旅行好きでアウトドア好き。映画好きで動物好き。ラジコンやスキンダイビング他、興味の対象は尽きません。そんな日々の足跡を写真や動画を織り交ぜながら、心の中では永遠の青年を目指ざす日記です♪
 DJI Spark 互換プロペラの怪
2017年10月13日 (金) | 編集 |
スパークに限らず、多くの方がご存知のように、車でも何でも所謂サードパーティのパーツ類は、世の中にたくさん出回っています。


純正のプロペラはとても柔らかく、プロペラを固定すると、羽が接触する部分がえぐれてしまうという笑えない状態になりました。

DSC00431_20171013215134a2b.jpg 


プロペラは少しでも傷があると、撮影に揺れ等の影響があると聞いたので
仕方なく、DJI Sparkの純正のプロペラから他社の互換性パーツを2種類ほど変えて試してみました。


サードパーティのパーツのメリットは、やはりその価格でしょうか?


最初はアマゾンで、「絶対的な視認性」という謳い文句に騙されて(笑)購入した赤いプロペラ。価格は1,329円と純正品は2,160円ですので、相当お得だと判断しました。


赤いプロペラ 重量

DSC00432_20171013215136be1.jpg 

純正品 重量・・・羽1枚あたり0.1gの差がありました。

DSC00434のコピー 

しかしながら、コレ!飛びません。正確に言うと機体自体が浮上しませんでした。


純正に無い、目立つ赤色にしたのがダメだったのか?と思い(笑)、次に試したのが、コチラ。


こちらはフライト3回までは、純正品と遜色無く使えていたのですが、ある日飛ばしている時に、機体をコントロール出来なくなりましたww

DSC00433_20171013215137759.jpg 

現象としては、高高度から手動で降下を連続で操作していたら、地表近くまで下がると、何も操作していないのに機体が上下にふらつき、プロポ側からの操作を受け付けません。


この状態により、池の中洲から飛ばしていた時に、危うく水中に機体を落下させてしまいそうになりましたw(゚o゚)w


プロペラで無く、機体側に原因があったのなら、メーカー直送の上点検等で時間が掛かるのも嫌だなぁーと思い、その後様子を見ていたのですが、先週飛ばしていた時に、再度同じ現象に陥りましたww




エレベーターを操作しても、全く受け付けず、地表にぶつかる手前で再浮上しているのは・・・勝手に動いているのです。


ちなみに、純正品に変えて試してみたのですが、同様の現象は発生しませんでした。


今後は、飛行場所によっては、事故や水没に繋がる可能性が大きい為、少々お高くとも純正品を使用しようと、思い直したねこたくんでした。



 はりにゃー2
2017年10月09日 (月) | 編集 |
えぇー、ここのところ思考が車のことで目一杯ですので、記事の更新も滞っていました^^;

ボディのガラスコーティングも終えたのですが、いくら高級なコーテイングを施工しても、前オーナーが3年間で付けた、細かい傷が全て見えなくなるわけでは無いということを実感!!しました・・アタリマエですよね。

そして、細々とした用品とかを揃えてみました。
先ずは、純正はわからない位の薄暗い足元ライトの為、イルミネーション LEDを取り付け。


シガーソケットから電源をとると美しくありませんので、いつものようにヒューズボックスから電源を取ります。ハリアーは助手席側のグローブボックスの下にヒューズボックスがあります。

DSC00411_20171009214504620.jpg 

アクセサリーから電源を取り、アースも処置してイルミの点灯を確認しました。
無論、配線は全く見えないようにコンソールボックスの裏に隠しました。

DSC00414_20171009214506f0e.jpg

高感度で撮影していますので、実際はもっと薄暗い光です。

DSC00423.jpg 

後部座席にも。

DSC00427.jpg

実はハリアー、運転席周りの収納スペースが恐ろしく少ないのです。加えて後部座席もそんなに広くはありません(エスティマが広すぎたのですが)その為、サンバイザーに付ける小物入れも購入。
(写真を撮り忘れた為、販売ページから拝借しましたww)

WS000001_20171009215420ef3.jpg 

そして息子たちの運動靴で蹴られ汚れても良いように、キックカバー兼小物入れと座席シートも準備。一応本皮保護用です。

DSC00431.jpg     DSC00432.jpg

また、ジュニアシートも取り外しましたので、シートベルトで息子たちが首吊り状態にならないように、「シートベルトふかふかクッション」も導入。

DSC00433_20171009220005682.jpg 

肝心のハリアーがはりにゃーになる魔法のグッズ。

DSC00429.jpg 

これで立派なはりにゃーになりました(笑)

今日はドライブがてら、郊外の公園に行きドローンを飛ばしたのですが、録画用のSDカードを自宅に忘れてきた為、写真のみ。無論何度も息子たちと遊びに来たことのある公園なのですが・・・最近は公園同伴はほぼ無くなりましたー、仕方ないですよね。

water_mark_db0d84e1e32e6a136d5895e0c205cd80.jpg 

water_mark_81fb5efd2427dff1a251cf5e12efeb40.jpg

water_mark_9f13ad257c0214d79ecffbf89120de56.jpg




 はりにゃー
2017年10月02日 (月) | 編集 |
9月の3連休からバタバタと、謂わば「マイカーシンドローム」を患っていたわたくしですが、先週末の納車を以って、ようやく一段落付いたところです。


ブログタイトルから予想がつくように(笑)、買い替えた車種はトヨタのハリアー。

DSC00403_20171002210042cf4.jpg 

実は8年間乗っていたエスティマの前車は、2004年式のハリアーで、この時は新車で購入後、思いっきりレクサスRXのゴールドエンブレムに変更していました。

IMG_20171002_205003.jpg 

その後2009年頃だったと記憶していますが、本物のレクサスが国内販売されることとなり、街中でその車に遭遇すると、少し恥ずかしい思いでハンドルを握っておりました(^-^;)ゞ


今回は2014年9月登録の最上位グレードである「PREMIUM Advanced Package」を選択・・・正直、ハリアーの下位グレードを新車で買うことの出来る価格でしたが、3年落ちにも関わらず走行距離は、20,000KM足らずということで内外装の程度も◎でした

DSC00407_201710022102345f1.jpg 

DSC00406.jpg


しかも、人生で初めてのハイブリット車です♪

DSC00400.jpg 

加えて、メーカーオプション類も、下記のようにてんこ盛りです。


・マイコン制御チルト&スライド電動ムーンルーフ(108,000円)

・本革シート (239,760円)

・アクセサリーコンセント(1500W) ハイブリッド (64,800円)

・MODELLISTA ラゲージウッドデッキ(木目調) (39,960円)

・LEDリヤフォグランプ(たぶん寒冷地仕様) 価格不明・・・etc.

DSC00405_20171002210521025.jpg 

DSCN5153.jpg 

正直、純正SDナビのJBLプレミアムサウンドシステムの音質はたいしたことありませんが、安全装備等も充実しています。

・プリクラッシュセーフティシステム
・レーンディパーチャーアラート
・インテリジェンスクリアランスソナー
・ドライブスタートコントロール
・ミリ波レーダークルーズコントロール・・・etc.


写真でお分かりの頂けるように、今回もお手入れが1番大変だと云われるトヨタの202というソリッドの黒・・・塗装が柔らかい為、洗車時の拭き取りの際にボディに傷が入るという程。


・・・その分、綺麗に磨けば漆黒の輝きは他に類を見ない程となりますので、コーティングは必須です。


コーティングを終えるまでは、はりにゃーではなく、ハリアーのまま?です。

大切に乗っていきたいと思います(^o^)y-