旅行好きでアウトドア好き。映画好きで動物好き。50歳をとうに超えたシニア世代ですが、まだ幼い息子たちの成長をはじめ、ラジコンやスキンダイビング他、興味の対象は尽きません。そんな日々の足跡を写真や動画を織り交ぜながら、心の中では永遠の青年を目指ざす日記です♪
 独りシーカヤック
2017年07月17日 (月) | 編集 |
7/15日の土曜日、この日は息子達と3人で鳥取県の浦富海岸というところへ海水浴に行く予定でしたが、長男坊が足に魚の目みたいな?のができて、足が痛いからという、私にとっては意味不明な理由で(笑)、キャンセルとなり次男坊もそれに追従するかたちとなりました。

私は行く気満々でしたので、結局、独りで車を走らせ、午前6時起きで自宅を後にしました♪

浦富海岸という場所は、世界ジオパークにも認定されている国際的な景勝地として有名で、美しい岩の絶景を巡る遊覧船も運行しています。

WS000001_20170717100644213.jpg

DSCN4974.jpg

そしてココをカヤックで巡る「ジオカヤックツアー」もたくさん開催されており、私自身も40艇前後の観光客に、海上にて遭遇致しました。

今回は独りということも有り、体力の続く限り海上散歩を楽しみつつ、気が向いたら海中に飛び込む・・・というパターンで行動しました。

幸い、駐車場料金がタタで、カヤックをすぐ海面に下ろすことが可能なポイントを見つけることが出来ました!!場所は網代漁村というところで、ココを起点として出航しました。

DSCN5021.jpg

そして今回のコース。"おおよそ"ですが、片道3km~4kmを休憩しながら、また海に飛び込みながら漕いできました。

WS000000_20170717101907424.jpg

GWの日焼けがおさまらない中、また日焼けをしてしまいましたが、これこそ夏模様ということで(笑)、個人的には大満足な一日でした。

腕です。
DSCN5022.jpg

足です。
DSCN5024.jpg


そして、動画。
水中は沖縄を”見て”いるので、さすがに比較してしまい、透明度と魚の種類には完敗ですが、浅瀬は陽の光でキラキラして綺麗でした。
                         

そうそう、この日は帰り際にドローンも飛ばしてきましたので、また編集してアップしますねー(^_^)/


 被災地へ
2017年07月11日 (火) | 編集 |
九州北部の豪雨被害は、報道等により知らない方は居ないのかと思います。私は大事なお取引先が福岡県朝倉市にあり、この日曜日からフェリーに乗り込み、御見舞、物資支援を兼ねて工場の現況確認を含め行って参りました。

出航は神戸市の六甲アイランドから、「さんふらわあ」というフェリーで、約11時間で大分県の西大分港へ到着。そして別大マラソンのコースとして有名な国道10号線を走り、別府インターから九州自動車道、大分道を経由して目的地である杷木インターまで営業車を走らせました。

9de1c59020efddc999acf0cf00d195d3_s.jpg 

乗船後はお風呂に入ってから船内で夕食。一緒に行った営業担当者が結構な酒飲みでしたので、お風呂に入る前からビールを飲み、食事中も当然、就寝前まで焼酎を飲み倒していました。

238852fd3be0b17069f34c512ddcfd83_s.jpg 

閑散期であり乗客もまばら・・・、船旅も良いのですが乗用車1台と乗員2人で、片道約45,000円也。家族4人で行こうものならば、かなりの出費となります。尚且つ、夏休み他の繁忙期は割増料金となり、尚更、高速道路で陸路で行こうという気にならざる負えません(笑)

瀬戸内を航行することもあり、外洋と比較すると殆ど揺れず、快適な船旅なのですが、写真のような物憂いな女子も居らず(アタリマエメダロ-)、親父達の妄想だけ揺れ動いていましたww

a3015eb444bae00ed310b9204f0ad128_s.jpg 

あまり書くと何しに行ったんだ!?とお叱りを受けますので、私達が垣間見た被災地(得意先の周辺)の状況について。

20170710_150221.jpg 

ニュースで報道されていた、流木等が溢れ返っている地域へは、そもそも警察がバリケードをしており入れませんでした。この風景も帰りに通行規制が解除されたタイミングで通行しました。

20170710_150217.jpg

得意先の裏手にある道路は大量の雨により陥落しており、ケーサツに見つからないように私が偵察しに行った時の写真です。

20170710_130338.jpg

この杷木地区だけでも20名という尊い命が奪われています。幸い、得意先の従業員の方々に人的被害は無かったものの、自宅が被災を受けて小学校に避難している方も居られました。

得意先の専務がドローンを持って来たら良かったのに・・・と話して居ましたが、さすがに本物のヘリが四六時中飛んでいる中で、ドローンを飛ばす勇気はありませんでした^^;

8bdac12e38d1f74e1269f1d7e06d6d88_s.jpg 

あまり長居をしても逆にご迷惑となるのは本意ではありませんので、仕事や片付けのお手伝いもしつつ、その日の夜には行きと同じフェリーで神戸に戻り、午後から会社へ出勤した次第です。

災害は、阪神淡路大震災を経験した者として、何時、誰にでも振りかかると言っても過言ではないと感じます。今回は、商用バンに詰め込めるだけの飲食類を持って、御見舞に行きましたが、電話で聞くだけでは分からない状況を、身をもって感じることが出来ました。

またまた雨の予想も報道されていますが、一刻でも早く元の生活に戻れますことを遠く神戸から祈るばかりです。



 SAWBACK Rubicon body
2017年07月04日 (火) | 編集 |

HG-P402で使用していた、お気にの黄色いルビコンボディを、ようやくGMADE SAWBACKに搭載しました。


ボディ自体を取り付ける方法を、いろいろ試行錯誤して、最初は写真のようにマジックテープで前面を固定するのを試してみたのですが、駆動輪と干渉するため、断念。

1111.jpg 

ある程度の"高さ"が必要となる為、結局ボディに穴をあけてノーマルのボディポストで固定することとなりました。

DSC00267.jpg 


HG-P402のパーツを流用してムリクリ取り付けていますww




車両後方部分は、多少の不安定さはあるものの、よくリュック等に使われているパチッと止めるパーツ(・・何て呼ぶのか?)を使いました。

33333_20170704231544528.jpg 

6666.jpg

5555.jpg

4444.jpg

ついでに、お人形さんのおみ足を出す為に座席の足元に穴をあけました。

77777.jpg 


これで、コリーン嬢も楽に着座出来ますね♪

8888.jpg 


それにしても、ルビコンボディは標準のSAWBACKボディと比較すると、かなりの重量となり、不安定さといおうか転がり度数は高めですwwww



その為、コリーン嬢も思わず社外に放り出されるw(゚o゚)wという、クラッシュも発生した動画!!・・・とくとご覧くださ~いm(_ _)m 




酷いコケ方でしたが,無論、コリン嬢も車体も無問題です♪