながら、私が得意先等に出向いて、おっちゃんにお茶やコーヒー出
しをしてもらうより、事務員の若い女性に入れて貰った方が良いに決まっ
ていることは言うまでもございません。

0241d77ba9d33b8cccd4c90e24d093f5_m.jpg

それとなく中の良い顧客や得意先に聞いたこともあるのですが、皆さん同
様のお気持ちでいるみたいですね。

逆に私の部下の女子は、お茶出し位だしますし、それによりお相手にもご
挨拶出来るのですからと、話していました。お茶出し・コーヒー出しを短
絡的に雑用と考えるのではなく、仕事の一環として考えるべきなのではな
いでしょうか。

その内、大手企業においての受付嬢なる職種が、受付おっちゃんとなる日
も遠くないかも知れません。そうであればペッパーくんみたいなロボット
の方が一等喜ばれる案だと思いますが。

さて本題に戻り、そもそも「RPA」とは!?ですが。

ウィキペディアによると。

RPAとは、認知技術を活用した、主にホワイトカラー業務の効率化・自動
化の取組みである。人間の補完として業務を遂行できることから、仮想知
的労働者とも言われている。また、デスクトップ作業のみに絞ったものを
ロボティック・デスクトップ・オートメーションと呼び、RPAと区別する
こともある、と説明されています。

20190306135303_00001.jpg

RPAはロボティック・プロセス・オートメーションの頭文字を取ったもの
で、簡単にいえば、定期的なパソコン操作をソフトウエアで自動化するこ
とを指します・・・つまり業務での効率化を目指す新しいツールとなりま
す。

もうひとつ言えば、エクセル等で使われるマクロ処理の進化系のようなも
のだとも言えます。

RPAを導入するメリットは、確かにいろいろとありますが、少なからず懐
疑的な思いを抱いていることも正直なところです。

WS000000_20190306141641ef4.jpg

導入コスト面も然り、システムの仕様変更などによる誤作動のリスク、誤
った処理も実行し続けてしまう、不正アクセス等のリスク他、デメリット
も考えた上で、推進していく必要性を感じます。